アムトラで行く西海岸の旅・サアクラメント編 

December 21 [Thu], 2006, 18:41
8/25 サクラメントに到着
CAの州都、サクラメント。
州都というからどれぐらいのもんだろうと思ったけど意外と小さい!でも小奇麗で洗練されたかんじ。
街路樹もちゃんと整ってるし。見た感じすごい住みやすそう。
でも歩いてみると違うところも見えてくるもんで、歩道が全然舗装されてなかったり(歩道自体がなかったり)して歩きにくい!!車がヴァンヴァン横をすり抜けてったよ、こえぇ。

まぁどんな街もメリットデメリットありますな。

友達Yが行ってるCalifornia State University of Sacrament?(スペル微妙)はすんごい広くてキレイ。友達Yはここの大学に夏から一年、留学生としてきた早稲田っこです。オーストラリアにいったときに知り合った友達で、年が同じこともあってすんごい話しやすいー。

そのコがだいぶ痩せててショックだったわ 笑
夏バテしたそうです。。。
あたし人生で夏バテとかしたことないんですけど。

さておき、CAの気候はやっぱり最高!!雲ひとつない晴天で、ドライな風が超気持ちいい。
あーんな鬱になりそうなシアトルの気候に比べたら天国ですな。

まーシアトルはシアトルで大好きな街ですが。なんでここでNirvanaが生まれたかっての納得。カートの雰囲気はなんかシアトルの雰囲気にすごく似てる気がする。

これまたさておき、お昼は友人Yと他の日本人留学生2人とコリアンの男の子と5人でバイキング。
アイスうめー。
その日は留学生の一人が部屋をY子と使わせてくれました。

しかし思ったのは、ここの留学生レベルの高いこと高いこと。
まぁ早稲田と横国だからねー。
すでにオーストラリアの時点でY子の発音のどキレイなことは知ってたけど。
モチベの違いをCWUの留学生に見せてあげたいものですね。

こーいう人たち見てると自分もがんばらなあかんと思います。
日本のドラマとか見てる場合じゃない!!!がんばれ自分!!!!!

その日は友人Yと思い出話に花を咲かせて終わりました。

明日はサンフランシスコへ!!!!!

アムトラックで行く西海岸の旅・ポートランド編 

October 10 [Tue], 2006, 3:48
えー2ヶ月前の日記やっと書きます 笑 
誰も見る人いねーだろと思い、伸ばしまくってたら友人Aに指摘されたので。

でもちゃんと旅先で日記書いてたから忠実ですよー。えっへん




8/23 出発

出発の前日、シアトルで働きだした友達Sと久しぶりに遊んで、久しぶりにクロコダイルカフェ行きました。
やっぱり好きーここの雰囲気。入ったとたん時代も時間も違うどっかに迷い込んだ感じ。カートが今にもひょいっと出てきそうです。ニルヴァーナもここで昔ライブしてたんだろなーと思うとすごい切なくなります、いつも。

いつも使ってるHosteling Internationalが閉鎖されてて、他のホステルもいっぱいだったのでしかたなくホテルへ。出だしからやっかいだぜ(==;)

朝はドーナツ屋さんでコーヒーとサンドイッチ。ここ、前にルーミーMAZDAとカートの家めぐりしたときに来たとこだ。なつかしい。こうやって思い出がどんどんつまってくるとアメリカをいつか離れるのがほんとにつらくなるよ。

さっちゃんとバイバイしてアムトラへ。(ちなみにアムトラックてのはアメリカ全土をつなぐ長距離列車。中にはレストランも憩いの場もあって比較的快適です。)
4時間かけてポートランドへ。



タイミング 

August 22 [Tue], 2006, 8:14
人の生活はタイミングの積み重ね。
運命によってタイミングが決められてるのか、はたまたタイミングによって運命が形作られているのか。

大事なことほどタイミングの重要性が増す。

たとえば恋愛。

あそこでこの場所にこなかったら、バスに乗り遅れなかったら、電話に出ていたら、

何か変わっていたのだろうか。

舞い降りた出会い。この先二人の歩いていく道がまったく違う方向を向いていたとしても。
自分の未来にその人が入り得ぬのなら、
出逢った意味は?


