しみの治療

August 27 [Mon], 2012, 13:25
保険相談 大阪はここ!

しみの治療についてです。肌に茶色く残るしみ。しみは紫外線などの影響で肌の奥に生成されたメラニン色素が、表面に浮き出てくることでおこります。老人性のしみのように、加齢に伴いどうしても出てくるようなものもあります。なかなかしみのない肌をキープすることは難しいのが実際のところです。顔に大きく出たしみは何とか治療して消したいと思うのが心情です。ファンデーションやコンシーラーなどのメイクでしみを隠すことは女性ならば不自然ではありませんが、しみはしみとして存在しています。医療機関でしみを除去する治療を受けない限りは、しみのない肌になることはできないでしょう。日本以外でも様々な国で行われているレーザーによるしみ治療は、既に実績を上げている信頼性の高い治療法です。しみの他にも、あざやほくろを取り除きたいという人にもレーザーは役立ちます。どうしても気になる人は一度相談してみるのもいいでしょう。稀ではありますが、しみやホクロだと思ったものが実は皮膚の病気というケースもあります。しみが黒くなってきていたり、大きく目立つようになってきているなら、専門医に診てもらう必要があります。しみの状態は、治療方法が合わないことをしていると状況が悪くなってしまうこともあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naruzoten12
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naruzoten12/index1_0.rdf