ラジオを知らない子供たち、radikoと出会う / 2010年04月05日(月)
 ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約240人のブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。今週はその中から「Twitter」「iPad」「電子書籍」「radiko」「iPhone」をテーマに紹介しよう。

 オルタナティブ・ブログでは、時事問題を取り上げるエントリーが多く見られる。今回、別々の話題ではあるが同じ問題を示唆しているエントリーがあったので、最初に取り上げよう。

 前者(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/post-bdf3.html)は国際的な問題となった「クロマグロ」、後者(http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2010/03/dualism-e4de.html)は東京都で論じられた「青少年育成条例改正案」について書かれたものだ。マグロ好きな筆者にとって注目すべき話題だ。どちらも結局は見送られたのでホッとしている人も多いだろうが、同様の案はこれからも提出されるだろうし、後者は継続審議となっている。

 ある事柄を禁止する人や反対する人にも、言い分はある。だがそれが極端に振れた時の恐さはどうだろう。大木氏が指摘したように、「一種類の生き物だけを取り上げるのはアンフェア」という気がする。筆者は、坂本氏が指摘した「二元論による詭弁」という考え方に同感した。

 Twitter上では、特定の意見ばかりが目に入ったり、一気に広がったりすることがある。興味のある人をフォローすれば自分と近しい考えのツイートが流れてくる。まったく相反する意見を持つ人をフォローをしなかったり、フォローから外してしまえば、自分と同じ意見が集まりやすく、それが世間一般の考えだと誤解してしまうこともある。

 Twitterは便利なツールだが、使い方次第で坂本氏が懸念するような事態に陥る可能性があることを念頭に入れるべきだ。読者はどう考えるだろうか。

 今回の「オルタナブログ通信」は、3月18〜24日にかけて「オルタナティブ・ブログ」へ投稿されたエントリーの中から、「Twitter」「iPad」「電子書籍」「radiko」「iPhone」といったキーワードに注目した。読者がオルタナティブ・ブログを読む際の参考にしていただければ幸いだ。

 1月2週以来続いていた投稿総数200エントリー超えが途切れた。投稿されたブログ数は変わりなかったが、4つ以上投稿をしたブログが減少したことからも分かるように、ブロガーも年度末でなかなか投稿できないようだ。

 その一方で、3月23日には荻澤篤志氏「赤狐がめぐる冒険」(http://blogs.itmedia.co.jp/cmssol/)と藤井正隆氏「中小企業と地域のブランディングで日本を元気に!」(http://blogs.itmedia.co.jp/brand_ing/)、3月24日には岩本幸男氏「岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」」(http://blogs.itmedia.co.jp/iwamotoy/)と北野達也氏「SS the WORLD」(http://blogs.itmedia.co.jp/sstheworld/)といったニューフェイスも登場した。新年度のスタートと新ブロガーの参加で、投稿状況がどうなっていくのかに注目したい。

 それでは3月18〜24日にオルタナブロガーがどのような話題に注目したのか、振り返ってみよう。

●何をツイートするとフォロワーが増えるのか?

 Twitterのビジネス活用について、さまざまな方法が試されている。注目したいのは、谷川耕一氏「むささびの視線」の町の理髪店にTwitterでお客さんを呼べるのか(http://blogs.itmedia.co.jp/musasabi/2010/03/twitter-4677.html)だ。果たして、この理髪店の挑戦は成功するだろうか。

 Twitterをビジネスで活用するからには、ある程度の影響力を期待する。一般の商店なら立地場所周辺というように範囲は狭くてもいいのかもしれないが、日本全国あるいは世界にプロモーションをしたい場合は別だ。自社のTwitter影響力を知りたいがはっきりしないという時に注目なのが、今泉大輔氏「シリアルイノベーション」のTwitter上の影響力を数値化するKlout Scoreの全容を解明してみた(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterklout-sc.html)で紹介されたサービスだ。やはり数値化されると分かりやすい。今泉大輔氏はさらに、Twitter影響力指数Klout Scoreの先にあるもの(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterklout--1.html)というエントリーも書いている。Twitterマーケティングを行おうとしている人や企業の参考になるだろう。