たとえば友達。

自分がこの場所を選ばなかったら、この時間を選ばなかったら、話しかけなかったら。
1、2回偶然会っただけの友達が一生付き合う友達になったり。
何年間もずっと一緒にいた友達が自分の未来にもう出てこないかもしれない。

必然と偶然は隣り合わせ。


たとえば今の自分。

あの時文系を選ばなかったら、日本史を選ばなかったら、この大学を選ばなかったら、
アスリートになってたかもしれない。
考古学者になってたかもしれない。
ピアニストになってたかもしれない。

人は過去を振り返る生き物。

「あの時こうしてたら、今こうなってただろうなー」

でもたくさんの偶然が重なって、今の自分がいる。
「想像の中の自分」はあり得ない。
だって今の自分を作ったのは自分自身。偶然を装った必然。


〜してイタラ。〜してイレバ。


後悔をしない生き方ってなんだろう。

どうすれば人は後悔をしないで生きられるんだろう。

それは過去を振り返らないこと。

今の自分は確かに自分が作った自分。今の友達は確かに自分が作った友達。今の生活は確かに自分が作った生活。

偶然に見える必然。

運命を形作るタイミング。




          

友達っていいね。 

May 09 [Tue], 2006, 13:16
何か最近BD(オンナノコの日ね 笑)なのもあって、ちょっと精神的に参ってた。

実際人付き合い苦手じゃないし、こっちにも友達はけっこういるんだけどやっぱり気兼ねなく悩み言ったり愚痴言ったりする人って自分の中でほんと少数。

カナとゴミカのコメント読んで久々マジ泣きしたよ、屋根裏で 笑

しかもなんかチャラのタイムマシーン聞いてるとき 再笑


なんか今まで本音、「あたし別に友達いなくても一人でやってけるし。」っていうもう一人の自分がたまに居て。
それは今アメリカにそういう友達がいないからかもしれないけど。


ダークなつえっての?笑 たまにいたんだよ。

でもやっぱり大事な友達って必要不可欠だね(^^)

あーあ、ちょっと日本に帰りたい率65%くらいに上がっちゃったし 笑      

   

Rottenism in U.S.A 

April 25 [Tue], 2006, 7:01
久々更新。
最近ミクシー中心になってしまっていけませんなー。
でもミクシーは仲良い友達とか仲良くない友達とかセンパイとか色んな人に見られるってーのが苦しいかも。
なんか日記とか書く内容を考えなきゃならんしね、これは見られてもだいじょぶだな、とか 笑

性格的に弱みとかあんま人に見られたくないのでミクシーの日記では絶対ナヨナヨした日記書けません。

だからここのブログにはここでしか書けないことを書きたいです。まぁすなわちブログのタイトル通りロットンの事だけど。


アメリカ来て正直、ロットンシックはchronicに起こる。
立ちなおったと思えば、HPとか見ちゃうとまたダメだ。ライブに行きたくて行きたくてたまんない。

アメリカでの自分の時間は流れてるけど、日本での自分の時間が止まってると思うと寂しいってーかなんか悔しい。

新曲もon timeで聞けない自分が悔しい。

常に最前線にいたい自分がいるんだと思う。


ロットンが誰よりも大好きだから。


成長ぶりを話で聞くんじゃなくて、この目で見たい。




来年の3月までは帰らないと決めてるけど、正直怖かったり。
帰ったら浦島太郎だろうなー。

アメリカにいつまでいるかもまだ決めてないけど。

こっち卒業しよーか日本卒業しよーか。

決めるのは自分。

実際頭の中はぐじゃぐじゃで、まじ50/50。

1年後私はどんな決断をしてるんだろーか。想像がつかん。


余裕がない。


自分の決断に自信が持てるよーに強くなんなきゃ。


 


