快盗天使ツインエンジェル2紹介

September 11 [Fri], 2009, 16:56
うるぷろで稼げるサイドビジネス!




快盗天使ツインエンジェル2紹介

■概要


2009年2月6日に作品公式サイトにて発表された。Myスロ(マイスロ)という携帯電話と連動した実機カスタマイズ機能を搭載している。パネルは通常ver.とクルミver.(下記「登場人物」参照)の2種類がある。

プロモーション展開では萌えスロのファン層を意識した展開を進めている。

・ 2008年11月9日に行われたOVA発売記念のトークショーでプロモーションビデオの先行公開が行われた(本機の検定通過前だったため、一部にモザイク処理がかけられている)。
・ 2009年1月1日にビジュアルノベル『快盗天使ツインエンジェル 幻の少女』の無償配布を行い、先述のプロモーションビデオも収録された。またこのことを告知するため2008年12月28日から30日にかけて行われたコミックマーケット75でチラシを配布、このチラシや東京ビッグサイト場内の広告には本機に参加したイラストレーターのイラストがコミケカタログのサークルカット風に並べられていた。
・ 2009年2月に公開された、本作のプロモーションビデオがニコニコ動画への流出を前提として作られていたため、ネットで話題になった。


■スペック

・ ボーナス確率は設定1でも合成確率190分の1(メーカー発表値)という「スイートスペック」を称している。豊富な液晶演出は前作の5倍(メーカー発表値)にも及ぶ。
・ HYPER BIG BONUS(同色赤・青7揃い)は、約250枚、BIG BONUS(赤赤青・青青赤7揃い)は約200枚、MIDDLE BONUS(赤赤白7・青青白7揃い)は約80枚獲得できる。
・ 全てのボーナス終了後はエンジェルチャンスに突入する。エンジェルチャンス中に小役やボーナスが成立すればナビポイント獲得抽選が行われる。エンジェルチャンス中に「リプレイ・ベル・ベル」が並べばエンジェルチャレンジに移行する。ここで3択の押し順に成功して、なおかつ「リプレイ・リプレイ・羽」の特殊リプレイが成立すれば33Gの半完走型RT(エンジェルタイム:以下AT)になる。AT終了後はボーナスに当選していなければエンジェルチャレンジで再挑戦することになる。
・ エンジェルチャンス中は順押しせずに変則押ししてしまうとエンジェルチャレンジに移行しない。
・ BIG BONUS中は白7揃いでナビポイント獲得。MIDDLE BONUS中は左リールで「カバン・カバン・ベル」の目押し(若干コマに余裕あり)に成功するとナビポイント獲得抽選が行われる。ボーナスゲーム突入前には3種類のゲームを選択可能で、その内容によってナビポイント抽選の演出が異なっている。
・ AT中はリプレイ確率が大幅に上昇し、1ゲーム平均約0.3?0.5枚の増加(サミーHPによる公称値は0.6枚)が見込める。エンジェルタイムは、33ゲーム消化するか、赤7のハイパービッグか赤赤青7のビッグボーナス成立で終了する。(それ以外のボーナスが成立した場合、33G完走する)このため前作とは異なった仕様になっている。
・ 小役重複当選機能を有している。
・ 天井機能が搭載されており、エンジェルチャレンジ失敗後999G経過すると、エンジェルチャレンジに再突入し、次回ボーナスまでナビが発生する。



wikiより
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nanzokore
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nanzokore/index1_0.rdf