道中の景色 

September 06 [Mon], 2010, 14:25
携帯に一時的に電波が入ったのが不思議ですがあの時点で既に圏外突入してました。
そういえば今日曇り時々晴れって天気予報だったんですけど今のところ移動始めたら晴れまくりです。私たち二人が出かけるとかなり晴れるんですが(降っていた雨が止んだり)今でもまだその効果は切れてないのかなー( ・×・)
写真ガッツリ撮って来ました( ´ ∀`)疲れた( ´ Д`)二時間以上かかりました( ´ ヘ`)お腹すいたのでおうどんとかき氷食べて向こうで食べて結局エンジョイですね。今帰宅途中でふ( ´ω`)
車の冷房で喉がやられたのか喉がイタいでふ…( ´ω`)のど飴ホスィ

だいぶいい景色になって参りました 

September 06 [Mon], 2010, 9:33
その1

だいぶ山の麓まで来ました 

September 06 [Mon], 2010, 9:14
でもまだあと資料の宝庫の神社まで30キロ…遠いです〜( ´ Д`;)

目的地は山にある神社 

September 06 [Mon], 2010, 8:52
なので、いい歳ですが子供が虫取りに行くような格好です( ´ Э`)

取材道中です 

September 06 [Mon], 2010, 7:32
なんかまたも夫婦で夜中起床したら、私が鉢に鉛筆で下絵描いてる時に旦那サマーンが神社のサイト見てるなーとか思ったら「行くかい?」遠いじゃないとか言ってたら「そうだけど行かなきゃダメだろ。次またいついけるかわかんないんだし。」というので、そこから家事を済ませてご飯食べてシャワー浴びたりなんやかんや用事を済ませ…ってことでまたも資料集めで取材行ってきまー('ω')
因みに今日の行き先は遠いです…丸一日潰れちゃうので二人とも予定がなくて体力に余裕があり、早起きした日でないと(うちの旦那サマーンは朝方に寝る日が殆どなのです)行けないので埼玉は運動禁止とか今日の天気予報でいっとりましたが勢いで資料集めに行ってきます遠いにも関わらず二社周りたいんですが、んががががが、、、マー時間考えると2社は無理かなあ…

雷電神社紹介です〜 

September 03 [Fri], 2010, 23:53
と、いうことで
雷電神社紹介いってみましょー
こちらが私の資料集めに貢献してくれちゃう、ナイスな本社でございまーす!
るんるん


雷電神社紹介といってもまあ本社の写真しかとってないんですけどw
本社こそメイン!本社で写真撮りまくったら後は用がねえぜ・・・ゴニョゴニョ・・・そんなBACHI−ATARIなことは言えませんYO本社以外かなりスルー気味なのでw
アワワ申し訳ないです綱吉公|lll´Д`)))ブルブルブル
私も資料集めであちこち通りがかりだったりですとか、近いところにある神社とかは行くんですけども、資料的に結構お世話になってるというか頼りになるというか、、、の神社が3社ありまして、ここの雷電神社はその一つです。
で、この雷電神社のポイントはですね、このデーハーな彩色でございますっ
彫刻の資料集めで伺っている身としてはですね、この彩色があると大助かりなんでございます。もともと資料集めとかの目的が無かったころは寺社仏閣で色がついてるところというのはどうも安っぽい感じがして、歴史の重みを感じられないので苦手だったんですけども、いざ資料を集めに、、、という目的を持ち始めたらこの彩色のなんとありがたいことかwww

ほとんどの寺社仏閣、通常色なしでございましょ?
その昔の仏像が実はデーハーなお色で塗り塗りされていたように恐らく寺社仏閣もその昔の建立当時はデーハーに塗り塗りされてたとこも結構あるんじゃないかと思うんですけども、今はそれがすっかりとれてるか、新しく拡張なり補完なり、建築なりされるところは大抵木の天然色そのままですよね?天然色の方が個人的に好きなんですけども、いざ資料に、となると色がついてる方が断然見やすいっ!!わけですね、ええ。「ん?この線は、、エート、、なんか暗くて見にくいな・・・」みたいなのが無くてイイです!

マーそんなわけでこの雷電神社、非常にありがたいわけです、わたくしにとっては。車で一時間程度の場所にあって非常に助かりますネー

この塀に隠れてる下の部分も彫刻ガッツンガッツン入ってるでございます



ね?ね?なんとなく想像つきましたでしょ?



