膨大な本に囲まれた本屋のバイト

August 22 [Sat], 2015, 11:46
メーカーや小売りにとって、在庫管理は大変な仕事です。

中でも、書店やCDショップは、商品数や種類が膨大なため、在庫管理が大変だと思います。

ブックオフなどの中古店は、書籍やCD、DVDをお客様から買い取り、商品を綺麗にクリーニングして売り場に出しています。

毎日、沢山の商品が持ち込まれ、同時に沢山の商品が売れていきます。

現在、こうした中古店などの多くは、端末機などを駆使して在庫管理をしっかりと行っているようです。

しかし、一昔前は電子機器が発達しておらず、人の手で在庫管理をしていたと思います。

特に大変なのは、月一回ある棚卸しの日です。

店頭に並んでいる商品だけでなく、バックヤードなどに保管している在庫も全て確認するため、とても時間がかかる作業です。

しかし、特に競争が激しい現代のビジネスには、在庫管理は戦略としてとても大切な作業だと思います。

こうした事から本屋バイトの資本論が学べるのではないでしょうか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松井ナオコ
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naoko761125/index1_0.rdf