 ビジネス活用の側面が話題になってはいるが、やはり気軽にツイートできるツールとして活用している一般ユーザーが今日のTwitter隆盛の根底を支えていることは間違いないだろう。そういう意味で、大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」のTwitterの即時性とブロガーの関係性を春の白菜で再確認(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/twitter-1e1f.html)は、なかなか興味深かった。

 大木豊成氏がTwitterで何を呟くとフォロワーが増えるか、知りたい?(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/twitter-309a.html)で紹介したサービスもまた、興味深い。どのツイートでフォロワーが増えたり減ったりするのかが分かるもので、筆者も試しに自分のアカウントを見たところ、意外なツイートで増減しているのが分かった。ビジネス活用しているTwitterアカウントで試してみると、今後の方向性が見えてくるかもしれない。

●iPad向けKindleアプリ

 永井孝尚氏「永井孝尚のMM21」は、自著の全文PDFの無償公開を行い、それをTwitterで告知したらどうなるかという検証を行っている。

 結果は永井孝尚氏のエントリーを読んでいただきたい。また、これを受けて書かれた方波見豊氏「破壊的イノベーションでキャズム越え」の『戦略プロフェッショナルの心得』PDF版、通勤の合間に半分読みました。『朝のカフェで鍛える 実戦的マーケティング力』の売れ行きもUPするのでは?(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/pdf-3dfb.html)も合わせて読んでほしい。これから本格化すると言われる電子出版とリアル出版の行方を占うものになるかもしれない。

 林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」の今週の電子書籍ニュース(2010.3.15〜3.20)(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/pdf-3dfb.html)でも多くのニュースが紹介されているように、電子書籍に関する話題が旬である。政府と電子書籍と出版を取り巻く環境について(http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/03/post-2775.html)にもあるように、政府も動き始めている。中でも、発売が近付いているiPadが注目されているのは間違いなく、iPad用のKindleアプリが発表されたことで、iPadを電子書籍端末として見る向きからその動向がさらに注目されるようになった。

 斉藤徹氏も書いているように、iPad用の電子書籍アプリは他社からもリリースされる。電子書籍端末としての側面が高まるかどうかは、日本語対応がどうなるかによるだろうか。

 そのiPadの登場が近付いてきた。松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」のiPadをお迎えする準備:家庭&会社編(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/ipad-e91a.html)にあるような準備をしている人もいることだろう。

 既存メディアの電子化として話題になったのが、日本経済新聞の電子版。玉川岳郎氏「ニュータイプになろう!」は日経電子版、いよいよスタート(http://blogs.itmedia.co.jp/newtype/2010/03/post-4117.html)で早速取り上げ、さらに夕刊を早く読めることに対し、夕刊が3:30に読めるのは「買い」じゃないか?(http://blogs.itmedia.co.jp/newtype/2010/03/330-fcb5.html)と判断している。

 しかしこの電子版は、必ずしもすべてが見られるものではないことも判明している。佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」の日経電子版、連載小説は読めない(http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2010/03/post-5dd3.html)にあるように、連載小説は読めないという。これを楽しみにしている読者は、いまのところ紙の新聞を手にするしかないようだ。

●ラジオを知らない子供たち

 ラジオっ子であった筆者には驚きなのだが、松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」の「ラジオを知らない子供たち」はラジコをどう聞くのだろう(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/post-e2cd.html)によれば、ラジオを聞かない世代がいるという。AMステレオを長らく聞いてきた筆者は、受信機自体がほとんどない状態ではラジオを聞かない世代がいるのも仕方がないのかと残念に思う一方で、radikoによってAMステレオの素晴らしさを体験してもらえるのならば良かったとも思った。ただ、現状の試験ではエリアによって受信できる放送局が制限されているため、それ以外の地域の番組を聞けないとのことで残念だ。

 大木豊成氏は大手メディアは何を目指すべきかという考察をしているが、ちょうどNHKも特集をしていたようだ。廣江慈郎氏「モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ?」の激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜過去〜(http://blogs.itmedia.co.jp/jrx/2010/03/post-c534.html)や、渡辺俊雄氏「jargonaut」のNHK放送記念日特集「激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜」を見て感じたこと(http://blogs.itmedia.co.jp/jargonaut/2010/03/nhk-dfa5.html)でも紹介されているが、コメントを読むとすれ違いが目立った特集だったようだ。

●女性を感動させるiPhoneアプリは?

