誕生日プレゼント★ 

2007年03月08日(木) 19時17分

 好きな人の誕生日は6月ですでもブランド物から何から貰い慣れてるひとなので、あたしは悩みすぎて胃に穴があきそうです
 3月の今からすでにそのひとの誕生日を考えているけど、全然わかんない何をあげても喜んでもらえないような気がします

 ハナなら何をあげても大丈夫だいたい雑貨系か、アクセ

 タカトならタバコ1ヵートンか、ジッポか、アクセ

 みよチャンなら雑貨系かお菓子

 T氏ならたいがいアクセ………という感じに、みんなまぁAの値段でプレゼントするタイプのものも決まってるんですが

 今までにもらったで高額だったのは、5万のプラダと4万の指輪プラダなんて最初は喜んで使ってましたが、そのうち使わなくなりました(笑

 プラダよりもリュックを愛用しはじめたという色気のなさ。
指輪はもうずーっと何年も大事にしてますお気に入り

 友達に、”じゃあ今年はドルガバのブレスレットで”と言ったら、とりあえず嘲笑されて終わりました(笑
 ともかく交換が大好きです


 今年のハナのをすでに決めてます

 

ちょうど1年前。 

2007年03月07日(水) 19時10分

 ――死ぬ、という予感はなかった。実感もなかった。

 ただある意味で、自分ひとりの闘いだと感じていた。

 ひたすら深く、死ぬようにさみしかった。

 ”誰も分かってくれない”と、ごく自然であることのように苛立ちはじめた。

 分かるはずがないということも、

 分かってくれと思うことが自分のエゴであるということも、分かっていながら。


 頭痛はいつでも私を悩ませた。

 死んだほうが楽に違いないというぐらいの激痛のなかで、絶えず寂しさを感じた。

 左目の視力が落ちた。

 ひとの右に立つことが少しだけ怖くなった。

 弱い証だと知りながら、

 あたたかい愛情を与えてくれる他人を望み、そのひとの存在を望んだ。

 幸せになりたい、と思った。




 あれからもう、1年半以上が経つ。

 私は就職してから変わった。おそらく劇的な変化だった。

 笑える。私はまだまだ笑える。

 生徒たちと接しているとき、授業をしているとき、

 文句をいいながら自分が一生懸命であることに安心した。

 つらいことを少しのあいだでも忘れている、それは確かに仕事のおかげだった。

 やりがいのある仕事だった。

 幾度も生徒とぶつかり、苛立ち、悩みをぶちまけられ、

 リストカットを繰り返す生徒。

 精神不安定で叫びだす生徒。

 睡眠薬を過剰摂取する生徒。

 うつ病の生徒。

 人間不信の生徒。

 摂食障害の生徒。

 少年院に入っていた生徒。

 そのすべてが、私にとっては嫌でうっとうしくてたまらない。

 それなのに、嫌いになりきれない自分の心が馬鹿らしくもあり、誇らしくもある。

 わたしは、自分が”うっとうしい”と思っている存在のおかげで生かされていた。

 24時間一緒にいると、嫌なところをたっぷりと見せつけられるかわりに、

 ああ素敵だ、というようなところもまた見せられた。


 あのひ、あのとき、望みなんてないと思った。

 今はもう、違う。

 だから大丈夫だと思った。

若くん★ 

2007年03月05日(月) 19時42分

 【若くん】

 もともと大学絡みで知り合った、@つのお兄さんでした芸能事務所に所属してて、ダンス料理も一級品なーんでも知ってて、見た目もものすごくかっこよくて、尊敬+憧れの的でした実家でチンパンジーを飼ってたり、洋楽にすっごく詳しくて色々教えてくれたり、

 デビッドボウイの名曲を教えてくれたのもこのひとだったvv

 頭もよくて、英語もぺらぺらで歌も上手、いっつも京都の一人暮らしの家に遊びにいくと、
 必ずふたりで買い物に出て、若くんがごはんを作ってくれていたのでし彼がキッチンに立っている間、こたつでごろごろ漫画読んでたなんて恥ずかしくて言えませんが。
 でもあの万能っぷりはとても新鮮でしかも自分の能をひけらかさないから、あたしはほんとうにこのひとを尊敬しているのです

 いろんな資格をもってて、何でもできて、かっこよくて、ほんとにすごいな

 懐かしい

分析(´ω`) 

2007年03月04日(日) 16時28分

ちゃらちゃらしてて、ナンパで、女嫌いのくせにヤルことだけはしっかりやる(最低)

     でも

実はまっすぐな芯と夢を持ってるところは好きvv



顔は「俺イケメンです」みたいな感じで嫌い、口の悪いのも嫌い、

  でも

白黒はっきりしてる堂々とした性格がかっこいいvv


  仕事と友達大優先で、気分屋なのがむかつく、

    でも

 友達を大事にしてるのも、仕事に一生懸命なのも、すごいっちゃすごいvv


 好きなタイプでもなければ、性格がとても優しいわけでもなくて、

            でも

      たぶんその人がその人であるだけで、じゅうぶん。



   でも毎日一回は、必ずむかつく

piano♪ 

2007年03月04日(日) 16時09分

 高校3年までピアノに全力を注いでた

4:00には起きて、朝ごはんまで練習

7:30にごはんを食べて学校

15:30に帰宅して練習

20:00にごはんとお風呂して、また練習

24:00まで練習して就寝

・・・こんな毎日だったのです毎日毎日、ばかみたいにピアノ弾いて弾いて、ほんとうにしんどかったね何度も何度もやめようと思って、でもやめられなくて、ピアノは私の一部だったのです
…何してたかな★
ハノンに1時間。
ツェルニー
モシュコフスキーに1時間ずつ。

指の練習だけで最低3時間。お母さんに怒られるたんびに、こんのクソババア!!!て思ってましただって『トイレは3時間に1回』『ごはんは5分〜10分で食べる』って決められてたんだもの

それから、

バッハに1時間。
発表曲系
を最低でも2時間ずつ。

『ラ・カンパネラ』
『熱情』『月光』『悲愴』←これを小学生〜中学生にかけて弾いてた自分が、今では天才に思えるってば(爆
『バラード1〜4』、『ため息』、『森のささやき』、『スケルツォ』、『革命』、『黒鍵』、『木枯らし』、『英雄ポロネーズ』、『幻想即興曲』、『アンプロンプチュ』、、、

あのときのわたしは、きっとものすごく頑張っていて、ものすごく輝いていた今またピアノをはじめて、余計なものを忘れられそうな感じがするよ

いらないもの、無駄なものなんてないんだけど、

捨ててしまいたいものが増えてきてしまったのでした

はなっぺ+タカト 

2007年03月02日(金) 21時27分

 はなっぺとタカト、あのひとたちと出会った日々

【はなっぺ】
 まだ机の並びが今とは違っていて、まだ塾の講師仲間たちが徒党を組まずに”みんな仲良し”だった時代、あたしが大学A年のときに出会ったひと最初はハナじゃなくて”キング”て呼んでたなァ(何でキングなのかはさっぱり分からん)
 あたしたちが仲良しだったから、セットであたしも”クイーン”て呼ばれてました
 だれだれが好きとか、彼氏とケンカしたとか、バイトの愚痴とか、100%なぁーんでも話せる数少ないともだち
 ハナマッチーと付き合ってるときは、あたしちょっと寂しかった(笑だってマッチー、同じ塾のなかでハナようことA股かけてたじゃん。かっこよくもないのにさ(超失礼)。ハナがあいつと別れたとき、ちょうどあたしもあいつと別れた時期だったネン笑。ふたりとも泣いて悩んでた時期でした悲しかったね。

ハナ「嫌な男だね、最低だよね」
ゅぇ「うんうん、ほんとにね」

 (この間、彼氏への愚痴)

ふたり「「……でも好きやねん〜!!(≧□≦)」」 …………笑。おばかな子たち!!

 つらいとき、さみしいとき、いっつもハナがいてくれましたあたしたちはずーっと仲良しです


【タカト】
 はじめて出会ったのは忘れもしない4月1日、あたしが大学の入学式の帰りにバイトの初授業行ったとき茶髪で前髪わけてて、あたしは絶対年上だと思ったのでした

