映画やTVドラマの個人的感想を綴る。出演者感想も加わるミーハー的なブログ。

クロサギ 第2話 / 2006年04月22日(土)
『友達の姉は結婚詐欺』


今週は無事に全てを観ることができました!
富豪刑事と少しかぶっていたので
スゴ録ちゃんの方では失敗していたんだけど、PCの方でなんとか成功していました。
今回も失敗してたら立ち直れないところだったわ(; ̄ー ̄A アセアセ・

ええと、結婚詐欺でしたね。

学生時代の友達の姉が、シロサギを兼ね備えた?アカサギ。
慶ちゃんも演技下手くそだよね・・・あおいの時にわかってたけど(苦笑)
そしてやっぱり一重が気になる映えるね〜(爆)

今回の黒崎の服装は、どういう作戦でああなったのかよくわからなかった。
相手がどう出るか、先の先を見越して作戦を練っているんだろうけど
頭の悪い私にとっては、黒崎の語りのひとつもなくちゃ難しいわ・・・
真珠ちゃんが相変わらず怖いんだけど下手くそだし<関係ナイネ

要するに、お金持ちのボンボンを演じてたの?

じゃあさ、靴だけ薄汚れたものを選んだのはどうして?

どうしてもそこがわかりません(涙)


しかしさ、詐欺師と刑事が近付きすぎじゃないの?
あんなんじゃ、すぐ捕まってもおかしくないくらいじゃん。
黒崎は証拠を掴まれるようなヘマはそうそうしないんだろうけど
クロサギを張っていると必ず詐欺師がいる、って言ってるくせに
やっぱ四六時中張っているわけでもないんだよね(笑)

本当に捕まえたかったら、一時も離れず張っているんじゃないの?
それを切り抜けていくスリル感を楽しめるくらい
黒埼にはクールにかっこよく動き回ってほしいな〜なんて。


努ちゃんは漬物作り下手くそなのね(爆)

 
 
Posted at 23:42 / [2006春クール]TBS クロサギ他 / この記事のURL
コメント(5)
トップキャスター 第1話 / 2006年04月21日(金)
『嵐を呼ぶオンナ』


天海さん大好きなので、それだけで楽しめます
いつもいつも違った役を演じきっていて
過去の作品のイメージとかぶるってことがございません。
今回は髪を短くされて、きりりとしたイメージですね。
それにしても、あのスタイルの良さにあやかりたいわ・・・(涙)

谷原さんが、今回はいや〜な役どころ?
過去に何があったんでしょうね。
これから次第に明かされていくんだろうけどね。

個人的には、玉木宏の天然ボケ役がちょっと苦手(;≡_≡)ううう…
どうも彼は、かっこつけてる役のイメージが強すぎて
しょっぱなのシーンには、正直引きましたよ・・・
田丸麻紀ちゃんが父の後妻役で彼のママだったけど
彼女はいつになく明るい屈託のない役でいい感じでした。

ええと、少し前の話題の女優といえば矢田ちゃんですが
彼女は結構好きだったんだけどね、やっぱあれ以来見る目変わったわ。
連ドラに出ている以上、溺れきってるわけではなさそうですが
例の彼との恋話は、かなり衝撃的だったということ。
他人の恋愛とやかく言う資格はないけれど
芸能人ってやっぱ、イメージって大切だと思うのよね。
可愛さは相変わらず健在なので、ドラマは楽しめそうですが。

大路恵美ちゃん老けたね。

って、年下の彼女のことを言えるような立場じゃないけれど(苦笑)
幸薄そうな役がいつもお似合いで・・・おっと失礼失礼。
どうも小梅のイメージが抜け切らなくて(笑)
パンダがまさか、あんな展開になっていくとは思いもせず。
相当無理矢理な感じがしましたが
コミカルな部分を組み入れたドラマだからなのでしょうか。
まぁドラマなんで、カチっと難いものより好みだけどね。

 
 
Posted at 21:25 / [2006春クール]フジ トップキャスター他 / この記事のURL
コメント(0)
唐沢寿明@メントレG / 2006年04月19日(水)
いやー笑った!やっぱ唐沢さんはおもしろいよ!
ゲーム機をインテリアと思いこまされてる奥様の天然っぷりも然り(爆)

私は奥様が大好きだったんだよね〜今でも好きだけど。
そんなに興味のなかった唐沢さんと結婚したときは
ちょっとショックな気分だったんだけど、まさかこんなにおもしろい人だとは。

おかげで、 ←この本まで読んじゃったわよ(笑)


でもさ、今回のメントレGスペシャルを観れば、
この本に書かれていることが大体わかったっていうか・・・
細かな部分は、本でしか読めないかもしれないけど
唐沢寿明の下積み時代を簡単に把握するには、TVで十分だったかも。