 携帯電話業界の旬は、iPhoneを始めとするスマートフォンと言えよう。アメリカのどのスマートフォンを買うかという調査に対して面白い結果が出たことが、末岡洋子氏「欧州の視点」のiPhoneユーザーの92%が買い換えるならiPhone、Blackberryユーザーは乗り換え希望?(http://blogs.itmedia.co.jp/eu/2010/03/iphone92iphoneb.html)で紹介された。iPhoneやAndroidユーザーの満足度が高いことがうかがえる。果たして、日本で同じ調査をしたらどうなるだろうか。

 とはいえ、iPhoneに乗り換えられない人もいる。東大史氏「ITは手段、エコは目的。」のiPhoneでFeliCaカードの読み書きができる ケース型電子決済ソリューション(http://blogs.itmedia.co.jp/ecobrand/2010/03/iphonefelica-cb.html)にあるように、電子マネーに対応していないことはその1つだ。

 加山恵美氏「C'est la vie」の数分で女性に「iPhoneスゴイ!」と感動させるアプリでは、女性がiPhoneをすごいと思うアプリ(http://blogs.itmedia.co.jp/emie/2010/03/iphone-64a9.html)を紹介してくれた。これはなかなか面白い傾向だ。

 iPhoneにも不具合がある。オルタナブロガーから各種報告されているので、同様の症状がある人は参考にしてほしい。

 いよいよ登場したXperiaにも注目だ。方波見豊氏「破壊的イノベーションでキャズム越え」の4月1日の発売開始および今日からの正式な予約開始が発表されたソニー・エリクソン『Xperia』を予約してきました+ファンによる非公式サイト『XPERIA FAN』もオープン #Xperia(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/41xperiaxperia-.html)、Androidデビュー(ソニーエリクソン Xperia発売開始)まで、あと約1週間となりました。 #Xperia
(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/android1xperia-.html)と取り上げられている。その後の報告では4月1日に無事入手した模様。読者も、手に取っただろうか。

 以上、3月18〜24日にかけてオルタナティブ・ブログへ投稿されたエントリーの中から紹介させていただいた。本稿からオルタナティブ・ブログに興味を持たれたならば、ぜひほかのエントリーにも目を通してほしい。【森川拓男】 4月4日10時33分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000005-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 16:09/ この記事のURL
マイクロソフト、パートナー8社と中小企業向けのWindows 7移行支援策を展開 / 2010年04月05日(月)
 マイクロソフトは4月1日より、中小企業を対象にWindows 7の導入促進を目的とした施策「Windows 7へお手軽引っ越しキャンペーン」を開始した。ソフトウェア/ハードウェアベンダー8社がWindows 7の移行ソフトや搭載PCを割安で販売、同社がキャンペーン告知や営業活動のサポートなどを行う。

 マイクロソフトによると、中堅・中小企業におけるWindows 7の導入は順調に進んでいるものの、移行時のデータ移行やハードの買い替えに課題を抱えているという。そこで同社は、データ移行ソフトを扱うソフトベンダーと協力して、ソフトウェアの割り引き販売キャンペーンを展開。またハードベンダーとも組んで、Windows 7搭載PCの特別価格での提供など買い替えキャンペーンを支援する各種施策を打ち、中小企業におけるスムーズな環境移行を図る。

 キャンペーンを実施するソフトベンダーは、AOSテクノロジーズ、ジャングル、ソースネクストの3社。ハードベンダーは、NEC、エプソンダイレクト、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの5社。 4月3日19時1分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000016-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 15:37/ この記事のURL
米国 空港での入国審査強化策を発表 / 2010年04月05日(月)
ワシントン(CNN) 米政府当局が空港での入国審査時の検査を強化する。航空各社や他国政府当局に対して、潜在的なテロリストに関する「脅威に基づくリアルタイムの情報」を提供するという。昨年12月25日に起きたノースウエスト機での爆破テロ未遂事件を受けて、安全管理策の強化が検討されていた。

今回導入される施策では、これまでのイスラム諸国を中心とした14カ国の搭乗者に対する追加的な入国検査を廃止し、米運輸保安庁(TSA)が潜在的なテロリストの名前やパスポート番号の一部、これまでの渡航情報などを航空会社や他国当局に提供し、必要に応じて詳細検査を実施することが予定されている。搭乗禁止者リストの使用や、ランダムに選出した乗客に対する追加的検査といった現行の制度は継続される。

