浜島広平は水族館スタッフになる

March 07 [Thu], 2013, 10:06
 子供の頃、イルカの写真集を手にしてめくってみました。青い海、澄み切った水の中で、のびのび泳いでいるイルカは、回ったり、泡を出たりして楽しそうです。もう、読んでいるだけで顔がほころんでいる自分がいました。その魅力にとりつかれて、生でイルカが見たいです。そのような希望を胸に抱きて、数年後、親と一緒に沖縄に旅行に行きました。沖縄の水族館で初めて生でイルカを見ました。世界であんなに美しい生物が存在しているのは、すごく感動しました。あの時から、将来水族館で就職することを決めます。
 水族館スタッフになるために、大学で海洋科学部に入りました。いろいろな専門知識を学びました。イルカって、すごく繊細な生き物なので日頃の体調管理には気をつけています。たくさんのお客さんに囲まれるとイルカたちに相当なストレスが溜まってしまうし、エサと間違えて異物を飲み込んでしまうと危険な状態になってしまうこともあります。だから、こまめに健康状態をチェックしています。他の動物と比べて、イルカは賢すぎるので接し方や調教が難しくもあるけど、そのぶんお互いに理解し合えた時の喜びは大きいですし、時にはイルカがトレーナーを成長させてくれることもあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naomi
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naomi1230i/index1_0.rdf