チョコレートとデップとウンパルンパと。

September 15 [Thu], 2005, 23:58
 友人Tと『チャーリーとチョコレート工場』見てきました。実はTも私も初代『夢のチョコレート工場』を観た事があったので、これがリメイクされると聞いてドキドキしていたのでした。しかもデップだし。変人デップ…笑。オイラってば変人大好きですから。初代の映画はかなりウンパルンパの踊りがウケたので(歌も)、今回それがどんなんなっちゃってるのかが私的に最大の焦点でした。
 しかしやはりこの映画、大人気みたいでパンフ売り切れてました。ごーん。2・3日したら入荷するとか。で、一人がっかりムードで開演(友人Tはパンフいらない派)。
 で、見終わった感想↓
 おぉ!なんて分かりやすくなったんだろ!!
 初代版はかなり分かりにくいまま、尻切れトンボな感じで終わってたんですよ。色々「え、あの子達はどうなっちゃったの?!」とか「え、この人達この後どこ行っちゃったの?!」とかね。でもそれが今回のリメイクでかなり分かりやすく、親切なストーリーになってた。これを見た後で初代版を見るとガッカリしちゃうだろうな。まず初代版を観てから今回のリメイク版を観るべきだと思いました。そんで何よりデップの期待通りのイっちゃった演技が最高でした。寂しそうなデップ、うなだれるデップ、過去がフラッシュバックして明後日の方向を眺めてボンヤリするデップ!!!ホント最高です。チャーリー少年の純粋な言葉が工場長にグサーと刺さるのもまた良かった。工場で最初に迎えてくれる人形達が、揃いもそろって凶悪なツラしてて最高。しかも焼けるし(笑)でもオープニングはかなりハイテク&攻撃的な感じになってて、これだけは初代版の方がおいしそうで良かったなぁと思いました。初代版のオープニングはホントおいしそうなのよ。
 で、問題のウンパルンパですが、初代版と全然違ってて、これじゃ笑いは半分。てかむしろダンスも曲も結構カッコ良くアレンジしてあって…ちょっと残念(笑)もっと不気味で気持ち悪いダンスが好きだったのに(二ノ宮知子の『平成酔っ払い研究所』参照)。でも、現代チックで中々聞き甲斐あり!これもありかな〜と最後には思いました。何より、『何故ウンパルンパ達があそこの工場で働いているのか』が分かるようになったのが良かった。初代版では謎に包まれてたから、何だかスッキリ!で、色々あって最後はハッピーエンドで良かったんですが…最後の最後に一つだけ疑問が!

あれ?!工場長の父ちゃんはあれからどうなっちゃったの?!
工場長の母親はきっと子どもの頃に離婚したんだな〜と解釈できたけど、父とのその後がよく分からずちょっと残念でした。ここまで分かりやすくしといて、なぜそこだけ?みたいな。家族の話なのに…。
 でも総合的に楽しくてブラックで中々オススメな作品だと思います。でも初代版を観てからリメイク版を観た方が、より楽しさが増すと思いますヨ!ちなみに私は初代版のDVD持ってます…だってもともとチョコ好きだったんだよ〜笑。
  • URL:http://yaplog.jp/narr_und_traum/archive/287
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
まりん
>あいあい様
はじめましていらっしゃいませ!
こんな辺境ブログにコメントありがとうございます。もちろん過去記事へのコメント大歓迎ですよ。嬉しいです。
この映画で突然デップファンですか、うんうん確かに彼のハッチャケ具合が最高潮って感じの映画でしたよね…って、そ、そんなにデップについて詳しくないですけど(笑)私はギルバートグレイプでふぅんと思ってスリーピーホロウで何やらコイツおもろいかもと思ってパイレーツでぶわーはっはっは最高だ!と思ったクチです。…すみませんおかしなファンで
原作はどうなのでしょうかね。日本語の原作も映画公開の影響で平積みにされたりしてますが、まだ読んでません。というかホムペ拝見しましたがあいあい様はフランスに住んでいらっしゃるのですね!仏語で原作が読めるなんてすごいです。
そうですよね。工場長の母上が登場しない事、とても気になりますよね?他の部分が完璧に語られたリメイク版ゆえに、旧版よりも消化不良の部分が目立った気がしました。
もちろんアイアイ様のホームページ、覗きに行かせて頂きます!こんなよろずブログに書き込みありがとうございました。
February 07 [Tue], 2006, 0:40
今頃のコメントでも見てもらえるかしら。
この映画で突然ジョニー・デップのファンになりました。

