2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像汀 Y
裏切り (2006年08月07日)
アイコン画像はっち
NOT弁論 (2005年10月30日)
アイコン画像りぇ
22.ソラ (2005年09月18日)
アイコン画像響咲
初花凛々 (2005年08月16日)
アイコン画像綺羅
06.笑顔 (2005年08月15日)
アイコン画像花梨
06.笑顔 (2005年08月14日)
アイコン画像響咲
06.笑顔 (2005年08月13日)
アイコン画像花梨
06.笑顔 (2005年08月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao6775
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
裏切り / 2005年10月02日(日)
裏切り


裏切られて

裏切って

世界なんてそんなものでしょ??
そう思ってた。

でもね??
中には真実があって。
裏切りなんてない世界もある。
そう信じられたよ。
 
   
Posted at 22:11 /  / この記事のURL
コメント(2)
愛してる / 2005年10月02日(日)
愛してる。

そう言うのはとても簡単で
私は人を本当に愛せるのかと不安になる。

愛してる??と聞かれると
愛してると答え

愛してない??と聞かれると
愛してないと答える。

愛ってなんなんだろう。
ただの言葉にすぎない。

本当に人を愛したことがないから

そう思う。
 
   
Posted at 22:08 / 恋愛詩 / この記事のURL
コメント(0)
星空 / 2005年10月02日(日)
星空

いつでも星空はあたしをみてて

今日も一人じゃない。


そう思う。
 
   
Posted at 22:07 / 短文詩 / この記事のURL
コメント(0)
くだらない。 / 2005年10月02日(日)
くだらない。

見え透いた嘘のころがる街で

私は今日も生きていく。

すべてがくだらない今日を

私は今日も生きていく。

そして生きている私は

くだらない。
 
   
Posted at 22:03/ この記事のURL
コメント(0)
死と生 / 2005年10月02日(日)
死と生


あと一日。

私はなにをするんだろう。

死が明日。

生が今日。

一枚しか分かれてないのに

こんなにも切ない。
 
   
Posted at 22:00 /  / この記事のURL
コメント(0)
世界 / 2005年10月02日(日)
世界

目線をかえるだけで世界が違った。

眼鏡をかけただけで世界が違った。

恋をしただけで世界が違って見えた。
 
   
Posted at 21:58 / 短文詩 / この記事のURL
コメント(0)
大嫌い / 2005年10月02日(日)
大嫌いな貴方へ

大嫌いなのに
大嫌いなのに

ちょっとした事で貴方と話すと

嬉しいのは何故でしょう。

 
   
Posted at 21:54 / 短文詩 / この記事のURL
コメント(0)
日常 / 2005年10月02日(日)
日常

日常なんてなくていい。

そう思った。

 
   
Posted at 21:51 / 短文詩 / この記事のURL
コメント(0)
やほ☆ / 2005年10月02日(日)
ずっと・・ネットから姿消してました。
自分の中で整理つけるため。

「ネットはあたしにとってなんなのか・・・」

それを探すため一ヶ月いなくなりました笑
結局わかんなかったけど、
それがあたしの精一杯の考え。
わかんなくても無理しなくてもネットは消えないし
ネットもあたしを必要としない。
それがよくわかった一ヶ月・・・

でもそれでもやっぱりあたしはネットを必要とする。
そう思う。

頑張ろう、現実もネットも。
そう決めた一ヶ月。
 
   
Posted at 21:41/ この記事のURL
コメント(0)
「戦争の答え」そして「平和」 / 2005年08月20日(土)
NOT THE ANSWER
これは戦争についてある人が言った言葉です。
「戦争に答えはない」
私は最初この言葉を理解することができませんでした。
でも他人事のように思えていた戦争も興味を持ち始めたのは
この言葉がきっかけでした。

今年で戦争が終わって60年。
そして平和が始まって60年になります。
私は今15歳。
だから生まれてから今まで戦争と言うものを体験したことがありません。
そしていつからか平和が当たり前のように思えていました。
手を伸ばせばすぐ近くにあるもの。
そんなように認識するようになりました。
だけどおばあちゃんは??おじいちゃんは??戦争を体験した人は??
きっと私と同じような考えを持つ人はいないでしょう。
だからなのかこの前祖母がポツリと呟いた言葉が頭に残りました。
「平和に違和感を感じる」
私にとって平和は手を伸ばせばすぐ近くにあるもの。
だけど人によってはいくら手を伸ばしても届かない平和もある。
今もなお戦争が続き罪のない人が大勢亡くなっているのに、
本当に平和と呼べるのだろうか。
その人達にとって今は平和なのだろうか。
そもそも戦争はなんのためにするのだろうか。
答えのない疑問だけが私の胸に残った。
そしてNOT THE ANSWER
この事だと思いました。
「戦争に答えはない」
最初は理解できなかった言葉だけど今なら理解できる気がします。

どうして戦争をするの??と聞くと
ある人は国の為。と答え
ある人は生活の為。と答え
またある人は自分の国に残してきた大切な人を守る為と言う。
だけどもっと私はそれ以前に大切な何かがあるような気がしました。
もっと大切な何か・・それを人は忘れている。
戦争で失ったものはもう元には戻らない
それをたくさんの人の命で知ったはずなのに、
歴史を繰り返してはいけないと知ったはずなのに、
なのにまだ戦争によって大勢の人が悲しんでいる現状。
戦争によって悲しんでいる人が一人でもいる限り
永遠に平和はこないと思いました。
だから私たちはこれから一人一人が戦争や平和について
考えることが大事だと思いました。
戦争は多くの人の命を犠牲にする。そう胸に刻んで。
 
   
Posted at 22:37/ この記事のURL
コメント(0)
P R
サンプルページ。  

名前:空
年齢:15歳(中3)
性格:気分屋。
好き:彼氏・詩・ 平凡な人生。

ヤプログ部門

ブログ中学生

綺麗な人に囲まれて

いつだってあたしは学生

  | 前へ  
 
Global Media Online INC.