国土安全保障省のジャネット・ナポリターノ長官は、「一次検査以上に詳細な検査を実施する必要があるかどうかを判断するうえでは、新方式が有効だ」と説明している。

米情報機関は、脅威に基づく情報を基に、追加検査を実施する乗客を選び出す。当局関係者によれば、追加検査の対象者を特定するうえで、人種は材料とはなるが、具体的な特徴に加えて信頼性の高い情報が入手できている場合にのみ参考するという。

新しい方式では、航空会社や他国政府機関の協力が不可欠で、規定を遵守しない場合には罰則規定が適応されるという。だが、米当局関係者は、「飛行安全性の確保はむしろ航空会社や他国政府機関にとって有益なこと」と述べ、とくに懸念はないとしている。

ナポリターノ氏によれば、国連機関の国際民間航空機関(ICAO)がすべての国際空港を対象とした安全規約を定め、安全管理分野での連携が強化される可能性があるという。 4月4日19時30分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000011-cnn-int
 
   
Posted at 14:31/ この記事のURL
目の毒!?人気モデルのビアンカ・バイ、セクシーコスプレで「絶世の美女」に―台湾 / 2010年04月05日(月)
2010年4月2日、人気モデルのビアンカ・バイ(白[音欠]恵)が、オンラインゲーム「三国群英伝2」のCM撮影で、人気キャラのセクシーコスプレ姿を見せた。自由時報が伝えた。

キュートな美貌で男女を問わず人気のビアンカ・バイだが、このほどオンラインゲーム「三国群英伝2」のイメージキャラクターに。CM撮影では、ゲームのテーマになっている三国志演義に登場する絶世の美女「大喬」「貂蝉」のキャラに扮し、セクシーなコスプレ姿を披露した。

【その他の写真】

現在は出演中のドラマ「偸心大聖P.S.男」が、放送時間帯の視聴率1位を独走するなど、女優としても活躍中。多忙な仕事の中での貴重なオフは、家にひきこもってゲームをしているといい、「もともと三国群英伝の大ファンで、イメキャラに選ばれるのはすごくラッキー」とうれしそうに語っていた。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月5日0時32分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 12:58/ この記事のURL
【F1マレーシアGP】リザルト / 2010年04月05日(月)
F1マレーシアGP決勝、4日、セパン・サーキット(5.543km×56周=310.408km)

[関連写真]

リザルト
1:ベッテル(レッドブル)
2:ウェーバー(レッドブル)
3:ロズベルグ(メルセデスGP)
リタイア:小林可夢偉(ザウバー)

ドライバーズ・ランキング
1:マッサ(フェラーリ) 39
2:アロンソ(フェラーリ) 37
3:ベッテル(レッドブル) 37

コンストラクターズ・ランキング
1:フェラーリ 76
2:マクラーレン 66
3:レッドブル 61

《レスポンス 高木啓》

【4月4日22時57分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000006-rps-moto
 
   
Posted at 12:27/ この記事のURL
ラジオを知らない子供たち、radikoと出会う / 2010年04月05日(月)
 ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約240人のブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。今週はその中から「Twitter」「iPad」「電子書籍」「radiko」「iPhone」をテーマに紹介しよう。

 オルタナティブ・ブログでは、時事問題を取り上げるエントリーが多く見られる。今回、別々の話題ではあるが同じ問題を示唆しているエントリーがあったので、最初に取り上げよう。

 前者(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/post-bdf3.html)は国際的な問題となった「クロマグロ」、後者(http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2010/03/dualism-e4de.html)は東京都で論じられた「青少年育成条例改正案」について書かれたものだ。マグロ好きな筆者にとって注目すべき話題だ。どちらも結局は見送られたのでホッとしている人も多いだろうが、同様の案はこれからも提出されるだろうし、後者は継続審議となっている。

 ある事柄を禁止する人や反対する人にも、言い分はある。だがそれが極端に振れた時の恐さはどうだろう。大木氏が指摘したように、「一種類の生き物だけを取り上げるのはアンフェア」という気がする。筆者は、坂本氏が指摘した「二元論による詭弁」という考え方に同感した。

