新潟での思いで(番外編)

August 30 [Thu], 2007, 12:16
いやー
関東はだいぶ朝晩が涼しいんですけどこれもいつまで続くんでしょうねえ。
続いてほしいですなー。

で、新潟行った時に凄い印象に残った事ですが。


水族館にいったことは書いたような気がするんですが(書いてなかったとしてもいったって事です。)そこに短くはあるんですが海中トンネル風な廊下がありまして、そこはやはり人気があるらしく、人がたまるポイントだったんですけど。そこで見た1シーンなんですが。

ヤダよ!ヤダよ!!俺絶対どかないよ!
だってここが一番いいんだもん!!!
だってここ以外なんにもないよ!
俺残るからね!!俺動かないよ!!



って、10歳くらいの(多分)孫と奥さんに向かって大きな声で真剣に駄々をこねている50台後半と見えるおじさんがいました・・・・・・・・・。

奥さんと見える人は何か言ってましたが孫らしき男の子は何も言ってませんでした・・・・。
黙ってそのおじさんの手をにぎってました。



ま・・・・・孫を楽しませに連れて来たんじゃないのかい・・・おじさん・・・・


あまりに微笑ましかったので私の目は完全に釘付けになってました。ツボりました。数日間は思い出して笑うことが出来ました。
爽やかな笑いを提供してくれてありがとうおじさん・・・忘れないよ。

転んでもただじゃ「起きない。

August 29 [Wed], 2007, 8:02
やったー!
これは大発見しましたよ!!!

ここ1週間、あのオイスターソースを一体どうするかで悩んでたんですけど、ふと気がつきまして。

オイスターソースじゃなくてオイスター入りソイソースだろう!
          
                 ↓

ってことはカキのダシがいっぱい入った醤油 
          
                 ↓

ってことはダシのきいた醤油、そう!醤油のかわりに使えば良いのよ!

ソースだと思って使ったのに醤油だったからまずいけど醤油だと思って使えばそう外れはないはず!

というくらいの発想の転換に気がつきました。

ってことでお吸い物にすればいいやと使ってみました。

ス・・・・・スープいける!!いけるよ!スープだったんだよ!!



正直完全に勝利宣言でました


やりましたよ。勝ちですよ私の。あの激マズオイスターソースを征しましたよ・・・・・・フフフフフッフ


しかし旦那さんの意志を確認したところ

俺はあんまり・・・・・・どっちかっていうと苦手だなあ。この具だったらいつもの(コンソメ)方がいいよ。

っていってました・・・・・・・

ちなみにチンゲン菜、エビ、ベーコン、キュウリの入ったスープでした。
うーーん、いつもコンソメと味噌のスープばっかりじゃ飽きるからいいと思ったんだけどな!

うおっ勘弁!

August 28 [Tue], 2007, 14:19
一緒に暮らしてから、高校時代に買い漁ってた雑誌を整理しろと相方に迫られて
整理を始めた夢湖です。

いやー暑いですねえ・・・・。じとじと汗が・・・・・・・・


勘弁っていうのはですね

先日オイスターソースがきれたのでオイスターソース買ってきたんです。
前のよりも値段が3分の1くらいで量が1,5倍くらいあるやつ。

「中国製じゃないから安心かー」

と、安易な気持ちで購入。味が薄いんだろうなと思ったんですけど。


しかし使ってみたら明らかにとんでもなく味が違う・・・・


ま、、、、、まあ買っちゃったし・・・・


って思ったんですけど、すぐにもう一本別の安いやつを買ってみました。アハハン


こっちもマズ・・・・・・


あの・・・・・・前の高いオイスターソースはすごいおいしくて味はソース系だったんですよ。
そりゃソースはソースだよみたいな。
一本で味が間にあったんですけど。


安いのはソースの味じゃないんですよ。

オマエはオイスターソースじゃなくてオイスター入りソイソースだよね??
って味がします・・・・・。

明らかに醤油系の味です!!!!!!!!!!

