研究室配属☆ 

February 21 [Thu], 2008, 1:19
先ほど、研究室説明会が終わりを迎えました。

私が希望していた研究室への希望者は許容範囲内(*^_^*)

良かったです☆☆




しかし...........





一番人気のない研究室の希望者数があまりにも少ない事と、
2番人気の研究室の人数が許容範囲を超えてしまっている事から
明日の最終決定まで安心できません(++.。)



**********************************************



そして、明日はお兄さんの大学院の試験日でもあるのですっ!!

ということで、今晩の晩御飯はトンカツに決定☆彡

私は、希望の研究室を勝ち取るっ!!
お兄さんは大学院合格っ!!

を願って・・・(*^_^*)

天国からのメッセージ 

February 14 [Thu], 2008, 3:26
Yuumiさんのブログに紹介されていたのでやってみました。(Yuumiさんありがとう♪)



2007年のわたしへ。


元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは、85歳で、つまり西暦2079年に、ちょっとした怪我が元で生涯を終えます。振り返ってみると、自分でも素晴らしい人生だったと胸をはって言えます。
ただひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは2016年の事、わたしはある人と同居生活をする事になります。振り返ってみると、それは人生の大きな分岐点でした。怖がることではありません。楽しみにしていてください


最後に一言、85年間生きてみて思ったのは、
「人生に無駄遣いなんてない」ってこと。

それでは、またいつか会いましょう。
これからの人生もチャレンジをおそれずに

2079年の天国にてー


だそうです。怪我で死にたくなーい100歳まで生きたかった(ToT)
コレ嘘かなァ??


未来の自分から手紙もらえるなんていいよね♪
結婚しないのかなァ…

結婚して欲しい♪今の好きな人と…(無理)

緊急対応業務に関するアンケート集計結果 

February 04 [Mon], 2008, 15:08
緊急対応業務の継続についてのアンケートの集計結果報告がきた。

アンケートの回答率は70%であった。
それを100%としたときの回答結果は以下のとおりであった。

A あったほうがよい(NLOG方式) 約57%
B あったほうがよい(RTS方式)  約21.5%
C 必要ない           約21.5%

つまり、現在のままのほうがよいとの意見が圧倒的多数を占めた。

Aを選択した人の主な理由としては、「何かあったときの保険だと思うので必要」ということであった。
Bを選択した人の意見はなし。
Cを選択した人の意見としては以下のとおり

・管理事務室内の警報監視盤に異常が表示されたときの対応は要確認。火災・戸別非常事態は居住者相互の協力で対応できると思う。

・自分たちの家は自分たちで守る、という意見を高めていく必要があると思う。ログシステムセンターのメリットは110番、119番への自動転送大きなところであるが、それ以外はログシステムセンターから管理会社関係者に連絡が行き、被害の確認、故障箇所の停止など応急処置対応することとなる。しかし、管理会社が行っていることは緊急対応のマニュアルを作れば住民でも十分対応可能である。

それぞれ分析してみる。

まず、アンケートの選択肢であるが、「その他」が無い。
いろいろな意見を持つ人がいる中で、どれにも当てはまらないという人もいるだろう。
要るか要らないか、という選択のみでは少々乱暴な気もする。

アンケートに添付されていたログシステムの説明文書にも少し疑問がある。

ここでは長くなるのでそのものは紹介しないが、
気をつけて読まないと、緊急対応業務未導入の場合、
自動火災報知設備が機能しないかのような説明である。

もちろん、直接そう書いてはいないが、
何も知らない人が読めば、ログシステムが無ければ火災などの非常事態が発生したとき
気がつきませんよ、という誤解を与えかねない。

管理会社はきちんと住民に緊急対応業務やログシステムについて理解させようとしているのだろうか。
A4用紙二枚の簡単な、しかも誤解を招くような説明文では、残念ながらそうは思えない。

すこしそれたが、回答の分析に移る。

Aを選択した、つまり現在のままでよいとの回答が半数を占めたことであるが、
注目すべきはその理由である。

「何かあったときの保険だと思うので」との理由は、何が「何か」で、どこが「保険」なのだろう。

緊急対応業務のメリットは、

 〓 ログシステムによる設備監視
 〓 非常事態発生時には、住民が何も手続きをしなくても管理会社が24時間対応してくれる

というところにある。

まず、「何か」の部分であるが、

ログシステムが無くても、管理事務室で設備のエラーは表示され、管理事務室の警報が鳴動する。
前項で紹介したが、ログシステムのメリットは、
極論すれば火災や戸別非常事態などの警備会社への自動転送である。

しかし、火災の場合であるが、ログシステムのセンサーはすなわち自動火災報知設備の熱感知器である。
つまり、ログシステム作動=自動火災報知設備の発報であり、けたたましく地区ベルが鳴動する。

だれも気がつかないわけが無いのである。また、熱感知器が感知しないような小火では、
もちろんログシステムも作動しない。

戸別非常事態、例えば強引な押し売り、強盗、不審者などの場合であるが、
このような場合は有効なときもあるだろう。
ただし、運よくインターホンやエレベーターにある非常ボタンが押せて、
なおかつ、警備員が駆けつけなければならない最大25分間、無事でいることができればの話だ。
(警備員に威嚇や撃退はできないので、暴力などの犯罪の場合、有効かどうかは疑問が残るが。)

あとは、設備の故障である。
エレベーターの閉じ込めや、急病人発生などの場合、そのほとんどは携帯電話で通報されると思われる。
エレベーターの場合、非常ボタンとエレベーター会社と連絡が取れるボタンがついている。
時間はかかるかも知れないが、大抵は解決できる。
契約している警備会社がエレベーターキーを持っていれば、ログは有効かもしれない。

ポンプの故障であれ、受水槽の減水であれ、停電であれ、
専門の業者に連絡するしかその解決の手段は無い。管理会社がやるか、自分でやるかの違いである。

であるならば、どうやら「保険」の部分はそこにあるようだ。

「だれも何もしなくても、適当に処理してくれる」

つまり、「何が起ころうと、住んでいる自分たちはお金を払っているのだから責任はない。」
    「あとは「保険」がなんとかしてくれる。」

といった、だれも責任を負いたくない、とか、便利屋さん的なところにA回答の本質がありそうだ。

個人的には、誰も責任を負う必要などない。逆に言えば、自分たちの住む家なのだから、
住民全員に責任があろう。ただ、みなさん確かに忙しいので、空白の時間が無いとは限らない。
そういった意味ではどんなにへっぽこなシステムだろうと、
24時間誰かが見ていてくれる、という安心感は必要なのかもしれない。

Bを選択した、つまり「RTS」という、受信する信号の数を少なくして月額を安くする方法であるが、
特に意見は無かった。

「RTS」は、ログシステムセンターでの居室特定ができないことと、
機器の拡張性がないこと、センターへ送信できる信号が7信号(現在は10信号)に制限されるため、
エレベーターなどが取り外されていることなどがその主な仕様である。
10,500円/月と半額以下である。

ただし、機器の新たな設置が必要で、その費用に20万円かかる。
ここをどう捕らえるかは難しいが、機能だけ比べれば、それほど差は無い。

ちょっと時間が無いので、続きはまた今度。

 

January 21 [Mon], 2008, 15:47

また、猫神社 

January 14 [Mon], 2008, 22:11
昨日も猫神社に行ってみた。
ぞろぞろ出てきた。

はじめは2匹しかいなかったのが私の周りになぜか集まってきた。
なぞ?
そのうち1匹の目つきの悪い猫の視線が私が持っていたビニール袋に注がれていた。 

昨日はたまたま自宅に靴下をとりにいって袋に入れてそのまま散歩に出た。
食べ物は入っていない。
原因はビニール袋だ。
餌やりに来る人はビニール袋に入れて持ってきて餌をまくのだろう。
そのカサカサした音で寄ってきたんだよ、きっと。

どんどん猫たちが寄ってきた。
おお、黒猫もきた。かわいい茶虎もきた。白黒もきた。
しだいに私と息子は6匹の猫たちに取り囲まれてしまった。
ちょっと恐怖を感じた私たちは、いつものように観察をしないで帰ってきた。

猫たちは、「にゃんだよー、何もくれにゃいのかよー、ちぇっ!」とか
「餌くれにゃいなら来るにゃよ。」とか「おら、ただで見てるんじゃにゃーよ。」
とか「思わせぶりさせるにゃー。」とか思ってるのかも。

あ。三毛がいなかったにゃ。ま、まちゃか三味線に・・・

そうだ!今日は会社帰りにコチャへ行くのだ。
新しい曲に挑戦だ。よくわからない。むずかしい。
でも何ヵ月後には下手だけど弾けるようになると信じてがんばろー。

さぁて、税務署からは年末調整関係の書類が届いてるし、
お歳暮の注文書はとっくに届いてるし、もう今年も残り2ヶ月か。
これから早く過ぎるからな。
気を引き締めてやらないといけないな。
今日は給料日だけど、また、今月分から厚生年金の保険料率が上がっている。
まったくもー。

さて、お仕事、お仕事。
今日も元気に明るく生きよー。ふぁいとだぁーーー!!

酒酔い溝そうじに注意!! 

January 09 [Wed], 2008, 16:22
日曜日は早起きしなければなりませんでした!!




理由・・・



地域の掃除があるからです!!




年に一度、ruの住む住宅地では地域のみなさんが一斉に自分の家の周りを掃除するのです!!



今年は自宅の周りの溝を掃除しました!!




朝8時半からです・・・・・。

人愛塾 三千百六十四羽 

December 22 [Sat], 2007, 9:12
“国破れて山河あり”という言葉があります。

たとえ国が滅んでも自然の山河は変わらないという意味ですが、山河はまた、われわれの心のふるさととも言えましょう。

歴史に幾変転はあっても、人のふるさとを想う心には変わりはありません。
この国に祖先が培ってきた伝統の精神、国民精神もまた変わることなく、お互い人間の基本的な心構えであると思います。

われわれは日本という尊いふるさとを持っています。
これを自覚し誇りとし活動する、そこにはじめて、お互いに納得のいく動きが起こるのではないでしょうか。

日本人としての自覚や誇りのないところには、日本の政治も経済もないと思うのです。

今日の好悪材料 

December 15 [Sat], 2007, 11:19
   /// プラス材料 ///



   ★米国株は大幅続伸――ハイテク株の一角が堅調
   ★NY原油は下落、12月物は1バレル=85.27ドル(前日比0.75ドル安)
   ★NY円は続落、1ドル=114円70−80銭(前日比20銭円安)
   ★シカゴ225先物は堅調、12月物は1万6580円(大証比100円高)
   ★武田、今期営業益16%増――「アクトス」が米国で好調(日経)
   ★中外薬、特許権収入など寄与し1−9月期経常益21%増



   /// マイナス材料 ///



   ★SOX指数反落、テキサスインスツルメンツ決算嫌気
   ★外資系証券(13社)経由の注文状況、320万株の売り越し
   ★三市場信用買い残、6週ぶりに増加(10月19日現在)
   ★消費税、基礎年金全額税負担なら5−7%上げ必要(日経)
   ★三越、投資基準厳格化でSCへの新規出店中止(日経)
   ★日清食、原料高など響き今期最終益29%減に



   /// 留意事項 ///



   ★洋カン子会社や日山村硝など、飲料キャップ値上げ要請(日経)
   ★NECエレ、パワー半導体の生産能力4割増強
   ★日立、厚さ3.5センチ液晶を12月発売――「超薄型」TV商戦火ぶた
   ★ホンダ、09年にハイブリッドの低価格車投入(日経)
   ★ニッセン、チューリッヒと提携し生保事業への参入発表
   ★野村、郵政3社と上場助言の契約締結(日経)



ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)

本日、1枚のみ!! 

December 12 [Wed], 2007, 3:20
ピンクゴールドのカラーでショートジャーク
  ↓
      イカパンチ        
        ↓
     合わせるも乗らず
        ↓
下地カラーを銀、赤、マーブルと試すもイカパンチのみ 
        ↓
活性が低いと見て、ナチュラルカラーのエギでスラックジャーク
        ↓
       ゲッツ

見返り美人?? 

December 06 [Thu], 2007, 1:36
『にゃあ〜!』
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naongu1777
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» 研究室配属☆ (2008年10月21日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 研究室配属☆ (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 研究室配属☆ (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 研究室配属☆ (2008年10月06日)
アイコン画像りぃこ
» 研究室配属☆ (2008年10月05日)
アイコン画像きりひと
» 研究室配属☆ (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» 研究室配属☆ (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 研究室配属☆ (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 研究室配属☆ (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» 研究室配属☆ (2008年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる