聞こえない子供たちの進む道 

February 27 [Wed], 2008, 17:09
 今日お昼の地元ニュースで、ろう学校の体験入学が流れた。
 幼稚部で、3.4歳くらいの子が何人か親と一緒にいた。
 ある女の子は、お母さんが横で手話通訳していた。
 う〜ん??小さい子はベビーサインかなあ??
 でもホントの手話わかるのかなあ。
 幼稚部の先生が紙芝居しながら、ジェスチャーと簡単な手話でされていた。

 基本的には、発音などの練習が多い。

 何れ社会に出るわけだし、ろう以外人工内耳、難聴、重複障害など様々。
 聞こえなくても自分が行きたい学校へ行けばいい。

 仮に親が普通校へ行け!といっても、行くのは自分。
 普通校で、情報保障はない。
 自分から分からないところを先生に聞かないと追いつかない。
 専門高校は実習が多い。ま、普通科はみんな進学のために来てるわけだけど。
 

 ろう学校は少人数だから、先生の目が届くし、分かるまで教えてもらえるところだろう。
 ろう学校から普通高校へ進学した人もいる。
 逆に小中学校の難聴学級からろう学校へ変わるというケースが増えている。
 高校だけろう学校という人もいる。
 
 難聴学級でも今頃は、人工内耳の子が増えている。
 その反面地元の学校へ行かせる親も少なくない。
 人工内耳の子に対してもろう学校では、きちんと対応されている。
 
 近い将来黒板はスクリーンになり、パソコンによる授業になるだろうなあ。
 
 子供たちよ、あなたたちの進みたい道、あきらめてはいけない。
 なれるように努力を惜しまないこと
 人に何かしてもらったら、笑顔でありがとう!の言葉を忘れないで。
 スミマセンもいえるおとなになろう。
 聞こえる子供たちに負けずに頑張ってほしい。
 決して、夢を簡単にあきらめないで、努力してほしい。
 叶うよ、いつか。

 一定というか指定された高校に障害学級があればいいと思う。
 大阪のある高校は、知的障害などの生徒を受け入れているそうです。
 そういえば、私の高校の後輩にも知的だったか普通中学の特殊学級から入った男の子がいた。
 幸いなことに養護学校と交流持っていたため、彼も自分について知ってもらえたんだろうなあ。

 少子化というけど、誰もが行きやすい学校環境を整えて欲しい。
 地元へ通う子のためのサポートは必要。
 難聴学級のある学校まで通うのは、しんどい。
 私が経験してるわけだから。
 養護学級は増えているが、ここに難聴児がいても、果たしてどこまでサポートしてくれるのでしょうね。
 

 案として、地元校に籍を置き、週に3回くらいスクリーン授業はどうかなと思う。
 地元校と難聴学級のある学校との連携がないとテレビ授業は難しいかもなあ。
 交流学習は大切。


 

