エイジングケアの意味

December 03 [Wed], 2014, 22:50
●エイジングケアは、加齢のお手入れです。
加齢したお肌を蘇させるお手入れ


●アンチエイジングが老化を防止するためのお手入れ方法です。


最近、テレビや雑誌で取り上げられているエイジングケア

歳を重ねることが老化ですが、その老化が原因でお肌にシミや小シワたるみが出てくるときになるものです。

美容の統計を見ると
エイジング(肌の老化)が気になりだした年齢は
25歳から35歳で50%の方がお肌の老化が気になり始めています。

その中で、エイジングケアをしている人の割合は半分以下という統計が出ています。


エイジングケアが必要とはわかっていても、何から始めたらいいのか
わからないようです。



エイジングケアは早ければ早いほど効果的で、40歳50歳と年齢を重ねた時に違いが現れてきます。


若いからと大丈夫と思っても、年齢に応じたエイジング(肌の老化)ケアをすることが大切です。





エイジングケアと紫外線

December 03 [Wed], 2014, 22:50
太陽は、地球上で生活するために必要な物を与えてくれます。
それとは逆に、からだに悪影響を与えるものも含まれています。
その一つに紫外線があります。


オゾン量が年々減少していることで、紫外線量の量が増えていると言われていますが

紫外線によって皮膚がダメージを受けることで老化が早まります。
太陽から皮膚を守ることで、老化を抑えることができます。


紫外線から皮膚を守ろうとするとメラニンが出てきます。
そしてコラーゲンも壊れやすくなったり老化の原因になります。

エイジングケアは何歳から必要?

December 03 [Wed], 2014, 22:48
美容の統計では
30代からエイジングケアが必要を思っている人が多くいらっしゃいますが
実際にエイジングケアをする年齢は45歳を過ぎてからとなっています。


エイジングケアの効果的な成分は、
フラーレン、レチノール、プラセンタ、ハイドロキシンなどがありますが
一番人気はプラセンタです。


プラセンタは、豚や牛そして人間からも抽出できます。

人間のプラセンタは女性の胎盤から取り出され医療機関で
プラセンタ療法が受けられます。

その他にも羊のプラセンタや植物性のプラセンタなどはあります。