直江兼続 ゆかりの地を歩いてみよう

直江兼続のゆかりの地といえば、まず直江兼続の生誕の地新潟県南魚沼市です。

かつては越後上田庄と言われていたこの地の坂戸城下で、樋口惣右衛門兼豊の子

として生まれました。

それから豊臣政権の下で会津の120万石となった福島県会津市。

この会津は伊達政宗から転々と城主が変わり東北の要の地として変遷をしてゆきます。

直江兼続のゆかりの地は会津から山形県の米沢市に変わります。関ヶ原の戦いの後、

徳川幕府により米沢30万石にされました。

ここから米沢の上杉家が始まります。

ところがこの米沢藩が30万石にも関わらず会津120万石の組織と人員をそのまま連れて

きたので藩も困窮し、また家臣も収入が極端に少なくなって困窮したようです。

120万石から30万石に減らされたにも関わらず家臣をリストラしなかったことは直江兼続の

愛と義によるものだったのでしょう。

山形県米沢市には上杉家のゆかりある建物がたくさん見られます。

直江兼続は義の人だったと思います。同時に主君上杉景勝も義の人でした。

それは上杉家の藩祖とも言うべき上杉謙信の義を踏襲しているかのようです。

いや暗黙のうちに義を踏襲し上杉家の家臣たちも義というものさしが全ての行動の根本に

あった理念だったようです。そのすがすがしさが現代人の心を打つのです。


>>越後の直江兼続のゆかりの地を歩く<<

徳川時代の直江兼続

徳川の時代になって上杉家は戦いがなくなりました。

当然直江兼続も戦いがなくなりました。

弓や刀の戦いは捨てたものの、今度は直江兼続は殖産振興の戦いをします。

会津百二十万石という大身から米沢三十万石に削られた上杉の領土になります。

しかし家臣たちをそのままそっくり会津から連れてきているため、家臣の生計を

立てるための戦いを直江兼続は始めます。

多くの藩が家来をリストラする中で、上杉家が家臣を見捨てることなく米沢に移った

ことは直江兼続の「義」なのだと思います。

そしてこの内政の分野でも直江兼続は能力を発揮します。

上杉藩は表面の石高以上の実収のある藩として生き延びていきます。

直江兼続は戦国乱世の武将として第一級の人物で、そのことばかりがクローズアップ

されていますが、その後の行政家としても第一級の能力を有していたすばらしい

人物でした。

上杉謙信から始まった「義」を貫く生き方はその後も上杉家にあっていわば家訓のように

生き続けます。

そして時代は移って、また上杉藩の存亡の危機に直面したとき、再び直江兼続ならぬ

「上杉庸山」という名君を生みます。


>>直江兼続ゆかり米沢を歩きます<<

直江兼続のすがすがしい生き方

NHKの大河ドラマ「天地人」は直江兼続が単独で主人公になっています。

直江兼続は、戦国時代の一武将の陪臣が主人公です。

今までの大河ドラマの主人公からは考えられない起用といえましょう。

それだけあの時代の直江兼続の生き方が輝いていたことの証なのでしょう。

直江兼続は「義」によって生涯が貫かれています。

この「義」が今クローズアップされてきたと言うことなのでしょうか。

つまり今日における直江兼続に対する高い評価は、彼がナンバーツーに徹して、

生涯それをつらぬいたことにあります。

主人である上杉景勝をはるかに上回る器量人との評価を秀吉や家康から受けながらも、

まったく野心を示さず、主君を必死で支えたというなんともさわやかな人生を送りました。

ここが後世長く高い評価を得ている理由でしょうし、最近の世情に直江兼続の生き方の

すがすがしさが見直されることになった原因でしょう。

直江兼続は豊臣政権で会津120万石のうち30万石をもらいます。

これは加藤清正25万石。石田三成21万石と比較すれば大変な厚遇でした。

また徳川家康も関ヶ原の戦後、豊臣方に組した武将に厳しい必罰を行ったのに直江兼続に

対して処分をしていません。

石田三成挙兵の首謀者と言ってもいい直江兼続だから上杉景勝を許す条件として直江兼続を

「殺せ」くらいの条件は当然のはずですが、それどころか米沢藩30万石にされた上杉家で6万石を

領有することを黙認します。この辺りにも直江兼続の人間力を見る思いがします。