なんてったって、お宝映像満載だったもんね(爆)

一般のサラリーマンのふりして、TVに出てたのには驚いたね。
もうとにかく、TVに映れるなら何でもいいみたいな。
松岡と飲み友達とは初耳だったな〜
2人の初対面話も、最高に笑わせて頂きましたよ。

偉そうにしてる風だけどそうじゃない、話上手な人っていいな。

それでもゲーム中は無言なのね(笑)

あ、そうそう。唐沢さんの愛車もすごかったね。
私は車のことには疎いからよくわからんけど
うちの旦那が好きそうだな〜と思って見せてあげたら
!!!って顔して、自分の部屋へ戻って何か持ってきた。

唐沢さんの愛車と同じラジコン(爆)

売ったらすごく高くつくらしいよ、売らないけどね。

と、憎たらしい笑みを見せつけていた。つーか、売れよ!
唐沢さんが売ってくれって言ったら売るかな、とほざいていた。
つーか、既に持ってるだろうよ!

 
 
Posted at 12:02 / [その他]俳優・女優 / この記事のURL
コメント(0)
赤い奇跡 前編後編 / 2006年04月18日(火)
うーん長かった(笑)

深キョンの演技って、いつ見ても同じに見えるな〜
好きでもなく嫌いでもなく・・・どちらかと言えば好きに近いのかも。
なんだかんだで観てしまうし、ムカつくっていうキャラではないからね。
但し、今回のこのドラマがいくらフィギュアがテーマとはいえ
深キョンはそこまでできないんだから滑ってるシーンはいらなかったかな・・・
そのシーンだけは、妙に寒気がしてダメでしたわ。

昔のドラマってこんな感じだったのか。

てゆーか、深キョンだからだと思うんだけど
どうしても彼女のおとぼけなイメージが邪魔して
大きな試練を抱えて頑張るヒロインって感じが伝わらないのよね。

そして徳重くんですが。

彼もね、結局のところいつも同じ演技に見えてきちゃったわ(笑)
基本的に好きなので、文句も愛情のひとつに変わるんだけどね。
長身な彼が、にこっと爽やかな笑顔を見せてくれるだけで
おばちゃんは胸キュンものですから。

物語について・・・

特に感想なし?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

あ、うのちゃんが鬱陶しかった(苦笑)


 
 
Posted at 22:58 / [SPドラマ]いろいろ / この記事のURL
コメント(0)
Happy! / 2006年04月16日(日)
またまたカツンから出演していました!

「がんばっていきまっしょい」で、途中から中田三郎を演じた田口淳之介が。
どうしてなかなかいい演技・・・とは決して言えない大根っぷり(爆)
かっこいいにはかっこいいけど、お世辞にも演技が上手いと言えない・・・
王子オーラはかもし出してるけれど、ちょっとギャグっぽくなってしまうあたり、
演技だとわかっていても、ダジャレ好きなじゅんのだけに
普段さぶーいダジャレを言う姿とかぶって見えたというか( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

主役の海野幸を演じた相武紗季ちゃんも、
「がんばっていきまっしょい」で矢野利絵として出演していたんだよね。
こんな形で共演することになるなんてね。結構可愛いし嫌いじゃないな。

原作のコミック、読んだことがあるようなないような・・・
イラストを見る限り、多分読んだことがあると思うのに
ストーリーが全く記憶にないあたり、読んでないのかもしれない(笑)

ソープの店長に浜ちゃんだったり、新コーチが鶴瓶だったり
なんだかすごいドラマだったな〜
花江VS唄子がなんといっても一番のみどころだったかも!
渡辺えり子さんの不気味な笑いが最高!!

明らかに連ドラ化しそうな感じのラストだったよ?
鶴瓶に仕込まれながら、借金返済に励むストーリーを観れる日も近い!?
小林麻央のかん高い声がすごく耳障りなんだけど
このドラマの竜ヶ崎蝶子役に関しては、いい味出してたんじゃない?
あれくらいクセがあった方が、憎たらしさ倍増するもの(笑)

しかし、麻耶と姉妹だったとは・・・

って、知るの遅すぎですか?