何の調味料をどう混ぜたらオイスターソースっぽい味になるんだと考えてもわかりません・・・・・。

ちなみにうちの旦那さんはですね

ソースに向かって怒ってました。「こんなオイスターソース棄てちまえ!これオイスターソースじゃねえよ!俺もうこれ使った料理は食べられないよ」って。

それを見ながら思わず笑いましたが「そ・・・・・そこまでまずかったか・・・・・ごめんよ・・・・」ってちょっと申し訳なく思いました(笑)


まあ食品の安全だなんだっていったってよくよく考えればあれって中華料理に使うソースだから中国産じゃなかったら台湾産とかじゃないとおいしくないんでしょうね。そっかーそりゃそうかもなーって自分自身で勝手にナットクしましたけどあのソース使った料理で育ったらオイスターソースの概念に他人と大きな隔たりが出来ることは間違いないでしょう。



なんかホントあのソース勘弁してほしいです・・・・・。

旧友

August 25 [Sat], 2007, 17:09
と再会してきました〜。
旧友ってなにせ小学校からの付き合い。

先週は高校時代からの旧友と会ったし、8月は結構イベントが多い夢湖です^−^
普段用事があるときくらいしか外出ないですからねえ!

しかしねえ、世の中ご縁てあるもんんだなあと思うのは彼女と自分の縁ですな。
衝撃の再会以来ちょっとのことでも何かシンクロニシティを感じてしまうわけなんですが。


小学校と中学校で仲良くしてたわけなんですが、高校も卒業しましてそこからは連絡をとってなかった時期があったんです。

ところがあるとき納品の帰りだったかなんかで東京にいきまして、ついでに作業道具を物色しに新宿の某デパートにいったわけなんですがそこで偶然にも再会してしまうんですねー。一日人の出入りが何万だか何十万だかあるデパートで。地元で会うならまだわかりますが。っていってもまあ地元ででも同級生なんてめったに遭遇したりしませんが。

最初は私がブラブラ歩いていると前から3人の男女がやってきて
そのうちの前を歩いていた女の人がいぶかしげな表情でこちらをみつめていて
「ん????あれは○○チャンの妹さんでは???」
と気がついて

すると

「夢湖さん?」と声が・・

「ん??」よくみれば・・

うっ後ろの人○○ちゃんじゃないの!!!!!


なんたる偶然か!!!!と2人で「まさかこんなところで再会するとは!」
「今までどうしてたのよー!」「っていうかこんなところでなにしてんのよー!」
と短時間でマシンガントークで近況報告をして連絡先を交換して今に至るわけです。

あれから何年たったかしら???んーー・・・・7年くらいか?


彼女のイメージでは「お助けマン」だったらしいのでこれからもそのポジションで何かあったら助けることが出来ればいいなあ。




そういえば最近芸能人の間では眉間に皺を寄せて笑うのが流行っているんでしょうか?

24時間テレビの存在意義

August 20 [Mon], 2007, 11:13
欽ちゃんが走って盛り上がったようですね、24時間テレビ。

実家ではほぼ無関心な一家でしたが今年は我が夫が欽ちゃんが走ることに意味を見出しておりまして、「欽ちゃんなら意味があると思うね。ゴールがみたい」と私からすると意外とも感じられる発言があり、それなりに(って深夜メインのような気もしますが)見ました。
ちなみに欽ちゃんは第一回の司会でお話がきたときにギャラをゴネてつりあげに吊り上げ、限界まであげさせて「よし!それを全額寄付する!」といって寄付したという伝説の逸話がある人徳のある方のようです(確か欽ちゃんファミリーの勝俣氏がその逸話を披露してたと思います)。

まだ私が子供の頃のこの番組は今に比べればもっとアフリカ難民の子供たちの貧しさとか、社会性のある事を真摯に考えられる内容だったと思うんですが・・・。

今の24時間テレビってあれで何か感じるかといったら私は正直・・・・。
アイドルが出てドラマやってあとはカラオケ。今回なんか深夜に司会の席の中川翔子ちゃんはコスプレでしたからね。雛壇じゃないのに・・・・深夜はただのお笑い番組でした。個人的には楽しみましたが。今年もやっぱり全く24時間TVが24時間である必要を感じませんでしたね。前はカラオケ大会とかで繋いでいて辟易とした覚えがあります。

皆さんは24時間テレビの存在意義を感じてるんでしょうかね?