>>上杉ゆかりの会津を旅する<<

直江兼続は理想的なナンバー2に徹しました

NHKの大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続は当時としてもローカルである、

戦国時代の大名、上杉家の一家臣にすぎない直江兼続が今日まで一級の人物

として語り継がれている理由は何なのでしょうか。

その器量は信長、秀吉、家康に伍して引けをとらないだけの評価を受けていま

す。

しかし直江兼続は景勝の理想的なナンバーツーに徹しました。

直江兼続はそれ以上の欲を持ちませんでした。これこそが直江兼続の「義」で

す。

私は直江兼続と黒田官兵衛とがダブリます。

官兵衛は高松城の水攻めの折、信長死すの情報を得て、秀吉に天下を取る

チャンス到来とアドバイスしたことで、天下に大望を持つ危険な男として秀吉に

警戒されます。

しかし直江兼続には全く欲がありません。その無欲を上杉景勝もよくわかって

いたのだと思います。

しかしその直江兼続と上杉景勝がたった一度、関が原前夜、家康を追撃すべ

きか否かを巡り決定的に対立しました。
 
この際家康を討つべしと主張する直江兼続。だが主君上杉景勝は起ちません

でした。

このときなぜ勝つ見込みの強い家康との戦いを上杉景勝はしなかったのか、

いまだに歴史の謎です。

上杉謙信の「義」が一生を決めた。

NHKの大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続役には妻夫木聡さんがなって

いますが、その直江兼続は、もともと謙信配下の長尾政景に仕えたごく身分の

低い下級武士の子として生まれました。幼名を与六と言ったそうです。

その主人の子供が後の上杉景勝です

(高島礼子さん演ずる長尾政景の正室・仙桃院(せんとういん)が上杉謙信の

姉の関係)。

この与六は才能を見込まれて幼い上杉景勝の近習となり、さらに景勝が上杉

謙信の養子になって謙信の居城春日山城に引き取られると、与六も付いて行

きます。

そこで幼い二人は謙信を身近に接して生涯を決定するほどの強い影響を受け

たと思われます。

直江兼続は愛の武将だと言いますが、私は「義」の人だと思います。

それは上杉謙信が「義」がヨロイを着けているほどの武将だったからです。

その謙信を身近にして成長していれば、当然義に篤い武将になっていったの

でしょう。

そうして上杉景勝と直江兼続は幼少のころから手を取り合って謙信のもとで

成長してゆきます。

だから両者の間には君臣の秩序を越えた兄弟のような強い絆がうまれたの

でしょう。

この強い絆が二人の間には終生切れることがなかったと言うことは、あの

特殊時代の戦国の世では一層の輝きを持っています。


>>越後の直江兼続のゆかりの地を歩く<<

直江兼続は戦国の生んだ第一級の人物

直江兼続が単独で主人公としてNHKの大河ドラマ「天地人」が始まります。

直江兼続は、秀吉や家康から主君上杉景勝を上回る器量人との評価を受け

ながらも、彼の景勝への忠義は終生変わることがありませんでした。

戦国時代という勝利のみが善という時代に「愛」を掲げ「義」を貫いた直江兼続

は、現在を戦国時代に例えるならば今求められている理想の人物が直江兼続

ではないでしょうか。

直江兼続が今回世に出ようとしています。

直江兼続は歴史好きの人や、歴史小説が好きな人には魅力的な人物として

人気がありましたが、知る人ぞ知るという感じでしたがNHKの大河ドラマ

「天地人」によって日本中の人が知るようになります。

直江兼続は戦国の生んだ第一級の人物だと思います。

そして今に至るまで直江兼続の評判は実にいい。

どんな本を見ても悪く言う人は一人もいないとように見られます。

戦国の三人の英雄はそれぞれ毀誉褒貶がまちまちです。

信長はサディスト。秀吉の晩年はアルツハイマー。家康は狸おやじ。なんとも

風評はよろしくありません。

しかし直江兼続はほめる人はあってもけなす人は居ません。

あの皮肉の文学者の坂口安吾ですら最大級の賛辞を送っています。

戦国乱世に一人超然としている直江兼続の姿がイメージされます。