愛犬のクララちゃん 

February 16 [Sat], 2008, 7:46
Cawaii!もう、おばあちゃんです。17歳の時に飼い始めたの。

おとしもの 

February 09 [Sat], 2008, 13:38
よく みかける光景。











マフラーだったり 手袋だったり ハンカチだったり コドモちゃんの 靴下だったり。





誰かが 見つけて 拾って 汚れないところに 置いてくれている。



道端に 落ちっぱなしには しないのだ。



必ず どこか 手の届くところだけれど 汚れないところに 置いてくれている。







ココの人は とても優しい。



ほんとに そう思う。









優しいんだけど。



最初は 『 コレ 落としたわよ 』 だと 思います。



なんとなく。



だから 『 ありがとう 』 と言います。 






でも それから 延々と フィンランド語で 話し続けるのは どうか 勘弁してください。



ワタクシ どうみても あなた達からみれば 外人ですから・・・。







『 ありがとう 』 って フィンランド語で 言わなきゃよかったよ。

たった一度叱っただけで寄り付かない 

January 19 [Sat], 2008, 19:38
   ばあちゃんちのミミさんです。


    芝犬 女の子 年齢はまた調べておきます。 


   ◆ミミは女の子らしくなく、おばあちゃんちに来た生後3ヶ月頃から

    ずっとジャレていた。  私はよく「男の子のようだなミミは!」

    って行く度に言っていた。

    本当に目が覚めている間はずっとジャレているミミだった、どこからこのスタミナが

    出てくるんだろうと思わせるほど異常だった。


   ◆ある日、おばあちゃんちに行ったとき、ミミはたまに半分本気の気合で噛んだり

    もすると聞いた。おばあちゃんはミミが悪さをしたときにしっかり叱れないから、

    これはミミにとっても良くないなあ〜!と思い。  

    ヨシッ!・・・と、ジャレてきたミミをオモイッキリ叱った。


   ◆それ以来、行くたびにミミに声を掛けるが全く近寄って来ないし、借りて来た

    猫のようになってしまった。

    叱る前のミミはどこにいったのか?豹変ぶりに今も驚いているのです。

    ミミにとっては自分の天下だった環境が一気に崩壊したのだろうか。

    生まれて初めて叱られた事がショックで・・・

    ミミに今の心境を聞いてみたいのだが、話してくれません(笑)。

                                     see you.
    

よーじやの季節限定 

January 13 [Sun], 2008, 19:23
よーじやの季節限定 「あぶらとり紙 ゆず」



黄色い表紙に、黄色いあぶらとり紙。
ほのかに匂うゆずの香り。



季節限定とくれば、買うしかないでしょう。

「ま○こ」くずれそう 

December 29 [Sat], 2007, 15:34
ふとくて


かたくて



まがっている     「ち○ぽ」

騎○位で


し○ゅうにあたりすぎて


こわれそうに


何度も    いかされっぱなし  

世の中ホント色々あるよね。 

December 18 [Tue], 2007, 21:39
 またまた久しぶりの更新です。

まぁ気楽な独り言なんで・・・。

私事ですが先月結婚しました。自分は披露宴とかは何か見世物みたいであまり気が進まなかったのですがやってみたらまあ嫁も自分がやりたいようにやれたみたいで満足してました。新婚旅行は翌日からハワイでしたが8時間近くもエコノミー席に座らされるとキツイデス。5泊7日の旅行の予定でしたが・・・・嫁の様子がおかしいと気づいたのは3日目の夜でした。
 夜になっても寝れない、やたらに水分を取りこっちの言う事を聞かない、様子がおかしいので夜が明けたら病院に行くつもりでしたが嫁はその直前に部屋から飛び出してしまいました。一瞬の出来事で嫁を止めるべく後を追いかけたのですが嫁は「助けて!助けて!」と叫びながらエレベーターに飛び乗りました。幸いにもエレベーターはホテルの2階で止まりそこで降りた彼女はたまたまいた日本人観光客に見つけられホテルで保護されました。原因は躁病(そうびょう)です。躁病とはうつ病と真逆の症状で気分がハイテンションになり自分で自分を抑えられなくなる症状だそうです。6年前にまだ自分が嫁と知り合う前に発病して自分が嫁と出会った2年前には全く普通でしたが・・・・今回結婚式の準備や飛行機で睡眠が殆どとれてなくストレスがたまり病気の再発ということになったみたいです。
 嫁は結局そのままホテルから救急車で病院に行き自分は警察がきて「変な物を食べてないか」とか「薬をやってないか」とか色々聞かれました。旅行も1日繰り上げて日本に帰り嫁はそのまま精神科に入院して治療してます。

 まさかこうなるとは思ってもなく、いまだに気持ちの整理がつきません。今はただただ嫁の回復を祈って1人で住むにはちと広い新居で嫁の帰りを待ってます。

 世の中ホント色々あるよね。

映画 音楽タグ 

December 12 [Wed], 2007, 18:33
【NANA】(一色:中島みか)




音楽提供→半年間の友達 o + *



(GLAMOROUS SKY:中島みか)




音楽提供→半年間の友達 o + *




【タグ】が欲しいときは、コメントしてください。



転載先:ヒロの音楽ROOM
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:natlbe113
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像キョウ
» 聞こえない子供たちの進む道 (2008年04月24日)
アイコン画像康之
» 聞こえない子供たちの進む道 (2008年03月01日)
アイコン画像京平
» 映画 音楽タグ (2008年02月19日)
アイコン画像あんな
» おとしもの (2008年02月11日)
アイコン画像名無し
» 映画 音楽タグ (2008年02月10日)
アイコン画像よしや
» おとしもの (2008年02月10日)
アイコン画像さや吉
» 映画 音楽タグ (2008年02月07日)
アイコン画像コレ最強w
» 映画 音楽タグ (2008年02月03日)
アイコン画像ニートZZ
» 映画 音楽タグ (2008年01月30日)
アイコン画像たむら
» たった一度叱っただけで寄り付かない (2008年01月30日)
Yapme!一覧
読者になる