バレットの加古

January 12 [Tue], 2016, 16:23
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。



でも、気にしなくて良いです。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術が物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできる状況になっています。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。



ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。



厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。
確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠翔
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/natruelriwelfc/index1_0.rdf