うひ〜〜〜えげつない程のデーハー加減ですYO〜〜〜
でもそれが逆にありがたい・・・フフフ

↑の画像、どっからどこまでも彫刻し倒してますね。さすがの職人技・・・・・

龍がにゅにゅずどーん!!!の後ろで鯉の滝登り(いや、よく見ると下ってるぞ)・・・もうお祭り状態www

まあ、こんな感じであたり構わずというかもうどこもかしこも彫刻だらけで寺社彫刻ベスト3の龍・獅子・鳳凰以外にも結構色々なモチーフの彫刻があります。麒麟、鶴、牡丹、蓮、ウサギ、牛、鶏(珍しいっ)、犬(これも珍しいっ)などなど。鶏と犬はイマイチかな〜〜

あ、そういえば上野の公園にある神社には確か栗鼠の彫刻があったような、、、あそこで満足に資料撮ってこれなかったからリベンジで行って写真とってこねばならぬ・・・・

で、個人的に私のこの雷電神社のお勧め彫刻はコレです☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚


みてくださいこの構図〜〜〜
弁天様がもう御一方様(こちらも神様でしょうかね?やはり)とご一緒に鳳凰と龍を傍らに侍らせて音楽に興じてる様というなんとも優雅な図でございますよ〜〜〜☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚侍らせて、なのかはたまた御二人で音楽を奏でていたら鳳凰と龍がそれに誘われて御二人の側にやってきて聴き惚れている、、という図なのかはわかりかねますけども、なんて優美なんでしょ!ステキ〜〜〜☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

私がこの図を彫刻しようとしたら大皿くらいの大きさがほしいwwww鉢だったら大物サイズでないと今の私の技術では無理ですwwwというかサイズがなんとかいけてもこれが全部彫り終わるまでにあっちこっち皹が入っちゃうんじゃないかとも思うんですがwww

というわけで、御世話になっている雷電神社の偏った紹介でございました〜〜w
いやーありがたやありがたや・・・・・・。

ってことで雷電神社いってきました〜 

September 03 [Fri], 2010, 11:31
I went to shrine to gather my art materials . I used to go there . But since my health condition became unstable , I have not been to . There are a lot of nice motifs and beautiful sculptures in shrines .

そんなわけで昨日は朝一で(っていっても夜中に起きてるので、起きてからは随分時間経ってましたがww)神社に資料集めに行って、その後近くのショッピングモールに入用がありそちらに出かけて買い物を済ませてその後なんだかんだで行くとついウィンドーショッピング・・・そしてランチ・・・というここまでは案の定の流れだったんですがランチ後も更にウィンドーショッピングは続き・・・・・・となり結局予想を遥かに超えた時間に帰宅してしまい、主人はランチに食べたものが重かったらしく(彼の場合食べたものというより量なんでは?と思いますが)お仕事に行く頃に「ちょっと気持ち悪い」とか言ってましたが・・・。

なんだかんだ普段ひきこもりのわびさびを味わいつくしている私としては久々にデート?的なものをしたような気がします。なにせここ2年くらい体の不調に磨きがかかってからは「ディズニー行きたい!」「海いきたい!」「どっか行きたい!」とか言ってみても「夢湖さんの体調が良い時にね、まあどうせしばらく無理だろうけど。俺はいけるけど君の方の都合でいけないんだからね?」などという会話が頻繁に夫婦間で繰り返されております。

まあ、そんなこんなの昨日の資料集めでの一コマ。



ぬぬぬぬ・・・・・八時にして既に暑い・・・・眩しい・・・・とういうのが伝わる表情の一枚ですww

ここは旦那さんに結婚する前に教えて貰った神社なんですけど色々行った神社の中でもお気に入りの一つですー。理由は後で書きますけども。車で一時間程度の場所にこういう資料の場所があるのはありがたいです〜〜。本社・末社・奥宮がそれぞれ国指定&県指定重要文化財になったりしてるらしいです。



こういう細かいところにも配慮がされているのが(柱にも彫刻してあったりですね)しっかりしてるという感じが伝わりますね。ホント、ガッツリ彫りこんである神社です。葵の御紋が入ってるんですけど、なんでも徳川綱吉が将軍になる前に着手したらしいです。将軍になる前にここらへんの城主してましたからね。

あまりに早起きしたので資料集め 

September 02 [Thu], 2010, 8:22
行ってこようかと。
夫婦揃って夜中に早起きしてしまい私の方は下絵とか構図まとめたりしてたんですがふと気がついて取材行きたかったのが連日の猛暑で諦めっぱなしだったので早朝ならいいんじゃ、と思い旦那サマーンにお願いしてみたところ成功。にゃは〜( ´ ∀`)ではいってきまー( ´ ∀`)

