相変わらず脈絡のない・・・ 

2008年05月11日(日) 16時05分
ミニッツメイドのCM、ご存知でしょうか。
あのCMで流れてる曲が、なんとなく気になって、いろいろ調べてみましたところ、「さくらんぼの実る頃(Le temps des cerises)」という、古いフランスの歌だということが判明。
映画「紅の豚」で、加藤登紀子が歌ったバージョンが挿入歌として使われたそうで。

さっそく、iTunesで検索・・・うわ!すっごいたくさんの人がカヴァーしてる・・・
その中から、アコーディオン伴奏だけのシンプルなアレンジのものを購入。
歌ってる人は、Marc Robine・・・誰?

なっさんは、好きになった歌は歌いたくなる性質なので、今も家で曲をリピートしながら練習中。
多分、お隣さんは引いてるだろうなあ・・・
先週までは、ABBAの「Dancing Queen」だったし・・・
その前は、「フィガロの結婚」をエンドレスで流してたし・・・

なっさんてば、いったい、どんな人だと思われているんだろうか。




 

事故 

2008年05月07日(水) 18時41分
自宅付近の交差点で、交通事故があった。

交差点の真ん中で路線バスがハザード出して停車(信号青なのに)、電柱で番地を確認しながら警察に電話する男性、ぐったりした女性を路肩に運ぶバスの運転士。
という場面に遭遇した、通りすがりのなっさん・・・

すでに、ちらほら野次馬が集まり始めていたものの、運転士も電話をかけてた人も男性で、女性の付き添いが一人もいなかったので、女手が必要な場面があるかも?と思い、その場に留まった。
(とかいいつつも、正直、野次馬根性のほうが勝っていたのは事実)

どうやら、左折しようとした路線バスが、原付に乗った女性の右側から当ててしまったらしい。
うーん、教習所で何度もロールプレイした、典型的な事故パターン・・・やっぱり現実にも起こるのね。
右半身が痛い痛い・・・とうめく女性。出血はなかったものの、相当強く打った様子。
気の毒に・・・命に別状はないだろうけど、後遺症とかにならなきゃいいなあ・・・

しかし、ああいう時は、ほんとに自分は非力だなーと思っちゃう。
実際、
「しっかりしてくださいねー。今救急車来ますからねー」
「痛いですかー。痛いですよねー。もうちょっと我慢してくださいー」
とか間の抜けた言葉をかけることしかできず・・・
そんなとき、おまわりさんがスッと腕を出して、手を握ってあげてました。
本能的に、おまわりさんにすがりついて、泣き出す女性。
あ、そうか!手を握ってあげたりすると、ちょっとホッとするのかも!
次にこういう現場に遭遇したときは、手を握るという選択肢を忘れずにおこうと思ったのでした。

無事救急車で女性が搬送されたあと、周りを見渡すと、おまわりさん、鑑識さん、救急隊員、消防士さんなどが・・・
制服フェチのなっさん、ここでおもむろに鼻息ムッハー(←不謹慎)。




 
 

なっさん meets 和裁士さん 

2008年05月06日(火) 17時12分
今日は、和裁士さんに反物を受け渡しに行きました。
駅前で待ち合わせて、あとはおうちにお邪魔して採寸など。
心配していた汚れやヤケも、うまいことして仕立ててくれるそうです。

和裁士さん、反物を見て一言、
「あら、地味ね・・・」
骨董市で、タグ付の状態で掘り出した経緯を話すと、
「きっと、おばあちゃんが買って、仕立てる前に亡くなっちゃったのねえ・・・」
なっさんが着物を着たときのケータイ写真を見せると、
「あらー上手に着て、お似合いだこと・・・地味だけど」

そ・・・そんなに?そんなに地味?
おばあちゃんて・・・

洋服の趣味は年々派手になってきているなっさんですが、和服は相変わらず地味好みのようです。

その後、お茶をご馳走になりながら、
「もっと気軽に和服が着られたらいいねえ」
やら、
「近頃の若者向けの浴衣、あれは品がなくてやだねえ」
「作って売る側がきちんと考えなきゃダメだよねえ」
などなど、いろいろお話をしてきました。

