コミックバトン 

2005年08月25日(木) 19時25分
ミクシとblogでダリョくんとセリンから回ってきたー。
けど、ずっと止めてた・・・ごめん・・・。
naoのオタクっぷりがばれる!?Σ(゜Д゜;)
2人の内容がちょっと違ってたから
先にくれたダリョくんのほうにあわせてマス。


★Q1:あなたのコミックの所持数は?
 うーん? 
 数え切れないくらい。
 本棚からハミダシたり人のうちに遊びにいったりしている。

★Q2:今面白いコミックは?
 鋼の錬金術師/荒川弘
 ガンガンコミックて、いい年こいて恥ずかしい「(´n`)
 けど読めば読むほど深くてはまるーーー
 続きが気になるーーー

★Q3:最後に買ったコミックは?
 平凡ポンチ/ジョージ朝倉 3巻

★Q4:よく読む、または思い入れのある5つのコミックは?
 ・鋼の錬金術師/荒川弘 
 ・NANA/矢沢あい 最近ちょっと社会現象気味で困る? シン&レイラが好きー
 ・DEATH NOTE /小畑健,大場つぐみ でも始まったころの勢いがまたほしーなー
 ・20世紀少年/浦沢直樹 PRUTOと迷ったけど浦沢最高傑作!
 ・高校デビュー/河原和音 少女マンガあんま読まないけど・・・ヨウが好きー

★次に廻す5人
 ミクシ
 ・ニン先輩
 ・ゆきりん(マンガ読むっけ?)
 ・じょーん
 ・hiroちゃん
 blog
 ・ハメちゃん


で、お願いしまーす。
ヒマなときにかいてね☆

働きマン 

2005年07月24日(日) 16時52分
★★★★★
----------------------------------------------
□作者:安野モヨコ
□出版:モーニングKC
----------------------------------------------
□きっかけ:モヨたん好きだので。
リブロにて。
----------------------------------------------
□読んだ日:2005/7/24
□読んだ所:地下鉄、カフェ
========================================
週刊誌の編集部で働く
働きマン・松方弘子(主人公)が
職場やら年齢やらキレキャラなとこが
自分とかぶるところが多くて
ものすごく感情移入。

働く女(男もね)はかっこいいな〜。
松方みたいになりたいな〜と
つくづく思う。
モヨたんから世の働きマンへの
がんばれのメッセージをひしひし感じる。
仕事に疲れたときに
前向きにさせてもらえます!!

兄・ダリョ ブログヽ(=´▽`=)ノ 

2005年07月12日(火) 19時08分
兄・ダリョ ブログヽ(=´▽`=)ノ
□作者:兄・ダリョくん
□きっかけ:ヤプログ?Tピックアップブログ?U
========================================
小学4年生の兄・ダリョくんの毎日。

最近の小学生ってば、何を考えてるのかね?
とちょっと意地悪な気持ちで覗いてみたら・・・

書きつづる気持ちといい、
顔文字とか絵文字とかの使い方といい
とにかくとってもかわいい。いいコだー
最近、PCが壊れて
おかあさんのPCから更新しているそうです。

「けしチン」のネタがおねーさんはダイスキですよ

決意表明? 

2005年07月12日(火) 19時07分
1カ月くらいさぼったので今日から仕切直し!!
そしてblogのお気に入りも
レビュー(トラバとも言う)してみようかと

レビュー滞納中 2005/6/15 

2005年06月15日(水) 20時27分
仕事が全然終わりません。
ので、メモメモ
ここのとこメモ続き。

小説
「顔に降りかかる雨」
「天使に見捨てられた夜」
「弥勒の手」
「分身」再
「片想い」再
「手紙」再

マンガ
「ホムンクルス」
「少年少女ロマンス」
「ギャラリーフェイク」

もう2〜3読んだ気がするけど
・・・キオクにないなぁ。
思い出したら。


全く関係ないんだけど、
古田選手のblogに花田家の話題が。
確かに、ワイドショーとか報道番組とかにかかわらず
最近の過剰報道? マスコミの情報操作に
みんなが踊らされすぎですね。。。
花田家の問題だけでなくいろいろと。
もっと知らなきゃいけない問題とか
自分自身で考えなきゃいけないこととか
いっぱいあると思うのだけどね。
だからテレビは苦手。なんだかな〜と。

まあわたしも踊らされてるし。いいか。

ごめんなさい 

2005年06月06日(月) 14時01分

えー・・・
ひさしぶりに・・・ヤラレタ・・・
前出の借り物の本です。
読んだまま寝た私が悪いです。
ビリビリする音で目覚めたら
こうなってました。
そして本人(犬?)知らんぷり。

小さい頃はよく、ママンの本棚を
荒らしてたな〜と懐かしみつつ、
人の本なのでショック倍増。

・・・ユキリンごめんなさい
ちゃんと、同じのを買ってきましたので
ユルシテ・・・。

おもしろいのを借りれた 

2005年06月04日(土) 13時58分
忙しくて本屋に行くヒマもなく
読む本ねぇ〜・・・と・・・
雑紙読んだり前におもしろかったのを読み返したりしてたら
ユキリンがおすすめミステリを(2冊!)持ってきてくれた。
1冊目の半分くらいまで読んだけど・・・いい!!

たぶん今日明日中に残りを読んじゃうなー

私がかしてた「殺戮に至る病」も
おもしろかったそうで。ヨカッタ。
持ってきた甲斐があったよ。






あ。

日本勝ったね!!
いろいろ一安心。満男サイコー
次の北朝鮮戦で決めちゃってほしいなー。

卒業-雪月花殺人ゲーム- 

2005年06月02日(木) 13時55分

★★★☆☆
----------------------------------------------
□作者:東野圭吾
□出版:講談社
----------------------------------------------
□きっかけ:リブロにて
----------------------------------------------
□読んだ日:2005/6/1
□読んだ所:地下鉄、おふろ
========================================
表紙のイラストに抵抗(時代?)を感じて
なかなか手にとらなかった作品。
でも、開いてみると加賀恭一郎・初登場。しかも大学時代。
とそれだけで読書欲がアップ。

しかし、トリックが難解。
密室や、雪月花の図が出てきたあたりで
謎解きを諦めて傍観者的な気持ちで読んだ。
・・・・・・ダメじゃん。
まあトリックは、定評があるので。
さすがに緻密に練られていて、読んで納得。

この方の、学生シリーズ(?)に共通するのが
動機がいまいちだなぁと、いうこと。
そんなことで学生が人を殺さないでしょ?
とツッコミ入れてみたり。
まあ、トリック優先だので仕方ないかな。

そして東野作品を何作もこなしてきただけあって
独特の、細やかな伏線の張り方にだいぶ慣れてきた。
ここがあとでつながるんだろうと思っていると、
大抵、つながる。それが、快感。
このあたりで、最初の頃に読んだものを読んでみるのも
新しい発見があっておもしろいかも☆

ピース オブ ケイク 

2005年05月31日(火) 13時11分

★★★★★
----------------------------------------------
□作者:ジョージ浅倉
□出版:祥伝社
----------------------------------------------
□きっかけ:ローソンにて
----------------------------------------------
□読んだ日:2005/5/22
□読んだ所:地下鉄
========================================
この人が笑うんだから
世の中はステキだ
私の歪さなんか
関係無くステキだった

わたしのジョージデビュー作。
なので思い入れもひとしお。

2巻、待ちわびてたよー。

しの、店長、あかりさん、てんちゃん、
どのキャラもいい感じにこゆくてすき。
破天荒なんだけどせつない。
ハイテンションぶりと心理描写(?)は
さすがジョージ。
こんな展開ねーべ、と思うんだけど
なぜか共感しちゃうのだよね。。。

にほんブログ村 新着ブログ 

2005年05月30日(月) 12時25分
・・・なんでか「にほんブログ村 新着ブログ」の
書評サイトにとりあげていただき
トラバしてもらっちゃいました

これからもがんばって「書評」書きます。
いやがんばるとこけるので
自分なりにそれなりに書きます。
とりあえずまたしばらくさぼってるので
たまってきたよ。。。