夏バテ来てるっぽいでございます 

August 04 [Wed], 2010, 9:45
夏バテの影響か、このところ食べたいものがあまり見つかりません・・・
エアコンも寝てる間は体が冷え過ぎてしまったりするので極力つけないので快眠とはおよそ言えない状況なのもいけないのでしょうかねえ。食欲減退の初期は冷やし中華とか冷たいおうどんとかで食欲出たんですけど、停滞期に入っちゃった今はそれもどうかなー、くらいになっとります。でも作ったら食べちゃうのかもだけど。そんなわけで高校の頃は同級生に驚かれるほど食べていた(そのくせ結構無駄肉もなく痩せていたので担任の先生にちゃんと食べてるか?と心配される始末。)のに大学卒業前あたりから減退し続けている食欲がこの夏加速しております。そのくせ無駄肉はなくならないので始末が悪いでゴザイマスネー。マーどうせ相当代謝が悪いに違いないせいでしょう。それに体調不良を起こすような食欲不振ではないので心配するような事でもないっちゃないか、って思ってもいたりして。

既に、運動はしないくせにやたらと冷たいものばかりとりたくなるという夏バテ加速一直線の予兆が出ているので自壊しないよう自戒せねばwとかオヤジギャグを言ってみたりしますw
ハーごはんどうしようかなーー、、、とか思うとサンドイッチとかジャガマヨとかで済ませてしまう事も結構多かったりします(父親にお前はドイツ人に生まれれば良かったのにな!と言われる位ジャガイモとチーズが好きなものでございましてw)。あ、ジャガマヨもただマヨネーズじゃなくて塩コショウ(ブラックペッパー)かけておくといいですね。時にはオレガノをかけたり
バジリコをかけたりするのも一味変わっていいかもです。

とかいって甘いものやらポテチだとかはしっかり食べたかったりしてw
おいしいひんやーりしたケーキが食べたいっ!

ってそれ夏に限らずだし・・・

そういや甘いものって今スイーツという呼称がスタンダードなんですよね?
ウッカリデザートと口からついて出ちゃいそうなままなんですがwww
恐らく私の口から違和感なくスイーツという呼称が出てくる頃にはその呼称のブームも過ぎ去り、どうせ元の「デザート」に戻っているのではなかろうかと推測されるのでこのままあまりなじみのないままの単語でいいやとか密かに思ってたりします・・・。

「ちょwwデザートとかwwww何歳ww」とか突っ込まれそうでアレなんですが呼称とか無理に変えてくるメディアに甚だ対応出来ない自分はやはりオサレという感覚からだいぶ遠ざかっている証拠なんだろうな、、、、と。

スワロとかキラキラした装飾品とかを「ビジュー」とか新たな呼称を2年前くらいにつけてましたが理解はしても相変わらず口からはなかなかビジューとすんなり出ませんでした・・・。「今までジュエルとかジュエリーとか英語表記だったのをフランス語にしただけじゃん。なんでそんな面倒な事をさも新しい事のように仕掛けてくるかねー」とかなめてかかってたんですが、現役バリバリのOLの友人にあった時にオンタイムで使いこなす彼女を見て「さすが現役OL !!」アンテナが敏感ダワー!と感心したのを覚えている・・・・。

もっと思い返せばなんか5年前?もっと前?くらいに流行った「レギンス」もその昔「カルソン」って名前で紹介されてそれなりに定着してた気がするんですけども。スパッツとかカルソンとか、、、でもってレギンスですかアアアアアアアアアア、、、、、なんでもいいけど定着したらそれをしっかりスタンダードにしてほしい、、、、今まだ三十路だからいいですけども、これ20年30年たったら確実に私の脳みそに浸透しない気がしますよ。マー何語だろうと耳慣れない言葉を使いこなすことこそが最先端のイメージであり、それが流行を創る側の人間にとって重要な要素の一つではあるんでしょうけどね。一般の人が「ナニソレ?」と思うような言葉をお互いにさも当たり前のように使いこなすことで「さすが流行の最先端だわ」と思わせる一種の演出なんでしょうけども、、、そういうのは業界の人だけでやってほしいもんです。

でも子供の頃もよく同級生の子達が「お前OOって知ってる?知らねえの?うわーダセー」だの「教えてあげなーい」なんだのよく言ってましたけど、人間って人の持たない情報を持つことに非常に優越感感じる動物だってのは物心ついたときから大人になるまで変わらないって事なんでしょうね。情報がお金になり、利益になるというのを本質的に知っている動物なのか、はたまた好奇心の副産物なのか。

