ライオンハート 

2005年05月07日(土) 23時45分
SMAPの歌を思い描くようなタイトル「ライオンハート」ですが、語源はケイトブッシュのライオンハートだそうで。
恩田さんの本で一番好きな本かも。他にも好きなものはたくさんあるけども、これはけっこう別格です。
エドワードとエリザベスは輪廻転生を繰り返し、めぐり合い、そして別れる。
であった時には深い愛・喜びといった幸せが訪れるが次の瞬間には悲しい別れがまっている。
恋人や家族よりも深い愛で結ばれた2人が、何度も何度も出会い、そして別れるんです。
ストーリーが名画と共に進行していきます。
すべての絵がカラーで掲載されています。『エアハート嬢の到着』『春』『イヴァンチッツェの思い出』『天球のハーモニー』『記憶』
絵がモチーフになった話が続きます。私は『春』の部分が好き。
『空に二重の虹。その下をくぐるように、エリザベスがやってくる』このくだりのあたり。ほかにもたくさんありますが・・・
すごいラブストーリーです。最後は感動です。
ロンドンに旅行に行く時には、是非持って行ってほし1冊。
でも、旅行にいかなくても、是非、読んで欲しい1冊。
会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びをおぼえる。
私のライオンハート。

ライオンハート 新潮社 恩田陸著 1700円(文庫もでてます。新潮文庫)

君の名残を 

2005年05月07日(土) 2時06分
なおの本棚。記念すべき1冊目は「君の名残を」2005年ベスト!が決定的な1冊。(あくまでなお的に)浅倉卓弥さんの本です。
歴史ミステリーは、無理があってあまりすきではなかったけれど、この本はちがう!
歴史ミステリーなのに、史実。でもミステリー!
こんなにはらはらドキドキわくわくした本は久々。
たとえて言うならば
「大河ドラマを火曜サスペンスで放送するような」話。
以下ネタバレします。反転させて読んでください。
でも、できれば、まっさらな状態でまず、読んで欲しい本です。

鎌倉幕府好きにはたまらない。
友恵ちゃんと武蔵くん(と友恵の友人由紀の弟の志郎くん)が、学校帰りの神社で突然の雷(あれ?工場爆発?どっちだっけ?)で一緒に神隠しにあう。(タイムスリップ!!)
行き着いた場所はみんなばらばらで、歴史を歴史として動かす為に必要だったので召還された。というかそこは四郎がつかわれた?
四郎は呼び戻されただけだもんね。
で、友恵ちゃんは巴御前に。武蔵君は武蔵坊弁慶に。
巴のひたむきな義仲への愛とか、それを守ろうとする姿。
武蔵の弁慶の最期の姿との葛藤。
あとは、弁慶と静の関係とか。
上手。何一つうそはついていなくて、すきますきまに上手に伏線の糸を張り巡らせてある。
こっちが史実のような気さえしてしまう巧妙なストーリー展開。
また、神隠しにあったのこされた現代の家族・友人にもきちんと、始末がついているのが、にくい。
おまもりを埋めて木をはやす。そうすると800年後(だよね?)巴の友人が神社でそのおまもりを発見する。
涙しました。感動です。
読んでみてほしい。そんな1冊。
なので、読んだあと、常に旅に出てしまっています。手元になかなか帰ってこない本です。
もう少ししたら、もう一回。じっくりとページをかみ締めてよみたい本です。
浅倉卓弥著 宝島社 1995円

はじめましてのこと 

2005年05月06日(金) 0時47分
はじめまして。本が大好き!趣味は読書!なおです。
このブログでは読んだ本の感想なんかを書いていきたいと思ってます♪
ちょっとかたよってる気もしてきたので、お勧めの本を紹介してもらえるとと〜ってもうれしいです。
はじめましてなので、自己紹介など書いちゃおうかと思います。
名前は「なお」です。20代で、保険の代理店で働いてます。
好きな作家さんは恩田陸さん。夢枕獏さん。浅倉卓弥さん。
小野不由美さん。梨木香歩さん。京極夏彦さん。村山由佳さん。
ビジネス書以外はよみます!って行ってたんですが、
仕事柄そうもいかなくなりまして・・・
最近は四苦八苦しながら読んでます。苦手です。
ホラーものとかスプラッタものは苦手です。怖いのはだめ。

そんなかんじのなおです。
どうぞよろしくおねがいします音符
P R
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naonaobook
読者になる
Yapme!一覧
読者になる