ライブ。風邪。別れ。引越し。 

March 21 [Tue], 2006, 5:56
今日ルームメイトのMAZDA氏が帰ってしまいました。
寂しいよー。え〜ん
最後なのに看病させちゃってごめんね。ありがとう。
ふみちゃんもありがとう。
おかげで熱も下がり、無事引越しできました。
引越し手伝ってくれたみんなもありがとう。

やっぱり人は一人じゃ生きられんね。



17日はずっと楽しみにしてたMudhoneyのライブに行ってきました。
日本ではロットンワンマンなので代わりといっちゃーアレなんですが。

だがしかし!!これがめちゃくちゃ楽しかったんだよ!!!
(^□^)
久々にライブらしいライブでした。対バンも最高だったし。
みんな良かったんだけど、The makersってのがすっごいおもしろかった!!
もうヴィジュアルだね、ありゃ。マイクの持ち方とか。クロコダイルでドライアイス使ってるバンド初めて見たし 笑
でも音も太いし演奏めっちゃうまいしロックロックしてました!!

なほこはドリー(だっけ?)っていうアジア系のベーシスト(だったよね?)にぞっこんで、私はヴォーカルにぞっこん。

いや、でも全然かっこよくはないんだよ。笑 
むしろ普通に見るとキモい部類に入るやもっていう。

でも不思議なもんでライブ見るとかっこよく見えるんですよね。

トリのMudhoneyはさすが貫禄あり。とくにヴォーカルの人めちゃめちゃオーラあったよ。あんなおじさんなのにちょっと惚れそうになったもん。 

っっっってかアメリカのモッシュ死ぬっ!!!
まじで死ぬかと思った…3秒で後ろふっとんだもん。
なんとかモッシュのとばっちりをくらいながらも前の安全ゾーンで固定。
あ、そうそう。Mudhoneyのとき私の後ろにmakersのヴォーカルさんがいてね、モッシュくらって私がギャーギャー言ってたら「Are you ok!?」って声かけてくれました。
めっちゃ優しい♡ますますベタ惚れ 笑

これがほんとのシアトル音楽だよ!!!
Mudhoney最高。また絶対行こう。

EMERGENCY CHILDBIRTH 

February 11 [Sat], 2006, 17:39
FIRST AIDの授業で出産のビデオを見た。




衝撃(−□−;)!!!!!!




あたしの前の時間のFIRST AIDをとってるK子とM美が「今日のヤバいよ!!!!高木ブー出てくるよ!!!」って興奮して言っとって、なんのこっちゃと思いきや、

・・・ほんとに出てきた!!笑


てゆーか、てゆーか、全部生でよろしいんでしょうか!?

あたしゃ日本の保健の授業とかで見る生ぬるい教材ビデオを予想しておりましたよ(=△=)

出産LIVEですよ!!お母さん股ガバッってやっとって、ドバッって破水して、赤ちゃんの頭がニョロッって出てくんの!!!
(ちなみにM美が言う高木ブーとはこの赤ちゃんのこと。めっちゃ似てたん 笑)

血はドヴァーッって出るし、胎盤もズリョッって出るし、ホラーですよ。。。

お食事中の皆様には申し訳ないです。

そこのシーン3回くらいやってたからね、おんなじの。

先生とか「Very xiciting movie!!!」って興奮して言ってたけど。笑




でもね、ほんとの教育ってこういうことだと思った。絵とかイメージとかだけじゃ実感がないもん。

あーいう生の(実際めっちゃグロくて、衝撃的で、目を覆いたくなるぐらいだったけど)映像を初めて見て、ほんとに人間の神秘ってすごいと思った。今まで出産してきた人を心から尊敬した。ありがとう…お母さん(T△T)と思った。

あーいう教育って今日本ではどうなってんかな?あたしの時は、なんか生ぬるくて印象にないくらいだったんだけど。

ちょっと過激だけどあーいうのバーン!!と義務教育で見せるべき。そうすればどんなに子供を産むってことが大変で、人生の一大事で、素晴らしい事だってのが分かるもん。

女ってすごい。。。マジで。

女だということに誇りを持って強く生きていきたいですね。




とか熱く語りつつ、自分が子供を産むうんぬんの前に、結婚できるかどーかに不安を抱くけどね。

スーパーボゥル!! 