わかってしまえば、顔も声もそっくりだもの!(爆)

 
 
Posted at 14:37 / [SPドラマ]いろいろ / この記事のURL
コメント(0)
たくさんの愛をありがとう / 2006年04月16日(日)
ドラマコンプレックス 『たくさんの愛をありがとう』


実話を元にされた作品ということで、いつも通り真剣に観ました。
桃井さんが好きなこともあって、すごくスムーズに入り込めたドラマ。
病気絡みな上に、余命1年という短い時間の中で、
スクールカウンセラーに生涯を託した女性のお話なので暗いです(笑)
でも、静かなテンポで進む中、先間先生の心の変化がよくわかった気がします。

死を受け入れるまで、自分が死ぬということに納得できるまで
先間先生は治療を放棄し、足を切断してまで生徒のために走り回る。
スクールカウンセラーって難しい職業だよね。
入り込みすぎず、生徒の話を真剣に聞き入れつつアドバイスする、
簡単そうに思えることかもしれないけど
心のケアほど、難しいものはないだろうな。
子供たちと同じように、親へのケアも必須なんだもんね。
私には到底できそうにない職業です(苦笑)

敏子がようやく死を実感したシーンは本当に泣けました。

無口な夫は寝たふりを続け、その隣で心の内をぶつける敏子。
死にたくない、お父さん助けて、と子供のように泣きじゃくる。
ご主人もさぞ辛かったことでしょう・・・
生涯共に過ごすと決めた大切な人の死は、言葉で表現できない悲しみだよね。
夫婦間の会話がほとんどなかったけれど、
夫婦が互いに、相手のことを理解している素晴らしいご夫婦でした。
敏子が一方的に喋っていることが多かったようで(笑)
夫からの返答がなくても、それはそれでいい夫婦だったのでしょう。

一人息子は健気に両親のサポートをしていました。
これまた涙を誘われるって!
夫婦の空気がいいと、親子の空気も良くなるものだね。

ユーイング肉腫、詳しいことはわからないけど
難病って、どうして次から次へと出てくるんだろう・・・
医療がどんなに発達したって、わけもわからぬ難病が増え続けるんだもの。
ものすごく低い確率で、世界中の誰かがそういう難病にかかる。
もう、言葉では言い表せないくらい切ない事実。
不治の病なんて、この世から全てなくなればいいのに。


 
 
Posted at 13:56 / [SPドラマ]いろいろ / この記事のURL
コメント(0)
てるてるあした 第1話 / 2006年04月16日(日)
『性悪娘と未亡人!!』


「雨と夢のあとに」と同じスタッフですって?
出演も黒川智花&木村多江がまったく同じ?
この時間帯は、連続ドラマのチェック枠からはずれてることが多くて
前作の「時効警察」も観ず終い・・・
でもおもしろかったらしいじゃん?

ってことで、今回は初回を逃さないように頑張った(笑)
初回を逃しちゃうと、全て放棄しちゃうクセがあるもんで。

雨夢もね、TV雑誌でチェックはしたものの
黒川智花ちゃんが主演ってことに、ちょっと戸惑いがあったというか。
彼女の演技が上手なのかどうかよくわからなかった上に
その前の「逃亡者」での悪い役のイメージが強くて
なんとなく敬遠しちゃってた感じかな。
更に前の「電池が切れるまで」の時も、最初はカチンとくる役柄だったよね?
自然とむかつく女の子というか(笑)
でも、それだけ演技力があるってことなのよね。
観てるこっちが本当にむかつくくらいに。

で、前クールの「ガチバカ!」での演技を期待していたんだけど
予想以上に大人しく終わってしまったというか・・・ちょっと残念だったのよ。

だけど今回の「てるてるあした」はいいね!この子やっぱりうまい!

ひとつひとつのシーンで、表情ひとつを見逃さないように見入ってたけど
自然な演技で大根さなんて全く感じさせず、コロコロと変わる表情が可愛かった。
木村多江さんはいつもと変わらない役どころ?
彼女のイメージって、弱弱しいか不気味かのどちらかだよね(笑)


 
 
Posted at 01:48 / [2006春クール]テレ朝 てるてるあした他 / この記事のURL
コメント(0)
クロサギ 第1話 / 2006年04月15日(土)
『詐欺師を騙す詐欺』


今クール1番に期待し、とても楽しみにしていたドラマなの。
山Pの棒読み演技が心配になりつつも
物語的にはとても楽しめそうで、放送を心待ちにしていた。

それなのに・・・


野球延長未対応だったよ(TT▽TT)


PCの方は仕方ないにしても、HDDレコーダーは自動で反映されるはずなのに
なぜかこれだけは反映されていなかったーーー!!
予約するのが早すぎたのか!?
2種類の機器で録画してるにも関わらず、どっちも失敗とは情けない・・・


さて、悔しさをぶつけるのはこのへんにして(苦笑)

予想通りにわくわくしちゃうドラマでした!

