自宅で難聴を治す

あなたは今、家族の声が聞き取れず大きなストレスを抱えていますか?

もしくはテレビの音が大きくなってしまったり、電話の声が聞きとりにくくなり悩んでいますか?

多分“難聴”に悩んでいるあなたは、今までに一度くらいは難聴を改善しようと試みた経験があると思います。でも多くの場合、間違った改善方法を実施したり、また高額な補聴器を買い、耳鳴りや偏頭痛に悩まされているというのが現状だと思うのです。

ですがもしここに、1日たった9分の簡単なトレーニングを自宅で自分ひとりで行い、わずか28日で大幅に改善した難聴改善プログラムがあるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?



>>もっと詳しく知りたい
 

難聴の治療

難聴の治療は進行をくい止める保存療法が中心です。難聴を引き起こす原因疾患に応じた治療を行うと良いでしょう。

中耳炎による難聴などの伝音性難聴
孔のあいた鼓膜や破壊された耳小骨の形成手術によって聴力を回復させることができます。

感音性難聴
大部分は、一度失われた聴力を元に戻すことは困難ですので、進行を防ぐために行われる薬物療法が中心になります。

老人性難聴や騒音性難聴、音響外傷
”がぎゅう”の感覚細胞や神経組織の働きを活発にするビタミン剤が投与される場合が多いです。また、騒音下で仕事をする人には、耳栓やレシーバーを着用させて悪化をくい止める方法が有効です。

突発性難聴
ビタミン剤とともに、ステロイドホルモン剤が投与されるのが一般的のようです。ステロイドホルモン剤は、内耳の炎症を抑え、血行障害を軽減させる効果があるそうです。
通常は2〜3週間にわたって使用しまして、少しずつ使用量を減らしていきます。”がぎゅう”内の水分の排泄を促し、血液循環をよくするために、利尿剤を使用することもあるようです。
薬物療法のほかの治療法に、内耳に高濃度の酸素を送り込む高圧酸素療法が行われるケースもあるようです。これは、専用の設備が必要なことから一部の医療機関に限られてしまいます。

※突発性難聴の治療のポイント
発症から1週間以内の早期に治療を開始することが大切です。治療をしないままほったらかしにし、2週間以上が経過すると、聴力改善の可能性は低くなります。また、1ヶ月以上経過すれば回復の見込みはほとんどないと思って下さい。聞こえの悪さに気づいたら、すぐにでも病院などの医療機関にいって診察してもらいましょう。

薬剤性難聴
ほかの感音性難聴と同様、ビタミン剤、血管拡張剤などが投与されるようです。
薬剤性難聴は、高音域の聞こえ聞こえにくさで始まるため気づきにくいです。ですので、自覚するようになった時はすでに高度難聴に進行していることもありますので注意が必要です。

難聴を引き起こす可能性のある薬剤を使用する場合には、定期的に聴力検査をし、予防と早期発見に心がけましょう。

>>難聴は自宅で治せます。今すぐチェック
 

難聴とは

難聴(なんちょう)は、耳(音)が聞こえにくくなる障害の事です。原因として、通常は老化現象によることが多いですが、産まれつきのもの、成人前でも起こる場合があります。また、精神的ストレスなどによって突然聞こえにくくなる場合もあります。騒音が激しい工場労働者や交通機関周辺などの騒音が酷い地域の住民などでも起こりえます。突発性難聴は原因不明のことが多いです。東洋医学では耳聾(じろう)と呼ばれています。

障害の重さからは
軽度
中度
重度難聴

障害の原因からは
伝音性難聴
感音性難聴
混合難聴

と上記のように区分されています。

伝音性難聴
外耳または中耳の傷害に起因する難聴です。例を挙げますと、生まれつき外耳道が塞がっていたり、交通事故などが理由で頭部横に激しい衝撃を受け側頭骨や内耳を破壊した場合。また、中耳炎のような振動を伝える器官に炎症を起こしていたりする場合に発生します。

感音性難聴
音の振動を判断する内耳の感覚細胞の機能低下、もしくは感覚細胞から脳へ信号を送る際の神経の障害が原因で生じる難聴です。各種病気や抗がん剤のような薬で神経が破壊、もしくは老化により蝸牛内部の有毛細胞が減少した場合に発生します。

混合難聴
伝音性難聴と感音性難聴の両者を併発しているものを言います。
 

突発性難聴について

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう、Sudden Deafness)は、突然なんの兆しもなく、片側の耳だけ、ある日突然聞こえずらくなる病気です。

現在のところ原因は不明ですが、内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種と考えられています。

毛細血管の血流が妨げられ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという内耳循環障害説、ステロイド(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからウィルス感染を原因とする説などがあります。それに患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする意見もあります。また、耳以外の神経症状(四肢の麻痺など)は見られないようです。そして、遺伝の要素は見つかってはいません。現状として分野としてはあまり研究が進んでいません。