イジワルを反省して

June 28 [Thu], 2012, 22:23
息子は今まで、常に癒し系キャラと言われ、特に生活面で問題を起こすことも無く、友達とのいざこざも目に余るほどでもなく、外での行動に私はすっかり安心していました。でも、いよいよ私も、心配をしなければならない日がやってきました。
 学校との連絡帳に目をやると、先生から「悪い事をしてごめんなさいと言えて偉いです。でも、もうしないでね」とのメッセージ。「ん?悪いことって何?」早速息子を呼んで、状況を聞いてみました。こんな時は、私のひざに乗せて話をすると、体温や呼吸が伝わって、素直に言ってくれます。どうやら、女の子に意地悪をしてしまったらしいのです。早速私は、謝罪の電話をしました。
 それにしても親バカですが、息子は女の子に意地悪をするというより、よく女の子とごっこ遊びをするキャラなので、意地悪をしたという理由が分かりませんでした。女の子も含めて遊んでいた時に、一人がふざけて意地悪をし始め、「自分はしないようにしようかなって思ったけど、つい自分もぶざけてしまった」と、息子の心情はこうでした。
 幼い頃は自分の感情で友達と付き合ってきたけれど、少し歳をとると、みんながしていたからとか、そんな腹黒いことも子供なりに考え始めるんだと驚きました。でも、こんな考えがいじめにつながったりするのです。今回は親子共に反省したので、これからは先生とも連絡を密にして、学校でも良い交友関係を築いていって欲しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みーこ
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/natane5656/index1_0.rdf