通常一番のツボは芸能人のマラソンなんでしょうがあれでなぜ感動するのか実はわかりません。
相当なしがらみやプレッシャー等を背負って体も精神も辛いだろうし大変だろうなあと思う気持ちはあるのですが、それ以外感じないです。勇気を有難うとか感動を有難うという意見には頭がポカーン・・・に近いです。マラソンに関してのこの意見を言うと引く方もいらっしゃると思うんですが、この日記に関してはここで読むのをやめないでいただきたい。


私はそこそこドキュメンタリー番組が好きで、やってるとつい見入ってしまうのですが。

もっとこう、、、、福祉や貧困について考え、行動するはずの24時間なんですからNHKスペシャルとかNHKの福祉番組とか日本テレビの深夜のドキュメンタリー番組とかテレ朝の日曜早朝の「生きる」とかがやるようなああいうしんみりとしたドキュメンタリーみたいなものをしっかりとやっていけばいいと思うんです。

残念なことに社会的弱者に焦点を当てて作られることも少なくないドキュメンタリー番組というのは放送されてはいるのですが、深夜だとか早朝だとか、多くの人がテレビをみることのない時間に放送されているのです。NHKが好きなわけではないですが(基本お笑い番組が一番好きなので)NHK教育の福祉番組なんてたまに見ると、考えさせられることやなぜ知らなかったんだろうと思わせられる事があったりしますが一体どれほどの視聴率かなと思います。

24時間テレビこそ真剣にそういうことについて考える一日であるべきだと思うんですが。

終戦記念日や原爆投下の日だって私が子供の頃はもっと1週間くらい各局で戦争のドラマや映画やドキュメンタリーをかなりの時間放送していました。テレビをつければどこでもやってるのでテレビを見るのなら戦争関係の番組を見ざるをえないって時間があったと思いますが、今は普通にニュースやワイドショーのプログラムを放送してお休みして戦争についての番組を放送したりってのがなくなったに等しいと思います。それじゃいけないと私は思うのですが。

今の24時間テレビって視聴率ほしさにやってるだけじゃなく、障害のある方にスポットをあてるにしても凄く煽る感じでえげつないというか・・・非常に浅い感じがするんですよね。その場でその方が何かに挑戦することに「頑張っている」意味を打ち出すっていうのがなんとも浅はかといいますか・・・。

そういった方々が何かに挑戦していることよりも、私達が気がつかずに過していても自分達にとって「普通」に生活し、利用している公共のものでも彼らにとっては些細なことが「不便」であったり「困難」であったりするはずの事に注目すべきではないでしょうか。

社会的に自立して生活することが一体どのように、どれほど困難で

私達や社会全体がそれについてどう協力すべきで

共生するにはは一体どうすべきなのか、

そういう問題点や改善点について考える一番いい機会であるはずだと思うんですが
あの番組構成だとただ「頑張って」と周りが応援するだけでその先が見えない。そこが残念でなりません。

募金は意義のある事です。ボランティア団体も寄付によって賄える、助かる事が沢山あるはずです。
でもただ頑張れと声をかけておしまい、でなく、健常者が普段気にもしていない、或いは気づきもしない事は沢山あるはずで、それを気づかされ、そこを出発点として社会が変わる為の一歩になるべきと思うのですが。

私は今まで芸能人が24時間走っても感動したことはありませんが、脳の発達に障害のある方が毎日施設で働いて、貰えるお金が1万円程で「お金を貯めてゲームがほしい」と笑顔で語り、施設の館長さんが「皆がほしいものが出てきたのはいいこと。ほしい物が出てきて仕事のやる気に繋がってくれれば。皆にもう少し賃金を増やしてあげたい」と語るのを見たときは涙が出ました。自分がそういった方々の賃金を知らずに過してきた事も情けなかったし悔しかったし。
善意を持った人も多く見てるわけですからもっと番組の存在意義を考えた内容であればいいと思うのです。

多くの人々の善意が億単位の寄付という形で30年続いているわけでこれは凄い事だと思います。
だからこそ
24時間テレビを
24時間放送する意味が
24時間誰か芸能人が走っているから
ということだけでは
24時間垂れ流しになってしまうなあ、残念だなあと思います。