近頃は、ヤフオクなどで安く反物を手に入れて着物を仕立てる若い人も増えてきているそうです。
昔の反物は幅が狭いのに対し、現代の人は裄も丈も長いので、お仕立てには苦労するようです。
でも、それをうまくカバーする仕立て方や、着物が無理でも羽織や帯にするという手もあるそうなので、もし、あなたの箪笥の中に眠っている反物があれば(フツーないだろうけど)、仕立て屋さんに相談するといいですね。

とても気持ちの良い方なので、これからもいろいろお世話になりそうだなーと思いました。
1ヶ月程度で出来上がるらしいので、今から楽しみ
夏のボーナスで、帯と下駄を買おうかな・・・




 

至福のとき 

2008年05月04日(日) 21時43分
ほろ酔い状態で本屋に行くのが好きだ。

今日も、焼肉食べて生ビール2杯飲んで、みんなと別れた後に本屋に立ち寄った。
そのまま、小一時間店内を徘徊。

別に、本を買うわけではない。
パラパラと立ち読みをしたり、最近の流行をチェックしたり、コミックの新刊が出てないか確かめたり。

なんだかんだいって、活字に囲まれてるのが好きなのだよ。
こんな風に育ててくれた両親に感謝。




 

初めてのお仕立て 

2008年05月03日(土) 19時48分
先日骨董市で買った浴衣の反物、お仕立てに出すことにしました。
せっかくだから、今夏に間に合わせたいと思って。

実は、思い切って自分で作ってみようかと思ったのだけど、図書館で和裁入門の本を見て断念・・・
運針くらいはできるから、「縫う」ことに関してはさほど抵抗もないし、やってできないことはないと思うけど、「裁つ」のが難しそう。
縫いは間違ったら解くことができるけど、裁断は失敗が許されない一発勝負!
寸法の割り出し方も知らない、柄合わせもできない、しかも、染み・ヤケ有りの反物・・・これをうまく隠して仕立てる裁ち方がわからない。
きっぱりあきらめて、プロにお任せすることにしました。

ネットで居住地近辺の情報を検索してみると、隣の市に住んでいる仕立て屋さんがいることが判明。
メールで連絡を取ると、さっそく折り返し電話が。
さばさばした感じの、とても感じのいい人。
うちからわずか2駅のところにお住まいだそうで・・・
6日にお会いして、反物を見せて相談することになりました。

以前、これまた古着屋で格安で手に入れた紬の反物を、誕生日祝いに両親がお仕立てしてくれたことがあったけど、自分のために自分でお仕立てするのは今回が初めて。
しかも、直接和裁士さんに頼むなんて・・・
(前回は、お付き合いのある呉服屋さんを通したのです)
職人さん萌え〜ななっさんとしては、お会いするのがとっても楽しみです。




 

骨董市 

2008年05月01日(木) 18時58分


ストレス解消もかねて、出勤前に、月イチで開催される骨董市に行ってきましたよ。
この骨董市は、その筋では有名な、アンティーク着物が多く出る市。
入口に掲げられた横断幕には、日の出から日没まで開催と書いてあります。(アバウトだなー)

なっさんもつい買ってしまいましたよ。



デッドストックの着尺浴衣地(三井越後屋のタグ付)。
表面に汚れ・しみがあるので、お仕立ては無理じゃないかなーと売り子のおばちゃん。
でも、中は結構綺麗みたいですけどー?と見せてみると、
あら、あらあら、これならもしかしたらイケるかもね?とのこと。
まあ、ダメでも許せる値段だし・・・(500円!)。
もし機会があれば、浴衣に仕立てたいです

それと、着物そのものだけじゃなく、端布の面白いのが見つかるのも、骨董市の醍醐味。
今日も見つけましたよ、面白い柄!!


