私も。 

2005年12月09日(金) 20時25分
大事な友達のweb日記を読んで、元気づけられた。
自分の「ことば」が、誰かの心に(プラスの意味で)響くということは、なんて幸せなことなんだろう。

あなたの「ことば」は、カラカラの心に注がれる水のようで、
そのおかげで、芽を出し、葉を伸ばし、やがて花を咲かせるための果てしないパワーを持っています。

私も、あなたの「ことば」にいつも元気をもらっています。

ありがとう。ありがとう。

初日から波乱万丈 

2005年11月21日(月) 20時03分
一ヶ月間の研修を終え、今日から本来の職場へ。
しかし、初日の朝から大事件。
あるメンバーが息を引き取った。

関わる前だったせいか、
病院勤務で多少鍛えられせいか、
現場に立ち会っても割と冷静だったと自分では思っているのだけど、
やっぱり驚き、というかショックである。

これからもこういうことはあると思う。
なんだか、出だしから厳しい洗礼を受けた気分だ。

怒涛の半月間について・その3 

2005年11月08日(火) 11時06分
※※今回で最後!
11/1
朝、タクシーで入院先の病院へ向かう。運転手さん「お見舞いですか?」私「・・・いえ、私が入院です」運転手さん「・・・・・(絶句)」
入院手続きを済ませ、病棟についてすぐブドウ糖&カリウム入りの点滴。今日から4日間、24時間点滴しっぱなしらしいその他に、一日2回抗生物質の点滴。その間は水分のみで絶食。同室の人が良い人たちで安心するが、トイレが遠いのが難点・・・
11/3
絶食して4日。だんだんお腹がすいてくる。主治医に「食べたい」と訴えると、「血液検査の結果、炎症は引いてきてるから点滴の本数を減らしてお粥をだしてみましょう」とのこと。やった!
この日の夕食から食事がでる。玉子粥。味わって食べる。おいしい。口から食べられることのありがたさを実感する。
11/4
朝5時ごろ、ドサッ!!とものすごい音で目が覚める。同室の人が寝ぼけてベッドから落ちてしまったようだ。部屋中騒然となる。ナースコールを鳴らすと看護師さんが来てくれ、「○○さんがベッドから落ちたみたいです」と伝える。落ちた本人は「なんともない」と言い張っていたが、きっとお尻とか打撲してるに違いない・・あの音だもん。アタマを打たなかっただけ幸いか。
この日で点滴は全て外れる。
11/5
朝、採血される。朝食を食べていたら主治医が来る。「血液検査では炎症反応がかなり少なくなっている。どうする?退院したいよね?」と話される。「ヒマなので退院したい」と話すとじゃあ明日あたりにでも、とのこと。うれし〜職場に退院が決まったと連絡を入れると、ムリするんじゃない、しっかり休んでから出勤しろとのこと。その言葉に甘えて、来週木曜から出勤することにする。
11/6
朝10時ごろ、退院。同室の人に見送られ、病院を後にする。6日ぶりのシャバ!!うれしいの一言に尽きる。連れが帰りがけにクラムチャウダーを買ってくれる。テイクアウトして家で食べる。お腹にやさしく、おいしい。
午後からたまった洗濯物と部屋の掃除を軽くする。体力落ちてるのか足元がすこしフワフワする。
-------
と、いう日々を送っていたのであります。
長々読んでくださった方、ありがとうございました
参りました。
胃腸炎恐るべし。
健康が一番です。
札幌は明日初雪、なんて声も聞かれていますが、季節の変わり目、みなさんもくれぐれもご自愛くださいますよう・・・

怒涛の半月間について・その2 

2005年11月07日(月) 10時08分
※前日からの続き
10/30
母校の大学祭。運営を手伝っていた実委OBOGも多かったようだが、自分は元職場の友達と大学祭を見る約束してたので客として参加。連れを残し、電車を乗り継ぎ帰路につく・・・と。
ここで異変が。おそらく長万部付近だっただろうか?なんとなくお腹の調子が悪く、トイレに立つ。座席に戻ってくるも10分としないうちにまたお腹が痛み出し、再びトイレへ・・・
1時間くらいたつと、今度は吐き気までもよおしてきて、トイレにいずっぱりになる。おかしい。
吐くにも吐けず、座席に戻るが、座位を保てないくらい具合が悪くなってくる。指定席だったが、隣の座席が空いていたのをいいことに横になり、そのまま札幌まで耐える。
地下鉄で帰る予定だったが、歩くのしんどく、荷物も多かったためタクシーで自宅へ。
翌日から仕事が控えていたため、大事をとって夜間救急のある病院へ向かう自分で運転していったはずだが、今思うとどこにそんなパワーがあったのか・・・と思うくらい衰弱してた。
「急性胃腸炎ではないか。とりあえず薬出すから飲んでみて」と医師に言われるも、「・・・明日仕事なんです。即効性ある点滴してください」と懇願し、痛み止め&吐き気止めの点滴をうって帰宅。
10/31
朝6時半ごろ起床。だるくて起きられない。腹部に激痛。下りっぱなし。しかも水状態(汚い話で失礼・・・)トイレに行こうとするが立てず這って歩く。頭痛も感じ、一応検温。38.5度。まずい。職場に欠勤の電話をいれ、10時ごろかかりつけ医に行く。ココでは「感冒性の胃腸炎」といわれ、薬をもらって帰宅。
家で薬を飲むために、ゼリーを食べてみるが2口3口で気持ち悪くなってやめる。水分を取るのも億劫だったが、ポカリとかちびちび飲んで凌ぐ。寝返りをうつのもツライ。
夜7時半ごろ、連れ帰宅。前日夜にかかった病院に連れて行ってもらう。胃腸炎と盲腸疑いということで血液検査、腹部XP,CTをとられる。その後、点滴。小腸の炎症がひどいこと、下痢で体内の電解質バランスがおかしくなっていること、水分のみで経過をみるのは無理があることを話され、すぐに入院することを勧められる。準備もないので一旦家に帰りたいと話し、翌日入院することとなる。