 Twitter上では、特定の意見ばかりが目に入ったり、一気に広がったりすることがある。興味のある人をフォローすれば自分と近しい考えのツイートが流れてくる。まったく相反する意見を持つ人をフォローをしなかったり、フォローから外してしまえば、自分と同じ意見が集まりやすく、それが世間一般の考えだと誤解してしまうこともある。

 Twitterは便利なツールだが、使い方次第で坂本氏が懸念するような事態に陥る可能性があることを念頭に入れるべきだ。読者はどう考えるだろうか。

 今回の「オルタナブログ通信」は、3月18〜24日にかけて「オルタナティブ・ブログ」へ投稿されたエントリーの中から、「Twitter」「iPad」「電子書籍」「radiko」「iPhone」といったキーワードに注目した。読者がオルタナティブ・ブログを読む際の参考にしていただければ幸いだ。

 1月2週以来続いていた投稿総数200エントリー超えが途切れた。投稿されたブログ数は変わりなかったが、4つ以上投稿をしたブログが減少したことからも分かるように、ブロガーも年度末でなかなか投稿できないようだ。

 その一方で、3月23日には荻澤篤志氏「赤狐がめぐる冒険」(http://blogs.itmedia.co.jp/cmssol/)と藤井正隆氏「中小企業と地域のブランディングで日本を元気に!」(http://blogs.itmedia.co.jp/brand_ing/)、3月24日には岩本幸男氏「岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」」(http://blogs.itmedia.co.jp/iwamotoy/)と北野達也氏「SS the WORLD」(http://blogs.itmedia.co.jp/sstheworld/)といったニューフェイスも登場した。新年度のスタートと新ブロガーの参加で、投稿状況がどうなっていくのかに注目したい。

 それでは3月18〜24日にオルタナブロガーがどのような話題に注目したのか、振り返ってみよう。

●何をツイートするとフォロワーが増えるのか?

 Twitterのビジネス活用について、さまざまな方法が試されている。注目したいのは、谷川耕一氏「むささびの視線」の町の理髪店にTwitterでお客さんを呼べるのか(http://blogs.itmedia.co.jp/musasabi/2010/03/twitter-4677.html)だ。果たして、この理髪店の挑戦は成功するだろうか。

 Twitterをビジネスで活用するからには、ある程度の影響力を期待する。一般の商店なら立地場所周辺というように範囲は狭くてもいいのかもしれないが、日本全国あるいは世界にプロモーションをしたい場合は別だ。自社のTwitter影響力を知りたいがはっきりしないという時に注目なのが、今泉大輔氏「シリアルイノベーション」のTwitter上の影響力を数値化するKlout Scoreの全容を解明してみた(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterklout-sc.html)で紹介されたサービスだ。やはり数値化されると分かりやすい。今泉大輔氏はさらに、Twitter影響力指数Klout Scoreの先にあるもの(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterklout--1.html)というエントリーも書いている。Twitterマーケティングを行おうとしている人や企業の参考になるだろう。

 ビジネス活用の側面が話題になってはいるが、やはり気軽にツイートできるツールとして活用している一般ユーザーが今日のTwitter隆盛の根底を支えていることは間違いないだろう。そういう意味で、大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」のTwitterの即時性とブロガーの関係性を春の白菜で再確認(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/twitter-1e1f.html)は、なかなか興味深かった。

 大木豊成氏がTwitterで何を呟くとフォロワーが増えるか、知りたい?(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/twitter-309a.html)で紹介したサービスもまた、興味深い。どのツイートでフォロワーが増えたり減ったりするのかが分かるもので、筆者も試しに自分のアカウントを見たところ、意外なツイートで増減しているのが分かった。ビジネス活用しているTwitterアカウントで試してみると、今後の方向性が見えてくるかもしれない。

●iPad向けKindleアプリ

 永井孝尚氏「永井孝尚のMM21」は、自著の全文PDFの無償公開を行い、それをTwitterで告知したらどうなるかという検証を行っている。

 結果は永井孝尚氏のエントリーを読んでいただきたい。また、これを受けて書かれた方波見豊氏「破壊的イノベーションでキャズム越え」の『戦略プロフェッショナルの心得』PDF版、通勤の合間に半分読みました。『朝のカフェで鍛える 実戦的マーケティング力』の売れ行きもUPするのでは?(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/pdf-3dfb.html)も合わせて読んでほしい。これから本格化すると言われる電子出版とリアル出版の行方を占うものになるかもしれない。

