ずいぶんと。 

February 26 [Sun], 2017, 22:57
長いことブログを書いていなかった。


時間がたつと忘れてしまうような出来事や感情を残しておくために、
大事なツールの一つだとは思っているんだけど。


思い立ったときにやらないから、

いや、思い立ったときにしかやらないからこういうことになっているんだろう。


彼と過ごしていた時間をもっと記憶だけでなく記録として取っておきたかったのに。

とはいえ、毎日電話していると取り立てて書き残しておくようなこともなくなってくるわけで、

携帯に日記として残しておくことも、最近では少なくなってきている。
そのことを後悔するときももしかしたらあるのかもしれない。


話すことがないっていうのは、どういうことなんだろうな。
その場その場での世間話というか、状況の知らせ合いみたいなことに終始してしまっていて、
特に新しい何かを話すわけではないし、

何か個人的なことを質問するでも、されるでもない。


いや、そういったこともあるんだろうけど、
感情の振れ幅が小さくなってきているんだろうなあ。

いつも日記に残していることは、感情に訴えられたようなことというか、
感情の吐き出し口みたいなものだから、感情がふれないようなときには、書くことがないのだな。


何を話していても、つまるところは、
彼は私のことをどう思っているんだろうか、なんてことばかりで、
どう思われるかばかりを気にしてしまっている。


ただ、一緒にいて楽しいと思ってくれていたらいいのに。
それが難しい。

一緒にいたいと思ってもらえることが、一番うれしいんだけど、
今はたったそれだけのことも難しい。


一人で過ごすことがへたくそになってしまって、
ひとりの時間になると、彼を求めてしまう。


ただ、いてくれるだけで満たされる存在というのは、つまり私にとって彼はどういう存在なんだろうか。


相手にとって私もそうであれたらいいのになあ。


過去にすがっているだけなんだろうか。



何をそんなに恐れているのか。 

September 29 [Thu], 2016, 23:27

何をきっかけに、今こんなことになってしまっているのか。


たぶん、疲れていたんだけど、それは間違いないんだけど、
問題はひとつじゃなくて、 色々なんだろうなあ。

気持ちが見えないとか
カタチにして現してほしいとか
コミュニケーションの頻度の問題もあるし、

もっと 気にかけてほしい と
ずっと 思っていた。 んだと、思う。

それで、気にかけてくれる人がいて、

自分の居場所を作ってくれる人たちがいて、
自分を必要としてくれて

そんな場所にいて、離れられなくなるに決まってたんだよなあ。

ああ、これが根っこだったのかな。
もっと 必要としてほしかったんだろうなあ。
行為ではなくて 私の存在とか何かそういうモノを。


あとは、将来に対する期待が薄れていたのかな。
何も行動が見えないし気持ちも見えないし、
どうしていきたいのか、どうしていくつもりなのか

そういうところが食い違っていたんだろうなあ。
もっとちゃんと話せばよかったんだろうけど、
そんな元気もなくて。疲れてたんだもんなあ。

全部 重なっちゃったんだよ、そういうことが。


一緒にいて、 疲れるって思ったら、ダメだよ。
何か話されて くだらないとか つまらないとか
思ったらもう戻れないな。


チームのみんなのことが好きになりすぎちゃって、
チームでいることのほうが楽しくなっちゃって

自分を求めてくれる人がいるということを、
実感しすぎるくらいに、いま実感している。


まだ、 自分に自信が ないのだろうか。
だから、背中を押してくれる人を求めているのだろうか。


答えは出かけているんだけど、まだ出したらダメな段階。
その、答えでいいのかもまだわからないし。
順番に、考えていかないと。自分を裏切れない。

めんどくさいなーと思うくらいに、求められたいのかもしれないな。

心の在りか 

September 29 [Thu], 2016, 23:08
心 なんて、 どこにあるのかも わからないのに

どうして心臓がくるしくなると、

心が切ないと思うのだろう。

… 心臓の 心は こころ なんだなあ。
やっぱりこころは 心臓にあるのかねえ。


何か突然 人恋しくなる時があるんだけど、

でも今は、 誰のことも頼っちゃいけない。

ちゃんとけじめをつけてからにしなければ。


いつもこういうときに限って、タイミングが合わなかったりするよなあ。
察しているのかと思うくらいに。


誰かを求めているのに、

その誰かにもうなれないことが さみしい。

このまま一緒にいることを 望めない自分がいるのは なんでだろう、なんでだ。



きっと 誰といることになっても

変わらないんじゃないかって、こわい気もする。


また 傷つけてしまうような気がするよなあ。



きっと そばにいて 気にかけてくれて、

自分のことを好きでいてくれて そういう人を求めていて、

最初はみんな 当てはまると思って一緒にいるのに

どうして変わってしまうのだろうか。



求めていることは、 与えなければ 与えられないのだ。

愛を 与えられる人間になりたい。


なぜときめきは持続しないのか。 

September 26 [Mon], 2016, 21:27
昔--たぶん中学生か高校生の時--
「なぜときめきは持続しないのか」という疑問(というか自問)に

「こんなにドキドキするのがずっと続いたら死んでしまうから」

と結論付けていた。と思う。


それから10年たっても、それは変わらないと思う。
苦しくて、つらくて、吐きそうだ。

心臓が、耐えられない。


何が正しいのか、わからない。


まっすぐ歩いてきた道に、横道が見えてきて、
どちらに進めばいいか迷っている間に
猛烈な台風みたいなやつが現れて、
どこかへ連れて行ってしまおうとしている。

もはや、道路を渡り始めたところで横から事故にあったようなもん。


真意を測りかねる。

一番大事なことって、なんなんだろうな。
心に従うことだろうか。



今まで輝いていたものが、急に色褪せて行ってしまうようで、
でも、それは自分のちからではどうにもできない。

おもしろいと思えていたことが、急につまらなく、くだらなく感じられてしまう。
こわい、な。


心が求めているもの、時間がたっても変わらないもの
そういうものなら、続いていけるんだろうか。

星の王子様のように。野球のように。絵を描くことのように。言葉を紡ぐことのように。


迷わずに、生きたい。

めんどくさみ。 

July 28 [Thu], 2016, 21:38

なぜみんな、人がおとなしく優しくしている間に素直に受け入れてくれないのか。

ごねるから、こっちももっと強く言いたくなるやんな。

ケンカ別れしたくないのに、そうさせようとしているのは
そちらだということになぜ気づかないのか。



そんなこんなで、時間がたってくると、
新しい挑戦への意欲も覚めてしまってきて
(間接的に自分のあり方は変化してきているが)

鉄は熱いうちに打てとはよく言ったもんだと思う。


もうすべてのことがめんどくさい。


なんやねん、私の人生ぞ。


自由にさせてくれよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るーたん
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像るーたん
» 昔の言葉。 (2016年07月28日)
ヤプミー!一覧
読者になる