February 05 [Sun], 2006, 3:08
見た〜。

しかしアメリカ人は集まって見るの好きね(^_^;)

しかも日本人にはあり得ないホットさ加減。

「ノーォ!」とか「フォーゥ!」とか「ダミッ!」とか何かあるたびに言っておったよ 笑

前に座ってたあんちゃんとか(アジア系だったけど)、2・3回椅子を後ろにふっ飛ばしてたよ。



しかしカゼを引いて辛かったもんで、途中で帰りました。

結局シアトル勝ったの???






今日やる気でねぇ〜〜(=□=)

明日FIRST AIDの試験なのにィ。




エルレ聴きながらマニキュア塗って、

m-flo聴きながら昔の恋愛を思い出し、

ロットン聴きながらライブ行きたい症候群に襲われる。


ものごっつ注意散漫になっております。




ノスタルズィック。ロマンチック。クラスィック。


誰かこんなあたしのやる気が出るような情報をお待ちしておりまぁす。



最後まで脈絡のない日記で申し訳ない。

サイコロジカル・トリビア その@ 

January 31 [Tue], 2006, 5:51
サイコロジーの授業で最近夢について勉強したんだけど、

夢、おもろーーーーィ(=□=)!!!!!

人が見る夢の8割はネガティブなんだって。

で、男性の夢の10回に1回、女性の夢の30回に一回はセクシャルな夢らしいですよ、奥さん。。。

夢では'Latent content'(人の潜在意識にある無意識な欲望や願望)が現れる。だからといってもちろん、ほとんどがセクシャルな夢だとは限らない。

それにも関わらずオーストラリアの心理学者フロイトは、
「ほとんどのアダルトが見る夢はエロティックな潜在意識から来るものである。」と断言している!
フロイトの見解によると、夢に出てくる「ガン(銃)」は男性の(ピー)の象徴である・・・らしい。


・・・てか、フロイト・・・笑
ちょっと読んで笑ってしまったよ。


彼は本気です。


確かに夢はその人の願望を表すっていうよねー。

あたしが今までの人生で見た印象的な夢をいくつか紹介してみます。ランキングで。

白血病 

January 31 [Tue], 2006, 5:49
白血病と言われてピンときますか?

きっと自分の身の回りで白血病の人がいないと、ピンとこないと思います。

私も実際ピンときません(=_=;)

でも今日あるコミュニティで紹介されたサイトを見て、深く考えさせられてしまいました。


http://toshi.fine.to/blog1/oniityan.html


普通に食べて、寝て、笑って、話して、特別良いことはないけど平凡な毎日。そんな毎日を送ってる自分がものすごく幸せであること。みんなは気づいてた?


日本に帰ったらドナー登録しよう。

2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像あれあれ、あれってあれいじゃないですか
» アムトラで行く西海岸の旅・サアクラメント編 (2007年01月22日)
アイコン画像なつえ@てかアレイアメリカにいるし 笑
» アムトラックで行く西海岸の旅・ポートランド編 (2006年12月21日)
アイコン画像あーれー
» アムトラックで行く西海岸の旅・ポートランド編 (2006年10月14日)
アイコン画像なつえ@12時間労働
» 友達っていいね。 (2006年05月19日)
アイコン画像かな☆
» 友達っていいね。 (2006年05月18日)
アイコン画像なつえ@デブ一直線
» 友達っていいね。 (2006年05月11日)
アイコン画像ごみか様
» 友達っていいね。 (2006年05月10日)
アイコン画像かな☆
» Rottenism in U.S.A (2006年05月08日)
アイコン画像☆神隠しゴミカ☆
» Rottenism in U.S.A (2006年05月01日)
アイコン画像なつえ@屋根裏 
» Rottenism in U.S.A (2006年04月30日)
http://yaplog.jp/natsue0706/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:natsue0706
読者になる
Yapme!一覧
読者になる