 林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」の今週の電子書籍ニュース(2010.3.15〜3.20)(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/pdf-3dfb.html)でも多くのニュースが紹介されているように、電子書籍に関する話題が旬である。政府と電子書籍と出版を取り巻く環境について(http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/03/post-2775.html)にもあるように、政府も動き始めている。中でも、発売が近付いているiPadが注目されているのは間違いなく、iPad用のKindleアプリが発表されたことで、iPadを電子書籍端末として見る向きからその動向がさらに注目されるようになった。

 斉藤徹氏も書いているように、iPad用の電子書籍アプリは他社からもリリースされる。電子書籍端末としての側面が高まるかどうかは、日本語対応がどうなるかによるだろうか。

 そのiPadの登場が近付いてきた。松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」のiPadをお迎えする準備:家庭&会社編(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/ipad-e91a.html)にあるような準備をしている人もいることだろう。

 既存メディアの電子化として話題になったのが、日本経済新聞の電子版。玉川岳郎氏「ニュータイプになろう!」は日経電子版、いよいよスタート(http://blogs.itmedia.co.jp/newtype/2010/03/post-4117.html)で早速取り上げ、さらに夕刊を早く読めることに対し、夕刊が3:30に読めるのは「買い」じゃないか?(http://blogs.itmedia.co.jp/newtype/2010/03/330-fcb5.html)と判断している。

 しかしこの電子版は、必ずしもすべてが見られるものではないことも判明している。佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」の日経電子版、連載小説は読めない(http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2010/03/post-5dd3.html)にあるように、連載小説は読めないという。これを楽しみにしている読者は、いまのところ紙の新聞を手にするしかないようだ。

●ラジオを知らない子供たち

 ラジオっ子であった筆者には驚きなのだが、松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」の「ラジオを知らない子供たち」はラジコをどう聞くのだろう(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/post-e2cd.html)によれば、ラジオを聞かない世代がいるという。AMステレオを長らく聞いてきた筆者は、受信機自体がほとんどない状態ではラジオを聞かない世代がいるのも仕方がないのかと残念に思う一方で、radikoによってAMステレオの素晴らしさを体験してもらえるのならば良かったとも思った。ただ、現状の試験ではエリアによって受信できる放送局が制限されているため、それ以外の地域の番組を聞けないとのことで残念だ。

 大木豊成氏は大手メディアは何を目指すべきかという考察をしているが、ちょうどNHKも特集をしていたようだ。廣江慈郎氏「モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ?」の激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜過去〜(http://blogs.itmedia.co.jp/jrx/2010/03/post-c534.html)や、渡辺俊雄氏「jargonaut」のNHK放送記念日特集「激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜」を見て感じたこと(http://blogs.itmedia.co.jp/jargonaut/2010/03/nhk-dfa5.html)でも紹介されているが、コメントを読むとすれ違いが目立った特集だったようだ。

●女性を感動させるiPhoneアプリは?

 携帯電話業界の旬は、iPhoneを始めとするスマートフォンと言えよう。アメリカのどのスマートフォンを買うかという調査に対して面白い結果が出たことが、末岡洋子氏「欧州の視点」のiPhoneユーザーの92%が買い換えるならiPhone、Blackberryユーザーは乗り換え希望?(http://blogs.itmedia.co.jp/eu/2010/03/iphone92iphoneb.html)で紹介された。iPhoneやAndroidユーザーの満足度が高いことがうかがえる。果たして、日本で同じ調査をしたらどうなるだろうか。

 とはいえ、iPhoneに乗り換えられない人もいる。東大史氏「ITは手段、エコは目的。」のiPhoneでFeliCaカードの読み書きができる ケース型電子決済ソリューション(http://blogs.itmedia.co.jp/ecobrand/2010/03/iphonefelica-cb.html)にあるように、電子マネーに対応していないことはその1つだ。

