まえがき と 目次

January 01 [Thu], 2009, 23:13

ここは、松永夏馬という人間がただの個人的趣味全開で書きだした自作小説をモロ自己満足と言わんばかりにまとめた本棚であります。

現在のカテゴリは

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

【警部補・古葉谷三郎】 連作短編ミステリ
  「警部補・古葉谷三郎 Vol1」
  「警部補・古葉谷三郎 Vol2」
どこかで聞いたようなネーミング。往年のドラマ「警部補・古畑任三郎」のパロディです。ミステリ小説が好きなだけのドシロートが初めて小説という形に書き上げたのがこのシリーズです。


【短編アラカルト】
  「短編アラカルト Vol1」
  「短編アラカルト Vol2」
シリーズになっていない単発モノです。ミステリから日常モノ、コメディ、似合わないラブコメなどなど。雑多。


【根庫川高校ミステリィサークル】 連作短編ミステリ
  「根庫川高校MC Vol1」
  「根庫川高校MC Vol2」
「モンスターマスターズ」を書き終え、やっぱりミステリが書きたいという欲求に駆られて書き出したライトミステリ。主人公たちのキャラクタを全面に押し出した軽めの作品です。


【黛刑事の報告】  連作短編ミステリ
  「黛刑事の報告」
根庫川高校MCでは高校生だった黛君が刑事になりました。





にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村

【モンスターマスターズ】 長編RPG系ファンタジー
  第1楽章【運命】
  第2楽章【剣の舞】
  第3楽章【予言の鳥】
  第4楽章【人形の夢と目覚め】
  第5楽章【かなえられた祈り】
  第6楽章【魔術師】
  第7楽章【海】
  第8楽章【売られた花嫁】
  第9楽章【英雄】
  第10楽章【魔弾の射手】
  第11楽章【目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ】
  第12楽章【火の鳥】
  第13楽章【魔王】
  最終楽章【新世界】
  外伝
カフェスタというコミュニティサイトで、いろんな人の作品を読んで書き出した初めての長編物語です。十把一絡げな、ベタな異世界のベタな冒険ファンタジー。ムダに長い。



*現在連載中

【モンスターマスターズ Gospel!】 長編RPG系ファンタジー
  第1楽章【運命序曲】
  第2楽章【水の戯れ】
  第3楽章【展覧会の絵】
  第4楽章【夜が幸いであるために】
  第5楽章【白鳥の湖】
  第6楽章【騎士】
  第7楽章【主よ人の望みの喜びを】
  第8楽章【孤独の中の神の祝福】
完結させたモンスターマスターズの第2弾。いちおう続編。前作を未読の方でも問題なく楽しめるように書いております。もちろん相関性はありますので、既読の方は小ネタを探してより楽しめることと思います。 更新は亀のよう。




です。
読んでいただけたら喜びます。
感想なぞ書いていただけたら小躍りして喜びます。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

自作小説に至る過程という「警部補・古葉谷三郎」シリーズの前書き

January 02 [Fri], 2009, 23:35
どこかで聞いたようなネーミング。往年のドラマ「警部補・古畑任三郎」のパロディです。
ミステリ小説が好きなだけのドシロートが初めて小説という形に書き上げたのがこのシリーズです。

#1〜6 2004年公開(#1〜3は2000年頃に創作)

素人作家への懸念を含む「モンスターマスターズ」のまえがき

January 03 [Sat], 2009, 16:20
カフェスタというコミュニティサイトで、いろんな人の作品を読んで影響を受け、書き出した初めての長編物語です。
十把一絡げな、ベタな異世界のベタな冒険ファンタジー。ぶっちゃけムダに長い。

2004年10月〜2006年4月公開



警部補・古葉谷三郎 #1 問題編

May 13 [Wed], 2009, 23:20
#1問題編 〜凝りすぎなコメディアン〜


 暗闇の中、スポットライトが一人の男の姿を浮かび上がらせる。黒いコートを着たその男は「あなた」に向かって語り掛ける……。

「えー、はじめまして。
 道に迷ったときにですね、目の前に右と左にわかれた道に出たとしたら、あなたはどちらの道を選びますか?右ですか?それとも左?
 残念ながら、もともとが間違った道です。どちらを選ぼうが目的地には着けません。
 ……はい、殺人を犯した時点で犯人は、後戻りできない間違った道に入りこんでいるのです。
 古葉谷三郎(ふるはたに・さぶろう)でした」

警部補・古葉谷三郎 #1 解答編

May 13 [Wed], 2009, 23:29
#1解答編 〜凝りすぎなコメディアン〜


*解答編です。問題編を読んでから読んでください。

警部補・古葉谷三郎 #2 問題編

May 14 [Thu], 2009, 23:45

#2問題編 〜森助教授の憂鬱〜


 暗闇の中、スポットライトが一人の男の姿を浮かび上がらせる。黒いコートを着たその男は『あなた』に向かって語り掛ける……。
「えー……元来、犯罪者というものはその犯罪の痕跡を消し去ろうとします。しかし、なにかをすれば、その跡は必ず残るものです。たとえば……そう、携帯電話に電話をすると、着信履歴が残るように。
 古葉谷三郎でした」
 

警部補・古葉谷三郎 #2 解答編

May 14 [Thu], 2009, 23:50

#2解答編 〜森助教授の憂鬱〜

解答編です。問題編を読んでから読んでください。


警部補・古葉谷三郎 #3 問題編

May 15 [Fri], 2009, 23:16
#3問題編 〜完璧なアリバイ〜


 漆黒の闇の中、スポットライトが一人の男を浮かび上がらせた。不敵な笑みで“あなた”を見つめる黒ずくめの男。そう、古葉谷三郎である。
「えー、みなさんこんばんは。完全犯罪という言葉をご存知ですか? たとえば、殺人を犯したとしてもそれがわからないので、犯人が誰かもわからない、というものです。しかし、そんなものありません。それこそ小説の世界でしょう。現実の世界には、目撃者がいるのです。……たとえそれが人間の目でなくても。
 古葉谷三郎でした。」

警部補・古葉谷三郎 #3 解答編

May 15 [Fri], 2009, 23:24
#3 解答編 〜完璧なアリバイ〜


解答編です。問題編を読んでから読んでください。

警部補・古葉谷三郎 #4 問題編

May 15 [Fri], 2009, 23:42
#4 問題編 〜待ち人来たる〜

 暗闇の中にひとりの男が立っている。突如照らされたスポットライトで浮かび上がる、挑戦的な笑みを浮かべたその男。
「えー、おひさしぶりです。……最近おみくじとか占いとかいうものが人気です。朝のテレビ番組や雑誌なんかでもよくありますよね。しかしまた未来の運勢がわかるなんて便利なものがあれば、簡単に殺人をするような人もいなくなると思うのですが」
 そう言ってその男はポケットから一枚のおみくじを取り出して広げた。
「実は私、あまりこういうの信じないんですけどね……えーなんですか? ……『大吉』?」
 男は満足げな笑みを浮かべ頷いた。
「古葉谷三郎でした」

目次
書いてる人
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松永 夏馬
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:静岡県
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
メンドクサガリなメガネ君。 モノ好きにも小説なんぞを書いてみたりしています。ジャンルはそれなりにいろいろ。 読むほうはミステリ専門です。 にほんブログ村 小説ブログへ
ツッコミ可

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
P R