にいがた

August 19 [Sun], 2007, 3:58
に行ってきました。
海に行きたいという話になってたんですがいけずじまいだったので、お盆の長期休暇を利用しまして行ってきました。
ちなみに住んでる所が海なし県なので海に対する憧れが相当強いです・・・私・・・。
えーーー・・・だって物心ついてから海にいったのがですね

●小学校の時の臨海学校で新潟に。
●小学校の時家族で新潟に。
●高校の時に沖縄に
●大学卒業して行ったフランス・スイスの旅行で地中海に。
●2年前くらいに台湾を旅行した時に台北近郊の海に。
って計5回でしたからね・・・・・。
しかも沖縄と地中海と台湾は泳いでません。ももあたりまでつかってウロウロしただけです。


我が家の専属ドライバーさんは近県の某所の海に行ったことがあったらしいんですが綺麗だった思い出はなかったそうで、新潟ならいいんじゃないか?それに今は地震のせいで新潟は風評被害で経済的にダメージを受けていて観光客を欲していることだし、と提案がなされましてそれで新潟という結論にいたったわけなんです。

初日はろくに寝ずに早朝出発してスムーズにいったので朝の8時半には現地についてしまいましたよ!
ところが遊び倒す・・・・・どころか午前中に水族館に行ったら案外水族館も思ったより楽しくて、途中からイルカの水槽を2人でじーっと見続けて、延々観察して出てきました。

その水槽がカマイルカの雌雄、それとハンドウイルカ(オスかメスか存じておりません)がいたんですけども、カマイルカのメスが一緒に泳ぐのがハンドウイルカなんですね。それでオスのカマイルカが寄ってくると明らかに嫌がってるようなんですよ・・・・。2人ともあの三角関係が気になってしょうがなかったですね。気がつけばそこで3時間以上も経過してまして、その後海に向かうんですが、あまりの陽射しの強さにやられて車から出た途端に調子が更に悪くなり、駐車場から海を眺めてまた後で・・・・明日の早い内にこようという結論になりまして、ホテルにむかいました。
結局少し早めにチェックインさせてもらってそのまま私はバタンキュー。


起きたのは夕飯の時間でしたよ・・・さすがっ!

しかもレストランも1時間くらい探してました・・・・勿論市内を迷いつつ。

だから見知らぬ土地に遊びに来たときはホテルかホテルのすぐ側で済ませないとダメなのよね・・・・・。

お魚チャン

August 17 [Fri], 2007, 2:07
カニ・・・
ヤドカリ・・・
サヨリ・・・・
クロダイ・・・
クサフグ・・・・
カサゴ・・・・

パラダイス!!!!!!!!!!

いやーよかったペルセウス座流星群!!

August 14 [Tue], 2007, 4:36
みなさまペルセウス座流星群はチェックいたしましたか?

いやーうちは流れ星大好き夫婦なので、流れ星の時期になると毎度ソワソワしてるんですが。
去年はここぞというときにどうもお天気に恵まれなかったりして、長いこと消化不良だったんです。

そこにきて13日の深夜から明け方にかけてが極大日だというじゃありませんか!!!!!

ワクワクしながら星空をみあげたら夏なのに随分星がでてるじゃありませんか!!!!

もうキャッキャキャッキャですよ。

そりゃ興奮して目も血走ります。


ところが!!!!!!!!!

















ですよ・・なぜか!!!ニコニコキャッキャとはしゃぐ私をよそにですよ


「今日はいいや・・・・俺頭いてえ・・・・」
と生気のない回答が!!!!!!!!!!

Oh GOD!なぜ貴方はこれほどに過酷な試練を!!!!