 加山恵美氏「C'est la vie」の数分で女性に「iPhoneスゴイ!」と感動させるアプリでは、女性がiPhoneをすごいと思うアプリ(http://blogs.itmedia.co.jp/emie/2010/03/iphone-64a9.html)を紹介してくれた。これはなかなか面白い傾向だ。

 iPhoneにも不具合がある。オルタナブロガーから各種報告されているので、同様の症状がある人は参考にしてほしい。

 いよいよ登場したXperiaにも注目だ。方波見豊氏「破壊的イノベーションでキャズム越え」の4月1日の発売開始および今日からの正式な予約開始が発表されたソニー・エリクソン『Xperia』を予約してきました+ファンによる非公式サイト『XPERIA FAN』もオープン #Xperia(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/41xperiaxperia-.html)、Androidデビュー(ソニーエリクソン Xperia発売開始)まで、あと約1週間となりました。 #Xperia
(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2010/03/android1xperia-.html)と取り上げられている。その後の報告では4月1日に無事入手した模様。読者も、手に取っただろうか。

 以上、3月18〜24日にかけてオルタナティブ・ブログへ投稿されたエントリーの中から紹介させていただいた。本稿からオルタナティブ・ブログに興味を持たれたならば、ぜひほかのエントリーにも目を通してほしい。【森川拓男】 4月4日10時33分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000005-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 11:26/ この記事のURL
毛槍飛び、忍者もジャンプ 福知山お城まつり / 2010年04月05日(月)
 春の丹波を華やかに盛り上げる「福知山お城まつり」は会期2日目となる4日、青空が広がる行楽日和に恵まれ大勢の人が繰り出した。

 主会場の福知山市御霊公園では地元の各種団体が音楽演奏や踊りなど様々なステージ発表をし、歩行者天国となった広小路通りは多くの親子連れらで埋まった。
 
 クライマックスは19団体が趣向を凝らした発表をしながら広小路を行進するフィナーレパレード。陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員たちによる勇壮な毛槍(けやり)回しや、アクション映画さながらの忍者対決もあり、にぎわった。

【4月4日16時18分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000304-rtn-l26
 
   
Posted at 10:28/ この記事のURL
米国 空港での入国審査強化策を発表 / 2010年04月05日(月)
ワシントン(CNN) 米政府当局が空港での入国審査時の検査を強化する。航空各社や他国政府当局に対して、潜在的なテロリストに関する「脅威に基づくリアルタイムの情報」を提供するという。昨年12月25日に起きたノースウエスト機での爆破テロ未遂事件を受けて、安全管理策の強化が検討されていた。

今回導入される施策では、これまでのイスラム諸国を中心とした14カ国の搭乗者に対する追加的な入国検査を廃止し、米運輸保安庁(TSA)が潜在的なテロリストの名前やパスポート番号の一部、これまでの渡航情報などを航空会社や他国当局に提供し、必要に応じて詳細検査を実施することが予定されている。搭乗禁止者リストの使用や、ランダムに選出した乗客に対する追加的検査といった現行の制度は継続される。

国土安全保障省のジャネット・ナポリターノ長官は、「一次検査以上に詳細な検査を実施する必要があるかどうかを判断するうえでは、新方式が有効だ」と説明している。

米情報機関は、脅威に基づく情報を基に、追加検査を実施する乗客を選び出す。当局関係者によれば、追加検査の対象者を特定するうえで、人種は材料とはなるが、具体的な特徴に加えて信頼性の高い情報が入手できている場合にのみ参考するという。

新しい方式では、航空会社や他国政府機関の協力が不可欠で、規定を遵守しない場合には罰則規定が適応されるという。だが、米当局関係者は、「飛行安全性の確保はむしろ航空会社や他国政府機関にとって有益なこと」と述べ、とくに懸念はないとしている。

ナポリターノ氏によれば、国連機関の国際民間航空機関(ICAO)がすべての国際空港を対象とした安全規約を定め、安全管理分野での連携が強化される可能性があるという。 4月4日19時30分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000011-cnn-int
 
   
Posted at 09:58/ この記事のURL
任天堂、「競合他社は恐れていません」と言い切る / 2010年03月04日(木)
iPadへの強気コメントもありましたね。


<url name="【任天堂、「競合他社は恐れていません」と言い切る】" url="http://www.gizmodo.jp/2010/03/post_6813.html">


Wii、Nintendo DSとここ数年勝ち組を続けてきた任天堂。先日はアメリカでもNintendo DSi XLを発表しました。この勢いがいつまで続くのか、ウォールストリートジャーナルが、任天堂アメリカの社長レジー・フィルズエイム氏にインタビューしています。

Q : Nintendo DSi XL発表の際に、ソフトウェアとしてレシピ集「America's Test Kitchen」と「100 Classic Books」のふたつを紹介されましたね。Nintendo DSは、より幅広いエンターテイメント機器として位置づけようとされてるのでしょうか?

