ランドセル棚

May 26 [Thu], 2016, 23:16


フローリング材の余ったものを使って
子供のためのランドセル棚を作ってくれました。

ブラウンとホワイトのコントラストが良い感じです。

真ん中はA4サイズも立てて収納できる高さに。
教科書やファイル、絵本などもここへ収納。

下の引出しは、ハンカチや給食用ナフキン、体操服などを入れる予定。
取っ手がまだですが、アイアンチックの取っ手をつけるつもりです。

そして一番上がランドセル用。

3歳娘はまだ幼稚園ですが、
同じように幼稚園の園バッグをここへ片付けてます。

棚は、いつか子供達が成長して、
分けて使いたくなっても対応できるようになってます。

可愛いブックエンドが欲しいなー

ダイニングテーブル

February 14 [Sun], 2016, 21:28
先日、仕事が休みの日に
(おそらく仕事で余った材料を使って)
作ってくれました!



今まで750mm角のテーブルを使っていたので
こちらになってから、もう便利過ぎる!というほど使い勝手がよくなりました。

食べる時も、
何か作業する時も、
今までとは雲泥の差!

ありがとうございました☆

40

October 25 [Sun], 2015, 16:50
先日、誕生日をむかえました。

子供が生まれてからは特に、
毎日の生活はどうしても子供中心になるので
ブログも子供達の成長日記ブログの方ばかり更新しているわけですが。

久しぶりにこちらのブログを書こうと思ったのは、
誕生日の前日に、夫のバンド「バンザイLIFE」のメンバー達と家族とで高尾山へ行って、
「前回行ったのはいつだったかなぁ?」と気になり
このブログをさかのぼって探しつつ読み返していると、
昔、自分がいろいろと考えていたことや思っていたことなど
とりとめなく書いていただけなのだけど
やっぱりその時感じたその気持ちは、その時しか分からなくて、
「記録に残す」って結構大事だなぁと思ったわけです。


というわけで、19日で40になりました。

だからといって、何が変わる訳でもありませんが。

朝起きたら朝食を用意して、
洗濯機をまわし、
子供を幼稚園へ送り、
洗濯物を干し、
掃除をしたり、
買い物へ行ったり銀行へ行ったりと用事を済ませ、
昼食を用意して、
食べて少ししているうちに幼稚園へお迎えの時間になり、
そのまま公園へ連れて行ったり、
お友達の家へ行ったり、お友達が遊びに来たり、
夕方になって帰って来れば
子供達がEテレを見ている間に夕食の用意をして、
洗濯物を取り入れて、
3人で食べたり、
夫の帰りが早ければ4人で食べて、
お風呂へ入って、子供達を寝かしつけて、
在宅の仕事があればこなし、
終われば撮りためたドラマなんかを観て
寝る。

そんな毎日です。

特別何をしているという訳でもないのに、
毎日わりとあっという間に過ぎている感じ。

自分が歳をとったせいなのか、
幼稚園の行事もあれこれ目白押しでそう感じるのか、
年々、月日が過ぎていくのが早くなっていくように感じます。


来春になれば、息子は小学生、娘は幼稚園生になる予定なので
少しは自分の時間が持てるかな と期待していますが、
結局また、あっという間に時間が過ぎていくのだろうなぁ

金銭的余裕がほしいので、パートか何か職に就きたいとも考え中。

部屋やクローゼットの片づけや、
簡単だけどソーイングとか、
写真の整理とか、
ちょっと自由が丘あたりへ買い物とか、

いろいろとやりたい事もたくさんです。


30代を改めて振り返ってみると、
前半はたくさんの転機を迎えてましたね。

転職、転勤、引越、結婚、出産・・・

後半は、ほぼ子育て(そして2人目出産)

40代は、子育てが続くのはもちろんだけど、
もう少し自分自身にも目を向けていきたいなぁと思う今日この頃です。

仕事、趣味、これからどんな「自分」になりたいか・・・

何もしてないのに、あっという間に50になっちゃった!
なんてことに、ならないようにしなくては!!