やっと天候が味方をしてくれたというのに
考えられない大惨事が発生です


こんな悲劇を一体誰が予測したでありましょうか!!!!!
予測するわけありません

相当がっかりしましたが運転手さんの頭が痛いんじゃー諦めるしかありません。





が、しかし!!!!!!数時間して運転手さんが復活!!!!!!!!
それを察知してすかさず星を見に行きたいんだ!!!と、じたばた駄々をこね
しまいには涙まで流し
(あまりにも偶然の不幸な事態すぎて悔しくてひとりでに涙が出てきたんです。その涙には奴も気がつかず、ティッシュで涙をぬぐっていたら運転手さんは「なぜティッシュを顔に??」と不思議がっていました。気がついたら笑ってましたけどね。)奴の琴線をゆさぶってとうとう夜中に星空探索出発ですよ。

実は極大日をうっかり脳内で一日後に設定しちゃってたため、準備もできておらずイザという時に絶景ポイントについていないというこれまた大惨事があったという要因もあったわけですが、(まあなにせ大抵は天気に裏切られちゃってますから)なにはともあれそれなりに星空を堪能できる暗くて車が止められて周りにあまり障害物のないポイントを探しに行きます。

夜中にフラフラと車でさまよい移動するわけです。

移動し続けるわけです。

移動して移動し・・・・・アレ????・・・・・

移動しまくってもなかなかアレ???ここもダメ?????

エ?アレ??ここもイマイチ???・・・・・え・・・・・・・・・

さんざ彷徨いました・・・・



いい加減もう星も減っちゃったんじゃないかと
もうろくに星空見られなくなっちゃうんじゃないかと心配しつつ
そもそも移動しながら流星確認してたんで
かなり気もそぞろに彷徨ってたんですが
まあなんとか納得のいくビューポイントにたどり着きやっとゆっくり星空観察です



ああでも本当に星空って素敵です
なんて美しいんでしょう!!!!


障害物のあまり無いところで寝そべって長いこと星空を眺めると不思議な気持ちになるんです。
ちょっとだけ自分も星空の中にいるような。
自分でも説明つかないので文章に表しようもないのですけども
なんとも形容しがたい不思議な気持ちです。
ポワーンとした気持ちになりながら星空を眺めていると

期待したよりは見られました!!!!!!!!!

相当でかいのも見られましたよ!!!!!!!!

ひゅーーー・・・・・・・・・・・・ドーーーーーーーーーーーン!!!!!

って音がぴったりでしたねえ。

もう本当、大満足でした!!!!!!!

あまり興味のない方も是非星の綺麗な夜には一度星空観察してみてください。
そして流星の時期で星が沢山出ているラッキーな夜に遭遇できたときはどうぞ流星群を
観察してみてください。きっと心が躍ります!!

うわあああああ〜〜〜小川未明!!!

August 13 [Mon], 2007, 16:30
うわああああああああああああああ!!!!


まだ読んだことの無い小川未明の作品読みたイイイイイ!!!!


実は私小さい頃から童話が大好きでして。
特に童話の挿絵が好きなんですが。
でも勿論お話も好きなんですがとりわけ大好きなのが小川未明。

小川未明といえば赤いろうそくと人魚で有名ですね。
他に有名な作品は「野ばら」かな?
「野ばら」は私が子供の頃、教科書に載ってました。どこの出版社から出てた教科書か忘れましたけども。

でもわたし実は上記2作品ともお話あまり好きではありません。
小川未明で大好きな作品というと・・・・・・

「眠い街」・・・・・

うわっ・・・・・・渋い・・・・・このチョイスは多分かなり渋い・・・・・

そもそも代表作の中に出てこない作品じゃないかと思われます(笑)

小川未明の作品といっても私がもってるのはほんの一部でして、それなのになぜ「眠い街」なのかといいますと、うちの母が子供の頃に買ってもらったという超レトロな「キンダーブック」に掲載されてたんですねえ。で、そのキンダーブックも数冊しかなかったんですがそれぞれに一話づつ小川未明作品がレトロな挿絵と共に掲載されていました。

私の時代では目にしないレトロな挿絵とあいまって、あの不思議でとりとめのない寂しげな小川未明ワールドに子供ながらに魅了されたわけですが、岩波かどっかから出ている文庫本はその後買ったものの、全集の存在に気がついたのは大学生時代でした。


実は色々な経緯を経てわたくしほんの2ヶ月程、影絵の御大、藤城清治先生の事務所の雑用のバイトで入った時期が大学時代にありまして(そのときのお話はそのうちに)、そのとき先生の蔵書の中に「小川未明全集」(13冊か16冊か・・・)を発見し「こんなものがあるのか!!!!」と脳髄をドカンと刺激されたことがありました。

