お題17で本多×御堂★★★(1)。

October 27 [Sat], 2007, 3:44
【鬼畜眼鏡で20題】
『お題17 エレベーターで二人きり』

(長いので3分割して更新します。別名密室遊戯、しかも脇CPです。18禁描写がありますので、ご注意ください。本館サイト復活するまでブログに置いときます)



箱の中の悦楽(1)



 MGN社での営業会議を終え、会議室を退出した御堂部長を見送った。
 プロトファイバーの一件は無事ノルマを達成し、キクチ営業八課全員の首は繋がったものの、御堂はすぐに新製品の企画をスタートさせた。まったく、息つく暇もない。
 本多は一緒に来ていた片桐課長とキクチに戻るため、帰り支度をしていた。今日は克哉は留守番だ。机上の会議資料をまとめて鞄に放り込み、受付に客用入館証を返すのを忘れないように心に留めながら、立ち上がる。
「あ」
「どうかしましたか本多くん」
 御堂の部長印を要する緊急の書類を預けられていたのを思い出した。八課の営業事務から、どうしても今日中にハンコを貰ってきてくれと念を押されていたのだった。
 事情を片桐に説明しつつ、件の書類を鞄から取り出す。
 片桐は寄越せという風に本多に片手を差し出した。
「それなら僕が行ってきましょう。本多くんは次のお客様もあるでしょう。僕は社に戻るだけですから」
「いや、俺も今日は戻って事務処理するだけっすから」
 頼まれたのは俺だしな。本多は片桐の申し出をやんわりと辞退した。
「先に戻ってください課長。俺、御堂部長の席に行ってきます」
「そうですか。ならお願いしますね」
 片桐に軽く頭を下げ、本多は御堂を追って会議室を後にした。御堂の部長室はこの階ではないからエレベーターを使う。廊下を通り、ホールに到着すると、六機のエレベーターのうちの一機はこの階で停止中だった。ドアは閉まる直前で、中に人影も見えた。
「あーちょっと待ってください、乗ります!」
 気持ちが急いていたから、半ば強引に手を突っ込んでドアを開ける。中にいた人物はどうやらとっさに開ボタンを押してくれたようで、その人物の親切に感謝しつつ本多はエレベーターの中に滑り込んだ。
「いやー助かった。ありがとうございます………あれ」
「何だ君だったのか」
 何だって何だよ。本多はいつものように突っかかりそうになるところを、寸前で堪えた。
 エレベーターの中には、御堂部長しかいなかったのだ。



「ちょうど良かった。俺、御堂部長に用があったんですよ」
「私の方からは別にないが」
「………。書類にハンコをいただきたいんですけどね」
 こっちは愛想良く話しかけてるっつうに、その可愛げのない態度は何だよ。本多はなるべく感情を表に出さないように注意して、営業用スマイルを顔に貼り付けた。
「普段ならうちの営業事務から送らせるんですが、緊急だというので直接持ってきました。今日中にハンコをいただいて帰らないとマズイんだそうです」
 御堂はまるっきり本多の譲歩にも興味ないらしい。
「その担当には、時間的余裕を見越して仕事をこなすように言っておくんだな。…今は持っていない。私の部屋にあるから、必要なら来るがいい」
「まあそうでしょうね。じゃあご一緒させていただきます」
「ああ」
 どうも会話がギクシャクしている。本多はいつもの倍速で時間が経過するように、信じてもいない神に祈った。


 ガタン、と一度耳障りな音を立てて、エレベーターは大きく揺れた。
「お」
「っ…。何だいったい」
 そのまま様子をうかがっていると、乗っている箱は上にも下にも動いていないようだった。つまり二人を乗せたまま、エレベーターは途中停止したのだ。
「何かのトラブルか。地震でも発生したか」
 怪訝そうに眉を顰める御堂を気にしつつ、本多も緊急事態の発生に戸惑っていた。エレベーター事故はたまにある。よくテレビで何時間も中に閉じ込められた人の話をニュースで流していたりするじゃないか。あれはどうやって助かったんだっけ。
 うろ覚えの記憶を辿りつつ、操作ボタンの近くに立っている御堂に近づく。
「な、何だ」
「ちょっとどいてください」
 一歩後じさった御堂の傍に立ち、緊急呼び出しボタンを押す。たいがい赤い色で目立つように設置されていて、管理会社に直結するようになっているはずだ。
 プラスチックの保護ケースごとボタンを押してしばらく待つ。すぐ上の小さなスピーカーから声が聞こえた。
『株式会社××エレベーター緊急サービスセンターです。いかがされましたか』
「閉じ込められてます。いきなり止まっちまって。すぐに来てもらえますか」
『かしこまりました。場所は×××市のMGN本社ビルで間違いありませんか』
 スピーカーの向こうの声は、そのあと謝罪の言葉を述べて、折り返し連絡すると言って通信を切った。
「ふう」
 一息ついた。今できることはこれくらいだ。あとは救助を待つしかない。
 思い出して御堂をちらりと見た。御堂は微動だにせず、すぐ近くに立ったままの本多をじっと眺めていた。
「大丈夫ですか御堂部長。てーか俺の顔、そんなに面白いですか」
「え。ああ……いや。失礼した。迅速な初期判断だと思っただけだ」
 ほ。本多は改めて御堂の顔を見直した。いつも本多を初めとするキクチ八課の連中にはつらく当たる御堂なのに、こういう時には素直に褒めたりもするというのが、どうにも本多の中の御堂像と合わなかったのだ。
 だってよ。会議のたびにクソミソにやられてんだぜ。俺はてっきり血も涙もない冷血漢だとばかり思ってたっつうのに、なんでこんな時に限って褒めるんだよ。
「どうせなら会議の席で言っていただきたいモンですね」
「会議? …ああ。そうだな。会議の場で、私にそんな言葉を言わせるように今後努力してもらいたいものだ」
「そりゃ俺たちの努力が足りないって言いたいんですか」
「それ以外に聞こえようはないだろう。八課はいつもスローペースだからな。君は八課の起爆剤なんだろう。なら余計に努力すべき役割を担う立場だと思うが」
「…あー。わかってますよ。でもこんな緊急事態にそんな話、しなくても良いんじゃないかとか思いませんか」
 それには御堂も納得したようで、やっと大人しくなった。だいたい、自分は何もしないで腕組んで本多の行動を見守っているだけなんて、いくら何でもちょっと図々しすぎやしないか。
「偉そうに…」
「密閉された小部屋での独り言は自粛した方がいいだろうな。私に言いたいことがあったら正面から大声で言え」
「はあ。……ま、いいすけどね」
 親会社の偉いさんだし。立場上どうせ逆らえないし。正式な会議の場なら自分の主張も通させてもらいたいところだが、今は別にいい。
 とにかく、空気が重いんだよ。早く出してくれよ。
 本多がそんなことを思っていると、スピーカーからまた声が聞こえた。

(2)に続く

〔話題株〕オンキョー<6729.Q>:欧米向け好調で08年3月期予想を上方修正

October 22 [Mon], 2007, 7:50
 [東京 22日 ロイター] オンキョーは19日、2008年3月期業績予想の上方修正を発表した。連結売上高は従来予想の480億円から555億円、連結経常利益は5億円から7億円、連結純利益は3億円から3億8000万円に増額した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nateaz87
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» お買い物してきたよ♪ (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» お買い物してきたよ♪ (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» お買い物してきたよ♪ (2008年10月10日)
アイコン画像RAOSU
» お買い物してきたよ♪ (2008年10月03日)
アイコン画像ikumi
» お買い物してきたよ♪ (2008年09月25日)
アイコン画像ゆりり
» お買い物してきたよ♪ (2008年09月24日)
アイコン画像MASA
» お買い物してきたよ♪ (2008年09月15日)
アイコン画像えびふりゃー
» お買い物してきたよ♪ (2008年09月14日)
アイコン画像せぶん
» お買い物してきたよ♪ (2008年06月18日)
アイコン画像まーくん
» お買い物してきたよ♪ (2008年04月17日)
Yapme!一覧
読者になる