5歳児のおもらし

May 23 [Sat], 2015, 15:59
息子も5歳になり3か月が過ぎましたが、
いまだに、たまにおもらしをします。

しばらく大丈夫だなと思っていても
数日連続でしてしまったり
1日に2度することもあったり。

大抵は、遊びやテレビに夢中になっていたり
中断するのが嫌でトイレを我慢し続けて
失敗してしまうというパターン。


「トイレトレーニングでは決して怒ってはいけない」

どこを見てもそういわれているのですが
ついイライラして、息子にきつく当たってしまいます。

 ちゃんと出来る時もあるでしょ!
 なんで出来なくなっちゃうの!
 もう分かるでしょ!?

きっとそれが逆効果だということは
頭では分かっているつもりなのですが。


「人と比べてはいけない」

ということも、分かってはいるつもりでも
幼稚園のお友達はみんな失敗していないのに・・・という気持ちになってしまうことも。



息子が2歳になって、夏頃からゆっくりトイレトレーニングを始めるつもりだったのが
ちょうどその頃に娘を妊娠して悪阻がひどい頃で
延ばし延ばしになり、
冬になり、入園間近になり、もうすぐ入園だから急がなくてはと、
気持ちばかりが焦ってしまって
トイレトレーニングをうまく進めることが出来なかったから
いまだに失敗するのかもしれないという後悔もあります。


もう5歳


でもまだ5歳


次にもしまた失敗してしまっても
とりあえず、きつく当たるのはグッとこらえよう。

私が怒りすぎて、怒られ疲れて寝てしまった息子を見ながら
また今日も反省した母なのでした。

年中を振り返って

March 12 [Thu], 2015, 23:14
年中さんとして幼稚園へ行くのも、
残すところあと3日となりました。

今日は幼稚園で最後の懇談会。

先生や役員さん、そして親がそれぞれこの1年を振り返っての感想を述べました。


我が家の5歳息子は、この1年、
特に狙っていたわけではないのですが、
ふたをあけてみれば、幼稚園を1度もお休みせず過ごすことが出来ました。
風邪をひいたのが冬休み中や土日だったということもありますが、
何より、思い返してみれば「幼稚園へ行きたくない」と言った日はありませんでした。
毎日楽しく幼稚園へ通えたのも、
先生やお友達のおかげだなと改めて思います。

先日も5歳息子と、
「もうすぐ年長さんやねぇ」
「何組になるかなぁ」
などと話している流れから
「誰と一緒のクラスになりたい?」
と聞いてみたところ、

「Sくんとー、Dくんとー、Mちゃんとー、、、」
いつも一緒に遊んでいる仲良しのお友達の名前が並び、
「うんうん」
と思っていたら
「あとはー、○○ちゃんとー、△△ちゃんとー、××ちゃんとー、、、」
次々でるわでるわで、そのうち
「んー、ばら組さん全員!」
と言い出してクスっとなったんですが
でもそれだけクラスのお友達みんなを好きになれたんだなぁと
嬉しくもなれたのでした。

さて、4月になれば、どんな先生で、どんなお友達のいるクラスになるのでしょうか。
少しの不安も感じつつ、楽しみにしたいと思います。

ダストボックス

March 01 [Sun], 2015, 15:20
以前、楽天市場で見かけて

欲しいなぁと思ったダストボックスがありました。

木製で

お家の形の。

でも私には簡単にポンと買える値段ではなく。


というわけで、オットにお願いして作ってもらいました!


お願いしてから完成するまで、

仕事が忙しかったりで随分と時間がかかりましたが・・・

それでも良い感じに作ってもらえました!



どうもありがとう!!

かないくん展

May 30 [Fri], 2014, 21:06
『かないくん展』へ行ってきました。

詩人・谷川俊太郎氏が一夜で綴り、
漫画家・松本大洋氏が二年かけて描いた
という絵本『かないくん』



前から絵本は気になっていて
欲しいな買おうかなと思っていた中、
『かないくん展』が始まって、
気になるな行ってみようかなと思っていた中、
糸井重里氏がリツイートしていたツイートを読んで
ますます行ってみたくなったわけです。

そのツイートとは、これなんですが。

@coodoo
【臨死体験】逝ってきたよ。松本大洋 + 谷川俊太郎、糸井重里による死と生の『かないくん』展が、奇妙で、おもしろい。そして、やすらぐ http://japan.digitaldj-network.com/articles/29272.html