私も、原作もメル版も見て、みんな好きだけど・・・原作を日本語で読みたい。仏語と英語(半分しかわからん)で読んでいます。

私も実はウォンカ工場長のおかあさまはどこ!?って思ったのですが、深読みすれば、いろいろ読めそうですね・・・

ジョニー・デップとかチョコレート工場について長々書いてあるので、よかったら一度遊びにいらしてください。

http://montaiai.hp.infoseek.co.jp/
February 06 [Mon], 2006, 1:28
まりん
>本棚の魔女サマ
はじめまして本棚の魔女サマ!いらっしゃいませ〜☆何度かえほんうるふ様の所でコメントを拝見していました。本棚から幸せを運ぶ魔女さんなのですね…ステキです!ぜひとも運んで頂きたい!
映画の新旧はどっちとも見ごたえありますよ〜。旧版はシンプルでチープなのに不気味で印象に残るウンパルンパで、新版はカラフルでカッコいいんだけど不気味で印象に残る感じですかね…。いや、新版も曲はカッコいいけど、ウンパルンパはそこまでカッコ良くないですが…笑。でもこれはぜひとも新旧どっちも見て欲しい映画ですっ!
魔女サマもぜひ!!
October 14 [Fri], 2005, 12:48
まりんさん、こんにちは!
えほんうるふさんのところからやってきました、<本棚からしあわせを運ぶ>本棚の魔女さんです。(^^)

え〜〜〜っ、知らなかった!
翻訳だけじゃなく、映画も新旧あったんだ!!
“一見の価値ありのウンパルンパ”もだけど、
“カッコいいウンパルンパ”って・・・。
もう、その言葉だけで妄想がとまらない魔女さん、
やはりこれは映画館へ行くしかないかっ! 

October 13 [Thu], 2005, 22:58
まりん
>えほんうるふ様
コメントありがとうございます〜!キレ演技マニア…笑。デップは今回ハジケまくりで最高でしたよね。あさっての方向を見たままボンヤリするデップとか、ウチに持って帰りたいと思いました。
前作見たことないんですか〜。前作のウンパルンパは一見の価値アリだと私は思いますけどね…。ちょっとミュージカルちっくなんで、そういうのが苦手だとキツいですけど。元気すぎるお子さんがいらっしゃるようですから(笑)、あのトラウマになりそうな不気味な映画は見せておくのも手かと…小1の頃観た私も友人もトラウマになってましたからネ。あは。
October 12 [Wed], 2005, 9:26
はいはい、ようやく観てきましたよ。まりんさんのこの記事にコメントしたくて観に行ったようなものです→ウソ(笑)キレ演技マニアの私の期待に応えるジョニー・デップのイカレっぷりに悶絶致しました。でも実は私、前作が未見なんですよ。近所のレンタル屋にも見つからなくて…。まりんさんの記事を読む限り、買う価値アリまくり、のように思えるのですが、amazonに注文してしまおうか迷う日々…。
October 11 [Tue], 2005, 15:56
まりん
>nono様
nonoさんも見ましたか!初代の方の『夢のチョコレート工場』!
ですよね〜、あのウンパルンパソング&ダンスは忘れたくても忘れられない、ある種トラウマ的なものを産みつける程キョーレツなインパクトを持ってましたよね!今回のリメイクでのウンパルンパソングは現代的になりすぎちゃってて、ちょっと毒が足りない感じでした。ぬぬー残念〜!
デップさんはどうしてか知らないけど、なんかああいうクセのある役好きですよね。でもそれがまた似合っちゃうんだけど。堂本剛さんですか〜確かにこうちょっとコミカルにとぼけた眼がなんか似てる雰囲気…かも?!
September 19 [Mon], 2005, 0:50
nono
見ましたよ初版の映画
そして私も大のお気に入りでした
ウンパルンパソング・・・・
あの映画で唯一の面白どころだったな〜と私は思うのですが
(チャーリーの家族も面白かったかな?)
デップさん・・・ホント奇妙な役柄ばかりやっておりますね
(あまり作品見たこと無いですけど(#^.^#)ゞ)
私的にはデップさんの顔は堂本剛さんに似てると思うのですが
いかがでしょうか?
(もちろんデップさんの若かった頃の顔ですけど)
September 17 [Sat], 2005, 23:37