藤城先生の影絵は不思議な空間に誘ってくれる、どこかノスタルジックな異世界の魅力がありますが、なるほど小川未明の懐かしいような不思議で寂しい世界は先生の作品にどこか通じるものがあります。
当時は一冊3000円とか3500円だった気がしますが、そもそもそれ自体入手するのにモジモジしてまして(全部揃えたらかなりの額になりますんで)現在なんぞ出回っているのは(別の出版社からですけど)定価が一冊7000円を超えてしまうという・・・・・・。


それ以来手・・・・・手がでねえ・・・・・眩しい・・・眩しすぎる・・・

そんなわけで私の永遠の憧れアイテムと化した小川未明全集なのですが、当然全巻で16冊とかってことになれば相当読んだことの無い作品があるというのは容易に推測できるわけで・・・・・。


古本等で時々探してはおりましたが見つけるといつもお手手の届かない後光が差した眩しいお値段が提示されていまして指を加えてみていただけだったのですが、とうとうリーズナブルなものを見つけましたよ!!!!!!!!全巻揃いなのですが全巻といってもその冊数がMAX16冊のものに比べれば少ないですがとりあえず良しです!!!!







ああ!!!!これでいまだかつて読んだことの無い未明作品が読めるかと思うとゾクゾクわくわくします!!!!

嗚呼ゾクゾク!!!!

アアわくわく!!!!!!!!!



小川未明!!!!!!!!!!!!!

キャッキャッ!!!!!小川未明!!!!バンザイ!!!!!!



でもお盆で家にいたりいなかったりなので商品うけとれないとどうしようもないのでお盆明けに手にすることにしました。ハアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!ワクワク!!!!!!!!!!!!!キャッキャキャッキャ!!!!!!!!


えーお久しぶりなわけですが。鉢です。

August 10 [Fri], 2007, 8:47
えーー日記久々ですけども。
いやーホントあつくなってきましたねーーー

暑いっていうより熱い、って感じですねえ・・・・・


毎日「うへええ・・・・・・・」って思う湿気加減です。

先日なんぞ動物園に行った際、ジーンズはいてたのですけども、車から降りた途端、

ウゴワワワワワワワワワ・・・・・・・モワモワモワ!!!!!

みたいな空気にジーンズの中が一瞬にしてなりまして、なにかサウナにでも下半身が放り込まれたかと思いました。今までに空気であれだけ驚かされたことありませんわ。

さて、まあ夏になったら(そういえばいまだに梅雨明け宣言ってしてないんじゃありませんでしたっけ?関東)作品は焼かないことにしている夢湖でございますんで(クーラーつけなきゃしのげない時期に室内で焼いたらヤバイです。)作品は生の状態で乾燥させただけでありますが、気にいった作品がちょいちょいたまってきてます^−^

まあでも・・・・・・アレなんですけどね・・・・・・・・(アレの理由はそのうちわかります

とりあえず今日はこの写真!



ハア・・・・・・マクロが全然ダメだよ・・・・マクロ1センチとまで言わないけど3センチくらいからいけるデジカメに買い換えたい・・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夢湖
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-陶芸・盆栽関係。
    ・アート-万華鏡・星空・ネイル・ガラス等キラキラに因んだ物。
読者になる
みなさま、更新がだいぶ気まぐれいるこのブログにようこそ。 盆栽鉢を中心に日記を書いております夢湖でございます。 気まぐれているのがアレですが最新、最多の夢湖鉢がチェックできます。 Thank you for watching my blog. I am japanese bonsai pottery Yumeko You can see newest and most yumeko's bonsai pots here . My web site http://www.artist-yumeko.com/


       トップに戻る
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Sたけ
» 道中の景色 (2010年12月13日)
アイコン画像Giampaolo
» ってことで雷電神社いってきました〜 (2010年09月03日)
アイコン画像Sたけ
» 浮き彫り or Not (2010年07月25日)
アイコン画像Giampaolo
» 浮き彫り or Not (2010年07月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月14日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月04日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像夢湖 Yumeko
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像タングス
» 翠風会で巡り会いその2 (2009年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる