3月! 

March 02 [Thu], 2006, 21:07

つ、ついに3月になってしまった・・・。
もう社会人まであと僅かのところへ来てしまったなぁ。

ホント『春』のは色んな事を考えさせられる。

空を覆い隠すほど咲き乱れた桜の花は、
今日までに出会えた友と笑い合う姿を描き

そして風が吹き雨が降り、
散りゆく様子はこの先の別れを意味し

一面に敷き詰められたピンクの花びらを通り抜ける様子は、
出会った人達から学んだものの上に自分が成り立っている事を意味している。


これからそういう春を越える事は少ないだろうけど、
今、一時そんなことを考えるのも赴き深い・・・。


この春見るあなたの桜はどんな桜ですか?


一歩一歩。 

February 27 [Mon], 2006, 20:52
明日で2月も終わってしまう・・・。
早いなぁ

このままではあっという間に社会人になってしまう!
とはいえ来月の予定は結構埋まってしまっているから、今から何かしようというのはほぼ不可能かな

それでももし時間が出来たら何しよう・・・。
とりあえずスノボ極めたいかも。
雪国出身とはいえ、スノボを始めたのは大学1年の時だから、
まだまだ未熟と言えば未熟
あっちなみにそれまではスキーヤーだったわけなんだけど、そっちも結構中途半端だったりするしなぁ。

基本的に就活前までは平気でジャンプしてたけど、内定してからは怪我だけはしないように生きてきてるから
今雪山に行ってもそんなこと出来るわけもなく(笑)

と言いながらも先日行ったスノボではクロス並みにスピードを出して滑ってました
おかげで軽く鞭打ちになるくらいのクラッシュの連続・・・。
安全運転しなきゃね!

って話がそれた!
とにかく社会人になるまでだけじゃなく、なってからも色々と趣味の幅を広げられるようにしたいなと感じる今日この頃でしたとさ

築地! 

February 26 [Sun], 2006, 20:31
さてさて今回は初のグルメ系投稿!

と言う事で第一回の今回は『築地・仲家



ここは丼専門店と言ったところでしょうか。
様々な丼ものがそろっています。



店頭のメニュー看板だけで23種類!
他のも違う定食もあったりしますが、ほとんどのお客さんはこの看板を見ながら選んでました。

さてそんな中、自分が頼んだのは


海鮮丼(¥1,000)』
有頭エビ、シャコ、いくら、たこ、まぐろ、などなど・・・。
もうボリューム満点です。

この他に味噌汁と漬物、小鉢が付いてきます。
これだけそろってこのお値段!
さらには築地と言う事で新鮮なネタ、これ以上の条件はないでしょう。
さらに丁度いい酢飯具合もGood!

もう文句なしに上手い!!

さらに人気店ということで常に長蛇の列になっていながら、
店頭で注文を受け、店に入り席に着いたときには既に出来上がっているという仕事の早さ!
もう頭が上がりません

あっという間に完食した事はいうまでもなく・・・。

ちなみにこちらのお店は営業時間が14時まで。
13時半には列の最後尾に並んでいる人への案内があり、暖簾もおろしてしまいますので
行こうと思っている方はお早めに

祝・荒川選手金メダル! 

February 25 [Sat], 2006, 1:03
この件に関してはLIVEでもしくはニュースでご覧になった方も多いと思いますので、
演技などに関してはもう余計な事は言いません!

とにかくありがとう荒川選手!
あなたの長野五輪において一人で立ち向かう姿から早8年。
夢を叶えましたね

SPの時点で3者がほぼ同列に並んだ瞬間、きっと勝負はもう精神力の問題でしか決着は付かないだろうと思ってました。
そんな中での自己ベストを上回る最高の演技!
いかに上手く滑るかというよりも、いかにミス無く環境を出来るだけ長い時間魅了し続けられるか。
その思いが伝わってきた気がします。

トリノ後はプロになるとの事ですが、これからも変わらぬご活躍期待してます

サッカー:対インド戦 

February 23 [Thu], 2006, 9:01
実は昨日サッカー・アジア杯最終予選をやっていたのをすっかり忘れていた
最近のトリノ熱のせいでサッカーよりウィンタースポーツといった傾向が強いのかも・・・。

さてさて結果はいかに!?
↓↓↓
6-0

これにはびっくり!
世間的には仮にも「決定力不足」と見られている日本がこんなに大量得点とは・・・。

実際に得点をあげた選手を見ると前半・小野、
そして後半には13分に巻のゴールから始まり5得点!
(久保は2得点!)
しかも後半は10分に1点のペースという終始日本ムードでのゲームとなったようだ。

今回の結果はジーコJAPANにとって吉と出るか凶と出るかはまだ分からないが
長谷部、佐藤というトップにおける若い力の台頭、そして久保の復活はかなり心強い。
4年前のW杯、日本初勝利をもぎ取ったのが当時22歳の稲本選手であったように、
こうした若い力が日本を引っ張り次世代へとつながりを作ってくれそうな雰囲気は大切だと思う。

ただ気になるのは川淵キャプテンの試合後の一言。
『相手を探してのパスが多すぎる。もっと思い切ったプレーがほしい。けが人が出なかったことだけが救いだな』
会場内では前半に時折ブーイングが起こっていたらしい。
前半にはパスミスも多く、ゲームの流れがつかめていない時間帯があったようだ。

まだW杯までは僅かながら時間がある。
海外組の合流も含めて連携を確認し、今回は無かったが、ミスからの失点を招かないようにしていく事が大事なのかもしれない。

何はともあれ頑張れニッポン

トリノ! 

February 22 [Wed], 2006, 19:50
2006・冬
今一番の注目のスポーツといえばトリノ五輪『フィギュアスケート女子』だろう。

しかし個人的に今回のオリンピックで盛り上がったのは

『スノーボードクロス』
『カーリング』

だと思う。

正直、当初はこの2種目に関してあまり注目はしていなかったのだが、
たまたま見ていたら、はまってしまった

まず、『スノーボードクロス』について・・・。

予選会は個人でのタイムを競っているため過程より結果に目が行きがちだった。

しかし準々決勝以降、
4人で競い合うスタイルに変わってからは目の付け所が一変した。
なぜなら、そこにはタイム云々と言うよりも
駆け引きの要素が多く詰まっていたからだ。

ほんの少しのミスが逆転へとつながり、ほんの少しの余裕が敗北へとつながる。
この緊張感と臨場感は他では味わえないものがあった

そして自分自身、スノーボードをしているので内心

「この競技なら・・・」

なんて思ったり
しかし、この種目の藤森選手は19歳・・・。
若さが足りない自分・・・これからも応援側でいようと感じました(笑)

頑張れニッポン!

そして同じ地元出身と言う事で今後の活躍にもかなり期待!

続いて『カーリング』
今大会では立ち上がりこそ悪かったものの、
本来持つ潜在的実力が開花した形で
強豪チームを破っていった。

たまたまゲームの全部を見られたのが対カナダ戦
キャプテン小野寺のスーパーショットにしびれました。

語弊のある言い方になってしまったら申し訳ないが
実際、日本の中ではあまり注目を浴びていないスポーツであったことも確かだ。
しかしその環境の中で、様々な事情の波にもまれながらも、
北海道から青森へと練習地を移し頑張ってきた。

その努力が今大会での日本中の視線を集めるという
結果に繋がったのではないだろうか。
本当に勝ってほしい、もっと活躍を見ていたい。

そう強く感じた種目でした。

偶然ではないだろうけど、
今カーリングの映画(彼女達の実話を基にしている)も公開中!

これはぜひ見に行きたい!

というわけで、もうすぐトリノも閉幕!

フィギュアの選手達にも笑顔で帰国してほしいと感じる今日この頃でした

Blogすたーと! 

February 22 [Wed], 2006, 18:52
以前はHPを作っていたりもしたんですが、
こっちのほうがやっぱり

使い勝手がいい!

と言うことで、Blogに変更です

自由気ままに更新していくので、良かったら頻繁にチェックしてみてください(笑)
【Profile】
name:
なお(♂)
大学4年生

address:
東京

favorite:
サッカー
フットサル
スノーボード

学生生活を満喫して終わらせるために日々奮闘中!

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nao-12
読者になる
Yapme!一覧
読者になる