世田谷区で子宮がん検診を受けようと思...

September 08 [Thu], 2011, 7:20


Q. 世田谷区で子宮がん検診を受けようと思っていますが、お勧めの医院がありましたら教えて頂きたいです。

A. どこで受けても。細胞自体は検査機関に出されます、手術とかされるなら病院も探さなければいけませんが・・・・

» 詳細



Q. 目について、質問ですが。2〜3日前から右目が充血したり、上の方が痛かったので、昨日、近くの眼科に行きました。診察の前に視力や眼圧の検査をしたのですが、眼圧が、通常の3倍の数値とのことで、すぐに、点滴(ダイアモックス)を30分して再検査をしたところ,40までは、下がりました。でもまだ高いので、ダイアモックス錠,チモブト―ル点眼液、トルソプト点眼液をもらいました。また、明日行って、眼圧が40以上なら、また、点滴だそうです。そこで、質問ですが診察の時に、先生が眼圧が40以上が5日継いたら、失明しますと、言ってい

A. 慢性緑内障の40代男性です。質問者さんは、症状からすると「急性緑内障」の発作が起きたんですね。緑内障は、「眼圧」(眼球内を満たしている「房水」の圧力)が高すぎることによって、視神経が圧迫されて壊死し、その結果として視野が欠損する病気です。急性緑内障では、ものすごく眼圧が高くなるため、治療せずに放置すると、下手をすると一晩で失明にいたることもあります。眼圧の平常値は10〜21mmHgとされていますので、通常の3倍(60mmHgぐらい?)から40mmHgに下がったのなら、だいぶ失明の危険性は下がっていると思います。それでも、正常値よりかなり高いのは確かです。ただし、視神経に影響が出る眼圧には個人差があります。正常値とされている低い眼圧なのに、その人にとっては眼圧が高すぎて視神経に影響がでる「正常眼圧緑内障」もあれば、普通なら視神経に影響が出るような高い眼圧なのに、その人に取っては問題無いという単なる「高眼圧症」もあるのです。ですから「眼圧が○○なら△△日で失明にいたる」といった事は一般論で言うことは出来ません。とにかく、なんとかして視神経に影響が出ないレベルにまで眼圧を下げるしかありません。質問者さんが実際にどうなるかは、今後の経過を見守るしかないかと思います。

» 詳細



Q. 歯医者さんでも、特定疾患の受給者証って見せないとならないんでしょうか?(クローン病)内科以外にかかるのが初めて&歯医者さんにも関係するのか?と疑問になりました。回答お願いします!

A. 別に見せなくてもいいです。出すのは保険証だけです。ただ、既往症があるということは伝えるべきです。治療によって注意を払わなければいけないものもあります。投薬することがあれば、服薬中のものとの薬の飲みあわせなど医師が判断できませんし…

» 詳細



Q. 下痢について。先週の木曜日から下痢が続いています。最初の2日は夕方に一度ずつ。後は朝に激しい腹痛と共に来ます。昨日は下痢が来なかったので、治ったかな?と思ったんですが、今朝起きたらまた来ました。原因かなーと思った暴食、薄着、寝る直前の夜食はやめました。(元々あまり食べる方ではないのですが、最近食欲が凄かったです。)でも下痢が来たのでビックリしています。何かの病気でしょうか?病院に行ったほうがいいでしょうか?

A. 何かウイルス性のものかもわからないですね。ただ、下痢は止めないほうがいいので(出した方がいいので下痢止めは使いません)病院へ行っても整腸剤がでるくらいだと思います。ただ、心配なようでしたら受診されたらよろしいかと思います。下痢のときは脱水になりやすいのも注意です。下痢だからといって水分をとらないのはNG、むしろいっぱい取って下さい。お大事に。

» 詳細



Q. 乳児けいれん 9ヶ月赤ちゃんテグレトールを少量から処方し、一週間づつで少しずつ増やしていくそうです。発作が起こらない量まで増やすんですよね?少量の場合はまたけいれんを起こしてしまうのですか?脳は大丈夫なのでしょうか・・・薬を飲んでから眠気に襲われると大泣きして眠りにつきますが副作用ですか?あまりに大泣きで興奮してけいれん誘発になりませんか?

A. >発作が起こらない量まで増やすんですよね?血液中のテグレトールの濃度をみながら、。発作が起こらない量まで増やします。>少量の場合はまたけいれんを起こしてしまうのですか?目標の濃度に達していないうちは、痙攣を起こす可能性はあります。>脳は大丈夫なのでしょうか・・・痙攣を起こすと脳にダメージは残ります。>薬を飲んでから眠気に襲われると大泣きして眠りにつきますが副作用ですか?そのような副作用はありません。>あまりに大泣きで興奮してけいれん誘発になりませんか? 誘発することはあります。長い治療になりと思います。今のうちに主治医に疑問をぶつけて、安心して治療にあたって下さい。

» 詳細