納豆博士なら1日3粒で効果的にナットウキナーゼを摂取できます!

January 10 [Fri], 2014, 0:06
ちょっと怖いデータですが、心筋梗塞で1年間に4万人の方が亡くなっています。
脳梗塞ではなんと1年間に7万人もの方が無くなっているのです。驚きの数です。

私には関係ないと思っている方でも毎日の生活習慣により、
心筋梗塞や脳梗塞の危険度が高まっているかも知れません。

ちょっとチェックをしてみてください。

・魚よりも肉の方が好きだ
・ストレスを感じやすい
・毎日、タバコを吸う
・血圧が高い
・肥満気味である
・手足にしびれがある
・頭痛やめまいを感じることがある

ひとつでも当てはまるなら、要注意です。
今すぐ、予防が必要です。

心筋梗塞や脳梗塞の原因は、血栓です。
血栓は加齢とともにできやすくなってしまいます。

通常は血管内の傷を修復するために血が固まり血栓となり、
傷の修復が終わると溶けて元に戻ります。

加齢やストレスや日常生活の不摂生などで血栓を溶かす力が弱まってしまうと
血栓が血管内に溜まっていきます。

これが血液の流れを止めてしまうと心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうのです。

ストレス社会において心筋梗塞や脳梗塞は現代病と言われ、
心筋梗塞の1年間での死亡者数はがんに次いで第2位、脳梗塞は第4位となっています。

また、40代以上には隠れ脳梗塞の恐れがあります。
実に40代の3人に1人は脳梗塞予備軍と言われています。

この恐ろしい血栓を溶かす食品として納豆に含まれているナットウキナーゼが注目されています。
ナットウキナーゼは摂取することで、血栓を溶かします。血栓が無くなることで高血圧の改善にもなります。

血栓を十分に溶かすためには、ナットウキナーゼを1日に
2000FU(ファブリン分解ユニット)を摂取することが必要だと言われています。

市販の納豆パックに換算すると毎日、5パックも食べなければいけません。

納豆を食べすぎるとプリン体やセレンとよばれるミネラル分など過剰摂取することになってしまい
納豆を食べすぎるのは良くないというジレンマがあります。

ナットウキナーゼだけを効率的に摂取するには、「納豆博士」が便利です。
納豆博士は、ナットウキナーゼを凝縮して粒状にしたものです。

1日3粒飲めば、必要なナットウキナーゼを摂取することができますよ。
心筋梗塞や脳梗塞の予防には納豆博士が便利です。

納豆博士が気になった方は下記の画像をクリックして
詳しい情報をご確認ください。
  ↓   ↓   ↓



ナットウキナーゼを納豆から摂ろうと思えばこんなに大変!

January 10 [Fri], 2014, 0:05
ナットウキナーゼを摂取するなら、毎日納豆を食べれば大丈夫なの?と思った方!

確かに1日に必要なナットウキナーゼを納豆だけで摂ることは可能なのですが、
1日に5パックの納豆を食べないといけません。

1日や2日なら可能かもしれませんが、毎日となるとかなり大変です。
食べるのも大変ですが、買ってくるだけでもひと一苦労ですね。

また、納豆にはナットウキナーゼだけでなく、
プリン体やセレンとよばれるミネラル分の同じように摂取することになります。
プリン体やセレンやミネラル分は過剰摂取すると体には良くありません。

また、納豆を5パック食べると約500キロカロリーです。
食べすぎると太る恐れがあります。

血栓の予防になっても、太ってしまったら体には良くないですね。

また、納豆が苦手で食べることができない方もいるでしょう。

ナットウキナーゼを摂るには、納豆よりも納豆博士の方が簡単で体にも良いみたいですね。

納豆博士を飲むには寝る前が効果的みたい!

January 10 [Fri], 2014, 0:05
納豆博士には、飲むのに適した時間があります。
ナットウキナーゼは体内に入ってから、8時間から10時間持続して効きます。

血栓ができやすい時間帯は明け方です。
ちょうど就寝前に飲めば、血栓に対して効果的に働きます。

就寝前はついつい飲むのを忘れてしまうこともあるかも知れませんので、
夕食後に飲んでも良いかもしれませんね。