千年の独奏歌

November 16 [Tue], 2010, 21:03
ひとり灰色の丘 乾いた枯草踏みしめて
思い巡らせる 空の彼方に
風に揺れる花びら 柔らかなあなたの微笑み
淡い記憶のかけら セピア色の向こうの幻

誰も知らない歌を奏でよう
この身が錆びて停まろうとも
崩れかけた墓標に歌い続けよう
あなたの残した歌を

この体は全て 作り物でしかないけど
この心はせめて 歌に捧げていよう

沈む夕陽に向かう 色あせたギターを片手に
響くこだまに踊る 影法師
擦り切れた指先は 光を鈍く照り返して
口ずさむメロディは 風に乗って空の向こうまで

かすかに軋む銀の歯車
響いてゆく鈍色の鼓動
ガラスの瞳に映るこの空は
どんなまやかしだろう

この月の下で もうめぐり逢うこともないけど
この空に向かって 歌い続けていよう

あなたと出逢ったすみれの丘も
幾千の夜に灰色の亡骸

この体は全て 作り物でしかないけど
この心はせめて 歌に捧げていよう
この月の下で もうめぐり逢うこともないけど
この空に向かって 歌い続けていよう

--------------------------------------------

曲名:千年の独奏歌
作詞・作曲:yanagiP
歌:KAITO

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:那都
  • 性別:女性
  • 誕生日:7月14日
  • 血液型:A型
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
那都
» 千年の独奏歌 (2010年11月20日)
闇栗
» 千年の独奏歌 (2010年11月19日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nato777/index1_0.rdf