ただ今、ロード・トゥ・ドラゴンというアプリにはまっております←

August 02 [Fri], 2013, 13:57
ゲームは好きだけど上手じゃない僕が思った事を書いていこうとおもいます!





この頃、ロード・トゥ・ドラゴン()というゲームにはまっておるのですが・・・

イベントクエストのみを進めまくっていたら、通常のクエストが進まない・・・



まあ、そんなこんなでお気に入りキャラみたいなのもできたんですよ←

 ミハエルってキャラなんですけどね・・・

(分かってる。そんなにいい人じゃないのは分かってる←(泣))

三段進化するんですけど、ストーリーが↓


ミハエル
同郷のアレクセイと共に、数年前に王都へとやって来た青年騎士。国家資格の中でも最難関とされる王国騎士の資格試験に、いとも容易く合格した若き天才。ただ天才ゆえに、自分よりも要領の悪い者の気持ちが理解できず、周囲との衝突は絶えない。

ミハエル・ヴァイス
その才能を十二分に生かし、騎士団長へと昇進したミハエル。その才覚で王国騎士団を率いるだけで無く、内外の政治にも口を出せるほどの立場となった。そんな彼の強引な手腕は、たびたび現在の王アルトリウスと対立しており、今、国は二つの派閥が対立する構造となっている。

聖将ミハエル
その悪魔と呼ぶに相応しい頭脳をもってして王国の全実権を握った将軍ミハエル。何重ものワナを張り、自身の行く手を塞ぐ邪魔者を、必ず社会的かつ物理的に亡き者にしてきた彼がその最後の締め括りとして標的に定めたのは、現王アルトリウスであった。




こんだけならねー笑




・現王アルトリウスという方は、できた人なんだー
最愛の人を亡くしながらも正義に生きる人だぁ・・・
(大まか過ぎるな笑  「アルトリウスとエンゼリカ」で、調べて。←悲劇の人・・・)


・ミハエルの部下の方のストーリー 

(アルフォンスという方です)

アルフォンス
王族としての地位を剥奪され、一般兵として軍に所属するハメになった、元・王子。軍においては不遇の扱いを受けており、毎夜、涙で枕を濡らしている。しかし上司ミハエルから、百体のドラゴンを倒せば王族へ復帰させてやる、と言われており、その日を夢見て今日も頑張る。

アルフォンス・ヴァイス
百体のドラゴンを討伐するという偉業を達成しながら、なかなか出世出来ない不運な元・王子。軍においてはどうにか副隊長までこぎつけたが、部下から明らかにナメられており、毎夜、涙で枕を濡らしている。唯一の趣味である釣りを心の拠り所とし、週末を待ちつつ今日も頑張る。

天帝の門アルフォンス
あらゆる努力を惜しまなかったが、ついに王族への復帰は叶わなかった、元・王子。軍内部では相も変わらず出世も出来ず馬鹿にされているが、それでももう彼が涙で枕を濡らすことは無い。アルフォンスは、自分の帰りを待っていてくれる妻と子供の幸せのため、今日も頑張る。


・脅された子(騎士団団長とは、ミハエルのことらしく・・・)

マクシミリアン
ドラゴンと人との共存を、王国に訴え続ける狩人の少女。彼女の生まれ育った谷では、ドラゴンと人間が持ちつ持たれつの関係で生活する事が当たり前であり、敵対し合うなどあり得ない事である。その為、無益な戦争をやめさせようと、ドラゴンとともに王都へと舞い降りた。

マクシミリアン・ヴァイス
ドラゴンと共に、ドラゴンを狩り続ける女戦士。元々は人間とドラゴンの共存を王国に訴えていたが、谷の存在をつきとめた騎士団団長が、その存亡を盾にとり彼女に脅しをかけた。彼女は自らの失策を悔やみつつも、谷に残るドラゴンや孤児たちを守るため、ドラゴンを狩り続ける。

封龍士マクシミリアン
ドラゴンと人とが共存する故郷、「悠久の谷」から追放された女戦士。騎士団団長と交わした約束は守られているものの、谷の存在は各地に知れ渡り、今やその特異な環境やドラゴンを求め各軍が動き出している。谷の決定は、彼女の追放の後、この土地を捨てるというものであった。


・ミハエルの子孫

イザベラ
国民の反乱によって滅んだ、亡国の王女であったイザベラ。その後、王女から一点、貧困にあえぐ街へと放り出された彼女は、そこでの生活で自身を守る術と、知恵を身につけていった。時は経ち、イザベラはある王族に引き取られる事になる。そして彼女はマリアと出会った。

女王イザベラ
マリアと共に明るく楽しい生活を送る乙女……の振りをする元・王女。イザベラの祖先たる初代国王ミハエルはこう言った「我こそ主である」と。そう、イザベラにとって主従関係とは全て自身を最上としたものでしか無い。彼女はこの、マリアの国を乗っ取るため準備を進めていた。

女帝王イザベラ
イザベラは自身の計画に僅かな狂いが生じている事に苛立っていた。「竜化症」を、マリアと現国王であるマリアの父に発症させるまでは良かったものの、マリアの心は存外に強く、継承者の席を空けようとはしない。ならば、と彼女は「邪竜の魔眼」を手にし第二の計画を開始した。



ミハエルとアレクセイは同郷

アレクセイ ストーリー
同じ村の出身であるミハエルと共に、王国騎士の資格試験を受けるため、王都へとやって来た少年。結果、試験には惨敗し、ミハエルとの格の違いを見せつけられる結果となったが、それを転機に、真面目に修行に打ち込むようになった。

マクシミリアンとの約束はいちよう守ってるじゃん・・・

鎧がキモいとか、言わないで(泣)
ミハエル・ヴァイスの時の鎧よかったじゃん←


最後アルフォンスに・・・・←泣きそうになった


まあ、そんなこんなでミハエル&ヴァルトロス&あまぎでがんばってきます!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひかげ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/nano_nata/index1_0.rdf
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
P R