第B話

April 19 [Sun], 2009, 23:45
いよいよ運命の日がやって来た。
言葉に惑わされつつ彼がバイトに入ってたりしたら狙って遊びに行くようになってた柚希。
その日も遊びに行っていた。
彼と先輩が仕事をしている横で話す。
柚希が後輩を見つけて席を外す。
その時先輩が彼が柚希が好きではないかという感じになってたらしい。
後から聞いて凄く吃驚した。

バイトが終わってから柚希と彼は休憩室でお話。
バイトの先輩に冗談で言われた“付き合えばいいのにって言われた〜”と彼に話した。
すると彼は“ぢゃぁ付き合う??”と言ってきたのだ。
予想外の言葉に柚希はそれに対して思わず“はい”と答えた。
今度は彼が柚希の言葉が予想外だったらしくしばし沈黙…
とりあえずこの状態で誰かに会うのはヤバいと判断し急いで帰った。
帰る前にお互い“宜しく御願いします”と言って別れた。
この日柚希と彼は恋人同士になった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柚希
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nanovivi/index1_0.rdf