山Pが彰の面影のままだとか
信子が氷柱に変わって普通に喋ってるだとか
アミーゴと同じ人が作った主題歌はセニョリータだとか
「職業は詐欺師だ!」の語尾にっちゃ!と空耳が聞こえたりだとか
翔さんが刑事役には見えないだとか

そんなことはもうどうでもいいくらいに気に入ったよ!!

でも後半が観れてないのよね・・・
こんなに悔しいこともないわっ!
たかがドラマ、されどドラマですからっ!
友達は録画してるかなぁ…トオイメ(≡ω≡)


 
 
Posted at 20:50 / [2006春クール]TBS クロサギ他 / この記事のURL
コメント(0)
医龍 第1話 / 2006年04月15日(土)
『神の手を持つ男』


はい、キャスト的にもドラマ的にも期待大だったドラマですけども。
原作はいつもの如く一切知りませんが
思っていたよりは期待外れだったという感じが・・・
いやね、きっとすごくおもしろいんだろうと思うのよ。
主演の坂口憲二は好きだし、なんてったって北村さんも出てるし。
医療ものってはずさないだろうという概念が強すぎたのか、
物語的には悪くないと思うんだけど、何しろ主演の演技がね(苦笑)

好きなんだけど、龍太郎を演じる坂口が少々・・・

好きなんだけど、棒読み的なところは否めず・・・

好きなんだけど、せっかくのドラマの楽しみが半減っていうか・・・

ああっ!もう!!

坂口ちゃんは、「恋のチカラ」の時のような
おちゃらけつつも、クールな表情を見せちゃいますってぐらいがいいのよ!
だから、普段は明るいテンションで周囲を盛り上げたり
たまには小ばかにしちゃったりしつつも
手術になると人格が変わる!ってくらいが良かったな〜と。
はい、個人的希望ですけども(苦笑)
ラリラリ状態だった阿部サダヲさんが、そんな役柄らしいじゃないの。
それはそれで楽しみだったりするけど。

なんだかテンションが上がらなかったのよね。
テンポも悪かったっていうか、おお!って盛り上がりに欠ける。
第1話だから仕方ないのかもしれないけど
やっぱり坂口ちゃんは、終始クールな役だと似合わない!
てゆーか、棒読みがバレバレになっちゃう(笑)
「愛するために愛されたい」の時もしらけちゃったんだから・・・
周囲の役者さんたちに期待するしかありませんか?


 
 
Posted at 16:49 / [2006春クール]フジ トップキャスター他 / この記事のURL
コメント(0)
弁護士のくず 第1話 / 2006年04月15日(土)
『踊るセクハラ裁判』


これも期待していなかったドラマのひとつ。
トヨエツの演技は嫌いじゃないし、伊藤くんと高島さんが好きなので
キャスト的には満足できそうな感じではいたの。
でもコメディだと知って、トヨエツと伊藤くんがパンツ姿な写真を見た時に
こりゃあ、期待しないほうがいいかもしれない・・・と思ったんだよね。
「海猿」で観た、伊藤くんのコミカルシーンはつぼだったけど
この弁護士ドラマで、どんなアホさを観れるというのか!?って不安だったわけ。

要はトヨエツだけがコミカルなのね(笑)

くるくるパーマに真っ赤な頬。
あの容姿には、きっと最後まで見慣れることはないだろうけど
インパクトはかなり大だわね!絶対に忘れないもの(爆)
ああやって、普段おちゃらけてるくせに
仕事では頭が切れる役って結構好きなんで
今後も期待できそうなドラマかな〜って感じで気持ちが変わったよ。
きっと伊藤くんも感化されて、コミカルなシーンが次第に増えそうだし(笑)
なんだか相性がよさそうな感じで楽しみかも。

物語で語るならば、今までの弁護士ものとは違う感じかな?
卑怯な手を使っても証拠を掴むとか、
勝つためには手段を選ばないような弁護士の設定って多かったけど
今回のように遊びながらも証拠を掴むって感じは
まさに新鮮な気持ちで観られて楽しめそう。

今クール、期待していなかったドラマが当たりのような・・・

ってことはだよ?期待していたドラマがはずれ!?

それもイヤだな( ̄⊥ ̄lll)ウーン・・・

 
 
Posted at 14:40 / [2006春クール]TBS クロサギ他 / この記事のURL
コメント(0)
P R
Otock!!クーポン


野ブタ。をプロデュースで登場
幸運を運ぶブタ

2006年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
書いてる人
まぴママ 30代
ミーハー主婦
mapimama's room
月別アーカイブ
最新トラックバック
TBピープル
  • 『ドラマ好き集まれ!』

  • 『 I LOVE ドラマ』

  • 『テレビ』

  • 『映画』

ドリコムRSS

素材屋さん
  • 素材屋405番地さんから
    お借りしてカスタマイズしています☆

  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.