A : これまでもつねにWiiもDSも、エンターテイメント・プラットフォームとして位置づけてきました。たとえばBrain Age(訳注:日本の「脳トレ」北米版)やBrain Age2は、従来のゲームとは一線を画したものでした。このようにしてユーザー基盤を拡大する方向性はこれからも継続します。


[WSJ]

matt buchanan(miho)

【3月3日12時18分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100303-00000302-giz-ent
 
   
Posted at 14:25/ この記事のURL
アパート 賃貸 / 2010年02月24日(水)
【送料無料・翌日出荷】安心の低ホルマリンタイプウッドカーペット 江戸間6帖 低ホルマリン 260×350cm アジアン
フローリングカーペット江戸間6畳【ECO】 ポイント シックハウスの原因物質ホルムアルデヒドをFC0レベルまで抑えた低ホルマリンタイプ。体にも環境にも優しいワンランク上の製品です。 高品質で材肌が美しく、程よく弾力のある天然オーク材を採用しています。人と環境に優しいECOタイプで和室も洋風に簡単リフォーム♪ もちろん送料無料の表示価格ズバリでお届けします。お買得です。 寸法(cm) 江戸間6帖(約260×350cm) 板幅:約5.0cm 厚み:約5.8mm ※角は半径約1.5cmの丸み加工 重量 約33.7kg 材質 天然オーク(3層合板) ※F☆☆☆☆とはJAS規格「ホルムアルデヒド放散量平均値0.3mg/L以下」の最上級基準値 塗装 【ウレタン樹脂塗装】 表面は塗膜の厚いウレタン塗装を施してありますので安心、長持ち。表面を保護し傷や汚れから守ります。 産地 安心のインドネシア自社工場製
中古流通、今後60万戸で横ばいに 住宅・不動産市場研究会
... その30歳代の増加が続いているためとしている。 同研究会の調査は、不動産取得税の件数をもとにしたもので、個人と法人の持家系住宅、さらに賃貸(棟数)売買件数が対象となる。1年間に複数回取引されたもの ...
2月2日(火) 18時4分 - 産業(住宅新報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000003-jsn-ind

ヘタな経済書より名作に学べ 金と相場 /鍋島 高明 著 [本]
【セブン-イレブンで24時間受取りOK・送料0円!】 著者/訳者名:鍋島 高明 著 出版社名:五台山書房 発売所名:河出書房新社 発行年月:2004年06月 関連キーワード:ヘタ ナ ケイザイシヨ ヨリ メイサク ニ マナベ カネ ト ソウバ へた な けいざいしよ より めいさく に まなべ かね と そうば、 ナベシマ タカハル なべしま たかはる、 ゴダイサンシヨボウ カワデシヨボウシンシヤ 0961 ごだいさんしよぼう かわでしよぼうしんしや 0961 古今東西52編が語るマネー&相場。
第1部 マネー(『イソップ寓話集』(中務哲郎訳)-富の神「ヘルメス」は貪欲が大嫌いナーラーヤナ著『ヒトーパデーシャ処世の教え』(金倉円照・北川秀則訳)-インド人が教える「富者の富」井原西鶴著『日本永代蔵』-金銀ためるべし、命の親なり『フランクリン自伝』(松本禎一・西川正身訳)-勤勉、節約、誠実…十三の徳を実行スマイルズ著『西国立志編』(中村正直訳)-節約を貴び、借金を嫌い、吝嗇を排す ほか)第2部 相場(エミール・ゾラ著
IMF、金売却計画で残り191.3トンを市場で売却開始へ
... 価格に基づくとの考えを示した。 フォレックス・ドット・コムの為替ストラテジストは、市場はIMFによる金売却を織り込み済みだったため、発表を受けた金相場の下落は反射的な反応で、中期的には大きな影響はない ...
2月18日(木) 11時33分 - 海外総合(ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000468-reu-int
 
   
Posted at 08:09/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
Powered by yaplog!