原画は、もう、
ただただ美しかったです。

松本大洋氏の漫画は、夫が何冊か持っているので
読んだことありましたが、
イメージが変わったかも。

何がどう変わったのか、うまく説明できないんですけど。

とにかく、この文にこの絵は、ぴったりだな と思いました。

本当に、絵が美しかった。


そして、

「死ぬとどうなるの。」

展覧会の最後で、黒板やノートに自分の考えを書き込めるようになっていたんですけど、

大別すると
心だけ残る とか
生まれかわる とか
先に死んだ人に会える
という意見が多かったかなぁ


私は

死ぬと”無”になると思う
けど
誰かの記憶として残る


と書き残しました。

絵本を読む前からも、
『かないくん展』に行く前からも、
そう思っていました。


小学生の頃に教会へ行ってたり、
おじいちゃんやおばあちゃんのお葬式だとか
飼い犬が死んでしまった時や、
友人が亡くなった時、
「死」について考えることはあったけど

昔、母親が言ってた「死んだら何にも無くなると思うねん」と言ってたことに
一番影響を受けているのかもしれません。

天国とか、輪廻転生とか、
人が「死」の恐怖から逃れるために考え出した想像でしかないことに思えるのです。
冷たいかな・・・

でも、今の「死への恐怖」は
昔に思っていた「恐怖」とは変わっていて、
昔は「死=痛み への恐怖」だったけど、
今は、今もし自分が死んだら残されることになる家族のことを思うと
それが怖いというか心配というか、
そういう意味で死ぬのはイヤだという気持ちが強くなりました。


絵本の中にあった、

「死を重々しく考えたくない、
かと言って軽々しく考えたくもない」

という言葉が本当にその通りで、ずっと心に残っています。


そして最後の方で、

「終ったのではなく、
始まったんだと思った。」

とあるのですが、

「死」が、何かの始まり というよりは
「死について考えること」が、
またここから始まっていく ということなんじゃないかなぁ
などと思ったりもしたのでした。


『かないくん展』は6月2日まで。

ママサポーター

May 01 [Thu], 2014, 12:16
AsMamaのママサポーターになりました。


AsMamaって??
ママサポーターって??


AsMamaとは…
誰もが安心して気兼ねなく、子育てを頼り合うためのコミュニティサービスです。
保育園や幼稚園の送迎、あるいはどうしても子どもと過ごせない時に、一時預かりをお願いできる近所の人に、
WEBやモバイルから、サポートを依頼できる仕組み『子育てシェア』を運営しています。
また、商業施設や企業とタイアップして独自の研修を受けた支援者の『ママサポーター』と出会える
コミュニティづくりもしています。


この『子育てシェア』というのは、
携帯やパソコンで登録しておき、
すでに顔見知りのお友達同士やママサポーターとつながっておけば
どうしても子供を預けたい用事が出来てしまった時、
保育園や幼稚園の送迎をお願いしたい時などに、
このサイトを通じて依頼をすることができます。
基本は、1時間ワンコインの500円から。(有資格者やママサポーターはプラス100円)
このサイトを通して依頼をすることで、万が一何かあった時でも保険が適用されるので
預ける側も預かる側も安心なんです。

自分のプロフィールも顔見知り限定に設定が出来るので、
信頼出来る方だけにサポートの依頼を発信する事ができます。


このAsMamaでは、親子学級やコソダテ・ラボ、託児付きセミナーなども開催していて、
ご近所さん同士や、近くのママサポーターと出会いのきっかけとなる場も提供してくれているので、
そういう所へ参加して、ママサポーターとも知り合いになり、
「いざ」という時に頼れる存在を作ってもらえたら。。。


では、そのママサポーターとは…
全国各地で送迎保育を中心に活動しているAsMama独自の研修を受けた公認支援者です。
ママサポーターの中には保育士幼稚園資格者が多く、子供がいながらも資格を生かした活動をしています。
資格がなくても居住地域に頼れる環境を作りたいと思う方や、
子供が居ながらも社会参画したいと思う方たちが、
子育て世帯の頼りどころとして支援活動を行っています。
AsMama主催のイベントや、保育体験教室等でママサポーターと知り合う事が出来、
実際に依頼する時は子育てシェアサービスを通して依頼をします。


保育園の待機児童が多くて…
一時保育はキャンセル待ち…
ファミリーサポートは登録や事前打合せも必要で急を要する時は難しい…
ベビーシッターは融通はきくけれど費用は高い…