   


(※18禁注意)


   


じゃじゃーん




うちのパパとママは、毎晩裸でプロレスごっこしてるんだよ!
な柄です。

多分、襦袢だったのではと思います。
(もともとなんの生地だったのか、お店の人に聞いとけば良かったな・・・)
こんなんが袂や裾からちらちらしてたら・・・・・・むほぉっ!て感じですな。

別に、この布で何かを作ろうという気はありません。
大事にしまっておいて、時々取り出してムフッとしときます。




 

もがもが 

2008年04月30日(水) 19時42分
うー。
禿げる。
禿げる禿げる。
つーか胃が痛い!!

とはいえ、家に残務を持ち帰る職種じゃないだけマシか・・・





和のココロ 

2008年04月27日(日) 16時40分
思い立って、半襟を買いに行った。
近頃は、普通のファッションビルにもワカモノ向けの着物ショップが入ってたりして、買いやすくなったと思う。
しかし・・・こういう店の店員の応対って、なんなんでせうね。

「こんにちはぁ。半襟をお探しですかぁ?」
(見りゃわかるだろ!ほっといてくれ!)
「お着物とか、よく着られるんですかぁ?」
(お着物とかってなんだよ!着るから半襟買いに来てんだよ!)
「もう、今すぐ着物着られますって感じでの髪型ですねぇ」
(意味わかんないよ!暑いからシニヨンにしてるだけだよ!)
「すっごい可愛いパーカ着てますねっ」
(それ着物と関係ないだろ!!)

なんなんでせうね。本当に。
ゆっくり好きなものを見させて欲しいです。
結局、何も買わずに出てきました。

以前、別の着物ショップでは、帯揚げを買っただけで着物の仕立てと丸洗いを勧められたこともあります。
そのときは、
「昔から我が家に出入りの呉服屋がおりまして、そこにすべてお任せしてますから」
とかハッタリをかまして逃げてきた。どこのお嬢様だっての。

こんな風に、買い物のしにくいお店ばかりでは、着物を着る人が減っちゃうよー。

ところで、以前骨董屋で買ったシンプルなバチ簪を、リメイクしました。


before


after

写真ではわかりにくいですが、お花のモチーフは薄いピンクで、なかなか可愛らしくできました
これなら洋服のときも使えそう・・・




 

フードマイレージという考え方 

2008年04月26日(土) 19時23分
フードマイレージとは、食べ物の輸送距離のこと。
フードマイレージを減らすことは、CO2の削減につながり、ひいては環境保護につながります。
あなたが今日食べたものは、どこから運ばれてきたものですか?

なっさんは、基本的に食材は国産のものを買うようにしています。
だけど、調味料なども含めると、なかなかフードマイレージの削減には至ってないなあ、と改めて思います。
時には贅沢して、「本場○○産!」なモノを買うこともあるし・・・
外食したら、素材の産地なんてなかなかわからないし・・・

食べたいものと、環境問題との狭間で揺れるなっさんです。



ちなみに本日の晩御飯は、
・炊き込みご飯(新玉葱、蒟蒻、ひじき、ツナ)
・冷奴
食材はすべて国産だけど、調味料はどうかなあ・・・はっきりどこ産って書いてないし・・・



 

え、イケてない? 

2008年04月23日(水) 21時54分


韓国土産。
怪しげな屋台で1,000ウォンでした。元ネタはこれ

今日会社に履いてったら、「なんか覆面レスラーみたいだね」って言われたよ。褒められたのか?




 
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像アンヨーコ
» 相変わらず脈絡のない・・・ (2008年05月12日)
アイコン画像なっさん
» 事故 (2008年05月08日)
アイコン画像drygin
» 事故 (2008年05月07日)
アイコン画像なっさん
» 初めてのお仕立て (2008年05月04日)
アイコン画像やすこ
» 初めてのお仕立て (2008年05月04日)
アイコン画像なっさん
» 骨董市 (2008年05月02日)
アイコン画像やすこ
» 骨董市 (2008年05月02日)
アイコン画像なっさん
» もがもが (2008年05月01日)
アイコン画像drygin
» もがもが (2008年05月01日)
アイコン画像なっさん
» 和のココロ (2008年04月28日)
Yapme!一覧
読者になる