ほんと、27歳に見えたんだってば笑。
タメだって分かって、いつのまにか仲良くなってた、ハナよりも長いお付き合いふたりともバイトは毎日入ってて、一緒にシフト合わせてたあのころ話はいつでも尽きなくて、塾ので夜中までずぅっとしゃべってた
「あたしこのひとのこと好きなのかな」と思う瞬間ももちろんありましたていうか一時期好きだったし笑)最初は超かっこよくて人当たりのいい男友達、だったはずなのに、どんどん本性が見えてきてしまってそれでも嫌いにはなれなかったし、軽蔑もできなかったのは、やっぱり好きだからなのねきっとね彼女が増えるたんびに、「あんた刺されるよ、大丈夫なの?」ってそういうことばっか言ってたな……笑
彼が、自分の表裏すべて見せてくれてるのはあたしだけだって分かってたから、あたしはいつでも安心してるだから何でも言えるのよ誰の前でも泣けなくって、あたしは基本的に「悲しい映画を見たり」「聞いたり」しない限りは人前で泣けないタチで
それにも増して、親の前ではさらに泣けないんだもん。
唯一泣ける他人なんだな

だからやっぱしいっぱい感謝しているのです離れてても、心は傍にvvそのとーりだよ!!

 このふたりは、大学はいってからの付き合いですが、かけがえのない No1No2です

 こんな出会いがあったおかげで、あたしはちゃんと生きていけてますイェイ

高校3年の… 

2007年03月02日(金) 0時01分

 高校3年生の、この時期

3月1日に、クラスの皆でお別れパーティーひとりだけ中高大一貫校を抜けて、他大学を受験する私を応援してくれましたちょうど3月2日が、K大の後期入試だったから
ずーっと仲良し組だったミユキゆかトモあーチャンロング髪が長いからスモールちびだからがその後で特別枠でお誕生日ぱーちーをしてくれました(どーしようもないネーミングセンス。
卒業して、みんなと離れ離れになることよりも、自分の受験のほうが大切だった。
寂しさよりも、自分の未来のほうが気になっていたあのころ

3月2日、卒業式の予行練習。鳴尾にある大学キャンパス内の、立派な講堂が式場卒業生500名+在校生2200名+保護者+教員+来賓がぜーんぶ余裕でおさまるくらいの、おっきな講堂ホール予行練習を休んで、私は大学の後期受験ショッピング込み)とりあえず学校行事をサボれるのが嬉しくて、(明日卒業なんだな)なんて特に実感もなかったのでした

3月3日、卒業式最後のセーラー服(まだクローゼットのにあるようふふ)学校なんて大嫌い、協調性なんてクソくらえ、だった……けど学校行事は人一倍燃えていた(笑
「やっと卒業やわぁー」なんて言いながら。

ォヶ部の『威風堂々』、泣けたよねノリオ
アンパンマンの仮装で、あたしたちのクラスは@位だったし、創作ダンスでも、初めての500人ダンスを敢行しました

青春だった。

卒業式のあと、ゆかとA人で尼崎まで歩いた(無駄に
尼崎で、最後の制服プリ
それから梅田まで出て、A人それぞれ彼氏と最後の制服デート

自分を、どんな未来が待ってるかなんて考えもしなかった。

まさか教師になるなんて思ってもいなかったし、

教師なんて人種は、あたしが一番信用できないと思ってるタイプの奴らだった。

”これでよかったのかな”たまにそう思う。

”これでよかったんだ”だいたい、そう思える。


あれから5年目の春なんだなぁ

★お知らせ★ 

2007年03月01日(木) 22時42分
それでなくても【夜空にドルチェ☆】【秘密の部屋】をごそごそ更新しているのに、何でまたこんなのを開設したかというと、目くらまし&楽しいからです

カテゴリ☆
【愛の夢】→ゅぇの書く記事の中でもっともくだらない記事です「ゅぇポンと仲良しでいてあげるから安心してぐだぐだやっとけ」という方はちら見してやってください

【逢坂の関】→わたし、こんな人と出会いました。こんな生徒と出会いましたそんなお話を書きたいのです小説メモになる予感。

【あのひ、あのとき】→自分史ふと思い出したとき、「あのひ、こんなことが」「あのとき、こんなことを」……わたしがたとえ死んだとしても、親の目に触れないネットでひとりぶつぶつ


 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゅぇ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年3月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゅぇ
» 分析(´ω`) (2007年03月05日)
アイコン画像やえ
» 分析(´ω`) (2007年03月05日)
アイコン画像ゅぇ
» はなっぺ+タカト (2007年03月04日)
アイコン画像ウタ
» はなっぺ+タカト (2007年03月03日)
アイコン画像ゅぇ
» 高校3年の… (2007年03月02日)
アイコン画像ゆヵ
» 高校3年の… (2007年03月02日)
Yapme!一覧
読者になる