骸骨楽団とリリア(アリレムVer,)

November 27 [Sun], 2011, 2:15





骸骨楽団とリリア



Hi,look 皆さまご来場どうも
感謝の気持ちでもう大丈夫
届かない 意味ない これは誰が為の詩
感じない言葉 彼方へ飛んだ
集まりpartyかな 街から僅かな
ランタン 漏れた光をご覧なる
どうですこの様感無量
いつの間にやら大人はダンスホール

遠くで何か響く世界
だけど神様がボクら見捨てた??
子供たちから街のお偉いさん
孤独だと感じるだろwhen I stand
当然望みなんてものはない
こっから先の街が理想郷で
抵抗する方がお利口そうです
キミの心に届きますでしょうか??
3,2,1ですたーと


<hook>
ほら 歌ってたって 泣いた ひとり
浮かんで舞った音楽祭
君は聞こえる? ロミア ロミア
何年経って逢えた音に
魔法みたいな恋をしたり
気が付かないように


check check 皆さまどうやら退屈??
この日のために仕上げた赤い靴
望む世界なら鏡の中で
届きゃしないけどただビート鳴らせ
アンティークな日々も溶けてしまう頃
トントントンとノックの音鳴り
「誰かしら」扉開けりゃお隣
どこから何かのネジが転がり

「ねえお節介でもこの世界から抜け出すため今夜街を出てこう
 リズム刻んでる雨音 これは外から見たなら只事
 落ち葉のステージでも輝かせるのに此処に居れば孤独な想像
 今この瞬間に音を降らそう」と..
自然と結んでた靴ひも


<hook>
ねぇ 潤んで咲いた遠い国に
馳せる思い くすんだ瞳
星に願いを ロミア ロミア
門をくぐって霧を抜けて
奪い去ったって会いに行こう
囁きを頼りに


一歩ずつでも構わないよ
たまにちょっと焦るテンポ
きっとこの次はそう..
希望捨てたら終わらないよ
いつの間にか気付く転倒
人の心に映る言葉と音の姿

透明だけども暖かくて
この現象は「存在」と書いて
休むことなかれ すぐ剥がれる
だが歌詞とビート 明日に繋いだ
先頭に1つの鼓動 この街の外で色つける、と??
線路沿いの小石独り蹴るよう

チクタクと過ぎる時の先のあれは何か
独りでも灯火の元 さあ歌いだせ"ロミア"


<hook>
触れてすぐ剥がれてしまう
儚く静かな朝に
見つけた音の欠片

ほら 歌ってたって 泣いた ひとり
浮かんで舞った音楽祭
君は聞こえる? ロミア ロミア
何年経って逢えた音に
魔法みたいな恋をしたり
眠るように冷める前に

目を閉じて手をあてて
奥底の鼓動を聞いた
途切れない旋律を
名もなき君へと





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なつめ、
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1996年12月16日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ayusaxx
» サンドスクレイパー -砂漠の特急線- (2011年11月26日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/natsume-sato/index1_0.rdf