働きたくても働けなかったり、
「子供がいるから」とやりたいことをあきらめていたり。
そんな人達にぜひ利用してもらいたいと思います。


もっともっと詳しく知りたい!という方、
興味を持ってもらえた方は
ぜひAsMamaのホームページもご覧ください☆

AsMama http://asmama.jp/

子育てシェア https://kosodate-share.asmama.jp/


預けたい!という人も
預かってもいいよ!という人も
登録してもらえたら嬉しいです。

北欧デザイナー23人によるてぬぐい展

April 25 [Fri], 2014, 23:50
先日、
北欧デザイナー23人によるてぬぐい展 北欧流おもてなし FIKAの心』を見に、
スウェーデン大使館へ行ってきました。



「北欧」「てぬぐい」というキーワードに、
これはきっと自分の好みに違いないと感じ、
よく見てみると期間もあとわずか、ということで(現在はもう終了しています)
4歳息子の幼稚園でようやくお弁当がはじまり、
帰ってくる時間まで少し余裕が持てるようになったので、
1歳娘を抱っこ紐に連れて行ってきました。

大使館なんて行ったことないし、
中に入れるの!?となんとなく思ってたんですけど
ほんの少しドキドキしながら行ってみると
すんなり入れました。





北欧デザイナー達が、北欧流「おもてなし」の心をてぬぐいにデザインをする。
北欧でおもてなしと言えば、「FIKA」なのだそうです。


「FIKA」とは、、、
スウェーデンで、仕事の合間や日々の暮らしのなかで、友達や家族と集まってお茶を楽しむ時間のこと。世界で最もコーヒーを消費する国のひとつであるスウェーデンでは、FIKAタイムは職場でもプライベートでも大切なひとときであり、日本でいうところの“飲みニケーション”のように、FIKAでコミュニケーションを取ります。職場でのFIKAタイムは、従業員が仕事の手を休め、集ってお茶を楽しむ大切な時間であり、プライベートでは、お気に入りのカフェで過ごしたり、テーブルセッティングを整え手作りの焼き菓子を添えて、自宅にゲストを迎え、心地よい時間を過ごしています。気負うことなく、他人を思いやり、時間をともに過ごす心。これこそが、北欧流おもてなしのスタイルです。 (スウェーデン大使館ホームページより)

てぬぐいにデザインされたモチーフが、
コーヒーカップであったり、
ジャムやパイに使うブルーベリーであったり、
キャンドルスティックであったり、
チョコレートであったり、、、









北欧らしいパターンなんだけれど、
どこか日本らしさを感じられるところもあって、
それが同じ「おもてなし」の心として通じてるところがあるからなのかな
なんて思ったりもしつつ、
見ても見ても、頭に浮かぶのは、「これ欲しいなー」ばかりで(笑)
心をキラキラさせながら見させてもらいました。






ちなみに、これらのてぬぐいは
この展示の後、かまわぬ浅草店で販売されるのだそうです。

欲しい…


トイレットペーパーホルダー

January 23 [Thu], 2014, 21:35
引越してきた当初からついていた
トイレットペーパーホルダーは
その重さのためか、
使用時にペーパーがうまく取れないということで
オットが作ってくれましたよ☆

飾り棚付きで色味も良い感じ


使う時もスムーズだし
使い切って芯を替える時も簡単だし
ノンストレス*(^o^)/*

ありがとう〜
P R
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なお
  • アイコン画像 誕生日:10月19日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
MAIL

TITLE


MESSAGE

Weather
Photo Library
SHOP
 
かもめ食堂
かもめ食堂
価格:5,040円(税込)
 


Newest Comment
アイコン画像なお
» FRESCO (2012年10月21日)
アイコン画像moffat
» FRESCO (2012年10月21日)
アイコン画像なお
» アルバイト終了! (2012年06月17日)
アイコン画像sodeko
» アルバイト終了! (2012年06月16日)
アイコン画像なお
» 引越 (2012年03月17日)
アイコン画像nishic
» 引越 (2012年03月16日)
アイコン画像なお
» 引越 (2012年03月15日)
アイコン画像よしみや
» 引越 (2012年03月14日)
アイコン画像なお
» レーシック手術を受けるまでの経緯 (2012年02月25日)
アイコン画像きょう
» レーシック手術を受けるまでの経緯 (2012年02月24日)
Monthly Archive
eco