浮き彫り or Not 

July 22 [Thu], 2010, 4:50
前回の記事で彫刻の作業の作業過程のリスク云々を書きましたけども。

更に浮き彫り(盛り彫刻)になるとリスクがあがります。

土を盛る盛り彫刻の場合は土を貼り付けた部分からの皹割れのリスクが更に高まるので最もリスクの高いものになります。
どうして土を張り付けた部分からのひび割れのリスクがあがるのかというとこれは厚みの不均一=乾燥のアンバランスが生み出す土と水分のおちゃめないたずら☆ということなんでしょうね・・・・・・。
これを防ぐためには鉢自体を厚めに作っておかないと厳しいのですがやはり厚い鉢はお客様にあまり喜ばれませんのでそれでもやっぱりギリギリの薄さにしたい!というのがあったり、あと盛り部分の盛りの厚さもガッツリ盛るとやはり盛った部分にガッツリ皹が入りがちですね。

でも実際このおちゃめないたずら☆が発生すると「コーノーヤーローーーー最後まで作業させておいてこのやろおおおおおおお・・・・・」って心境になるのでまあ正直悪魔のいたずらなんですが。


なお且つ盛り彫刻の場合は盛った部分の彫刻を済ませて、周囲のいらない土を除去していく作業があるのですがこれが地味に時間がかかるのです。これをしてこそ浮彫が際立つわけなのでホント〜〜〜〜に地味で若干気分が鬱鬱とする作業ではありますが大事な作業なのでアレなわけなんですが。

そんなわけでこういった部分も(リスク・手間等)考慮して価格に反映する形になってマス。なので単にコレコレの彫刻で、、、と言うのを「これこれの浮彫で・・・」とお客様にオーダーされると浮き彫り>彫刻のお値段なので、必然的に「彫刻」よりもお値段も盛った状態での査定額になります。

自分自身の好みはやっぱり存在感といいゴージャスと言い、浮き彫り=盛り彫刻が好きですね。
ただその存在感が邪魔をするのであっさりした彫刻の方がいいよというお客さまも多いですし、半浮くらいが調度いいなという時もあります。構図や釉色との兼ね合いでまた違ったりもするし。

土を盛らない彫刻をなんでも浮き彫りと思われる方がかなり多くいらっしゃるのですが(これは個人のお客様、プロ、雑誌等媒体問わずです)一応わたくしが自分の商品の値段を付ける際「彫刻」「半浮」「浮き彫り=盛り彫刻」と自分自身では分けております。明確にしていった方がお客様にとってもクリアーになるんだろうなあとは思うんですが、陶芸の技法の中でも彫刻ってそんなにメジャーな方でもないので(まだ象嵌とかの方がメジャーですよね)、とりあえず自分の中での便宜上としてのカテゴライズになってます。他にも丸鉢ヨリ角鉢の方がお値段が高めになったりだとか、雲足の方がまたお値段あがったりとかチョイチョイポイントがあったりします。

オーダーの場合は更にもう一点を考慮してたりもしまして、そんなわけで値段ってつけるの難しいです(*´ 艸`)(´艸 `*)Йёё♪って製作してる私はいつも頭を悩ませております・・・。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夢湖
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-陶芸・盆栽関係。
    ・アート-万華鏡・星空・ネイル・ガラス等キラキラに因んだ物。
読者になる
みなさま、更新がだいぶ気まぐれいるこのブログにようこそ。 盆栽鉢を中心に日記を書いております夢湖でございます。 気まぐれているのがアレですが最新、最多の夢湖鉢がチェックできます。 Thank you for watching my blog. I am japanese bonsai pottery Yumeko You can see newest and most yumeko's bonsai pots here . My web site http://www.artist-yumeko.com/


       トップに戻る
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像Sたけ
» 道中の景色 (2010年12月13日)
アイコン画像Giampaolo
» ってことで雷電神社いってきました〜 (2010年09月03日)
アイコン画像Sたけ
» 浮き彫り or Not (2010年07月25日)
アイコン画像Giampaolo
» 浮き彫り or Not (2010年07月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月14日)
アイコン画像Giampaolo
» 気候って重要ですよね lovely summer in europe (2010年07月04日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像夢湖 Yumeko
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像Giampaolo
» 蝶廻し彫釉彩丸鉢その1 (2010年06月23日)
アイコン画像タングス
» 翠風会で巡り会いその2 (2009年12月08日)
Yapme!一覧
読者になる