※※まだまだ続きます

怒涛の半月間について 

2005年11月06日(日) 8時58分
おはようございます。
久々の更新です。

いやぁ、この半月間は今までの人生を振り返ってみてもかなり濃い〜日々だった・・・
長くなりそうですが、まとめてみます。
=====
10/24
再就職。病棟にて4週間の研修開始(主に助手業務と患者さんとのかかわり)。久々の精神病棟だったが、すぐに馴れる。
10/28
人生初ヒコーキに搭乗し、連れと仙台へ。この日は朝からハプニング続き。私が自宅にケータイを忘れ、駅から急ぎ戻った。また、乗るはずの飛行機が機体整備に時間かかり、結局別の機で1時間遅れで新千歳出発となったヒコーキは離陸のときに結構ドキドキしたが、いざ上空にいってしまえば下界がまるで鳥瞰図のごとくみえてすごく面白かった
久方ぶりの仙台。ホテルにチェックインし、夕食に牛タン定食を食べる。美味。
その後、霊屋下の岩盤浴&お風呂に入りに行く。が!ここでもまたハプニング。帰ろうと思いきや、連れの履いてきた靴が無い!!どうやら、同じ時間帯に来ていたオジサンが間違って履いて帰ってしまったらしい。すぐさまタクシーで駅近くの某ショッピングセンターに向かい、連れ靴ゲット事なきを得る。
10/29
朝からレンタカー(大好きなpasso君)を借り、実家のある栗原→青森→滝沢と怒涛の500キロドライブ・・・いや、もっとか?天候あまり良くなかったが、久しぶりの東北はやっぱり落ち着く・・・。深夜2時頃、滝沢着。翌日のライブ準備してる大学見て、某氏宅で日本酒をかっくらって、その日は泊めてもらう。

※続きます。

ひまびと 

2005年10月20日(木) 15時59分
市内の某アミューズメント施設インターネットブースにてこれを書いています。
来週から早速お仕事開始なので、残り少ない暇人ライフを満喫中(笑)
週末には暇人「ならでは」の鈍行列車の旅In道央をひそかに企画中なんですが、残念ながらお天気が下り坂っぽい。う〜ん、晴れてくださいっ

ちなみに昨日は、東京在住の地元友人(♂)と長電話。
彼女さんの写真を送ってもらい、「カワイイ〜!!!」と悶える怪しい女がここに一人。。

めでたい。 

2005年10月18日(火) 18時15分
先日、面接を受けた某施設より採用決定の電話を受ける。
やばい。うれしすぎ
電話で給与、手当関係の概要を話され、明日雇用契約に行く約束をする。
早速、心配かけまくっていた親に報告。喜んでくれた。
そして、友人にも報告。彼女んとこもあらたな展開?があったらしい。
ガンバレ

儲かったらデジカメが欲し〜い

秋色。 

2005年10月16日(日) 20時41分
髪を切りに行ってきた
ついでに秋なので、カラーもチェンジ。渋めのオレンジです。
「すご〜い、けっこう長いですね!」と美容師さんに言われ、へ?と思って鏡を見せてもらったら・・・あらら、一番長いところで背中くらいまであるじゃん。。。いつもはおろすことってあまり無いから、気づかなかった。今まで生きてた中で一番長いかも(笑)
トータルで4時間近くかかってしまったけど、仕上がりに大満足たまにサロンに行くのはいいなぁ、と思った。
そしてなぜかカラーリングしてもらってる間、<動物占い>の話で盛り上がった。なつかし〜

水曜どうでしょう祭 

2005年10月14日(金) 20時19分
相方さんに連れられて、「水曜どうでしょう祭」に行ってきました
私たちは開場2時間ほど前に現地に着き、待っていたのでそれほど混まないうちにアリーナ内などを見ることが出来ました。
お祭りというだけあって、縁日あり、屋台あり、そして「水どう」メンバーのトークショー、ライブ等々・・・があり、予備知識があまり無い状態で行った割には、とっても楽しめました。
オススメは、「藤やん」さんのママが作った小倉トースト小倉あんが甘すぎなくて、食べやすかったです。ちなみにママさんも笑顔のステキな方でした
ちなみに、左の写真は知る人ぞ知る「onちゃん」です。いつみてもカワイイですね
来年もぜひぜひ、このお祭りを開催してほしいなぁ。そしたらまた絶対行きます!

友と再会 

2005年10月13日(木) 19時54分
高校時代の友人が北海道旅行に来ているということを彼女のblogで知り、
早速コンタクトをとって札幌で会うことに。
ともにスープカレーを食し、JRタワーの展望台に上る。
会えたのはほんのちょっとの時間だったけれど、とても懐かしかったし楽しかった。
会って話が出来てよかった。
女友だちはやっぱりいいな。

そして、改札前で彼女を見送った後、触発されて道内旅行のパンフをひたすら集めまくる私でした(笑)
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像mah@宮古
» 怒涛の半月間について・その3 (2005年11月08日)
アイコン画像nao
» NANA TEN (2005年09月07日)
アイコン画像宮古から♪
» デビュー!! (2005年09月07日)
アイコン画像nao
» デビュー!! (2005年09月06日)
アイコン画像nao
» デビュー!! (2005年09月06日)
アイコン画像宮古から♪
» デビュー!! (2005年09月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao-san
読者になる
Yapme!一覧
読者になる