こんばんは。

November 15 [Thu], 2012, 21:51
こんばんは。
加齢臭の雑学へようこそ。
このブログは中高年の皆さんを悩ませるあの加齢臭に対抗するために必要な知識をご紹介するものです。
御用とお急ぎでない方は是非読んでいってください。

今朝の寒さはこの冬一番の厳しいものとなりました。
私の住む町でも霜が降りましたよ。
冬かー。嫌だ嫌だ。

さて、それでは本題に入ります。

そもそも加齢臭とはどのようなものなのか。
まずはそこからご説明しなければなりません。

加齢臭とは人が歳を重ね、ある年齢になると自然に発生する体臭の事をいいます。
この臭い、若い方達からは殆ど臭いません。
中高年の方達特有の体臭なのです。
ですから世間では、特に若い方達からは「おやじ臭」とか「おっさん独特の嫌な臭い」などと表現される事もあります。
加齢臭とはいったいどのような臭いなのでしょうか。
よく例えられるのが「青臭いチーズのような臭い」とか「古くなった本の臭い」などです。
こんな臭いが30代後半辺りから目立ちだすわけです。
自分の体からチーズや古本のような臭いが発生するなんて考えずらいですが、事実です。
それが加齢臭なのです。
ただ、この臭いですが、自分で自覚するのは難しいようです。
というのも、人間の嗅覚は長時間同じニオイを嗅いでいるとそのニオイに慣れてしまって麻痺してしまうからです。
いわゆる「ニオイの順応」というヤツです。
ですから、周囲の人達にとっては耐え難い、思わず眉間にシワがよってしまうような強い加齢臭であっても当の本人にその自覚がまったくない。なんて事がよくあります。
自分では気付かぬうちに周囲の方達に臭い被害を与えている。それが加齢臭なのです。
しかし、自分で気がつかないうちはまだよいのかもしれません。
周囲の指摘で自分が加齢臭を発散していると自覚してからが辛い。
急に自分の臭いが気になりだし、周囲の方達に必要以上に気を使って生きるのは大変な事です。
気の優しい方などは自分の臭いを気にするあまり人に近づくのが急に怖くなり、酷くなると対人恐怖症のような症状に陥ってしまうという事も十分に考えられます。
そういえば、以前どこかの情報サイトで「加齢臭による臭い被害の実態」についての記事があったように記憶しています。
情報サイトで特集を組んで取り上げられる程、加齢臭の問題は深刻なのです。
当ブログ「加齢臭の雑学」では気になる加齢臭をどうやって克服していくかを毎回分かり易い文章でご紹介していきます。
臭いに悩む方達を少しでも減らせるのならそれに勝る喜びはありません。


※加齢臭対策の情報を今すぐ欲しい!という方は私が管理する別ブログ「加齢臭について書いてみる。」を御覧ください。臭いの原因や発生の仕組み、予防法など中高年の皆さんにきっと役立つ情報を満載しています。
加齢臭は防ぐ事のできる臭いです。気になるニオイを克服していつまでも若々しい人生を!


おまけ:
さて、記念すべき当ブログ一回目の記事はいかがでしたでしょうか。
分かり易く書いたつもりなのですが。
次回も臭いに悩む方達のお役に立つ(?)情報をご紹介します。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケン
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/narazukesan/index1_0.rdf