帰国 

2005年03月13日(日) 15時42分
日本に帰ってきました。

イタリア旅行、とっても楽しかったー。

写真でしか見たことのない、数々の遺跡を実際に目にすることができて
感激しっぱなし。
ほんとにほんとに素敵だった。

nannはすっかり元気になりました。

環境を変えてみることって、よい気分転換になるなって思った。

イタリアにいるとね、自分の悩んでることがとっても小さなことに思えて
いつまでもクヨクヨしてて、閉じこもっているのがもったいないなって
そう思えたんだ。

がんばろうって思えた。

がんばるね。
前を向いてまた歩いていこうと思う。

自分のために。
幸せになるために。

ほんの数分でも。 

2005年03月01日(火) 12時20分
「ごめん、今日はメッセ入れないんだ」

その一言を送る時間さえもあなたにはないのでしょうか。

お昼休みのほんの数分
仕事帰りのほんの数分
寝る前のほんの数分

その数分さえも私のためには使ってもらえないのでしょうか。

メール1通さえもらえずに
私がどんなに苦しい想いをしているか
あなたにはわかってもらえないんだね。

それが悲しい。
それが悔しい。


あなたが「友達」としての関係を望むなら
せめて「友達」としての思いやりがほしいです。

それは、決してわがままだと思えないのですが。



調べてみた。
あなたと私の距離
825km

心の距離は、もっと離れているね。



イタリアに行ってきます。

帰ってきたら、少しは立ち直れているでしょう。
帰ってきたら、またがんばります。

わからないです。 

2005年02月28日(月) 20時37分
元気なのか

元気じゃないのか

笑っているのか

泣いているのか

何をしているのか

何を見ているのか

何を食べているのか

何を考えているのか

何を思っているのか

何もわからない
何も教えてもらえない

私はその程度の存在

小さな存在
薄い存在

わかっていることはただ一つ

あなたがメールを返してくれないということ

メール送信。 

2005年02月28日(月) 1時59分
会いたい…。

会いたい…。

会っちゃいけない。

メールしちゃいけない。

会いたい…。

そんな葛藤をしばらく続けて
メールを送ってみた。

「今晩メッセ入る時間ありませんか?」

1時間経った。
返事はまだこない。

きっと…
返事はこない。

反省文 

2005年02月27日(日) 16時18分
本日3つ目のブログです。
ちょっと書きすぎかなと思いつつも
どうしても今、反省の弁を述べておきたいと思ったので
今書きます。

私の嫌いな、例の「あの方」のブログを読んで
また諭されました。

先日のブログで私が書いたこと。
「食事や入浴の時間があるのに、メールをできないはずがない。メールを送らないのは、相手のことを想ってないから」

これは、間違いのようです。

あの方曰く
メールを返信しない(返信が遅れる)理由は
・ 仕事で疲れているから。
・ 仕事のことを考えてるから。
・ 心のこもった返信をできないから。
・ 相手の時間の都合を考えて躊躇するから。

男の方は、いつも彼女のことばかり考えている訳にはいかないようです。
相手の女性は、それをわかってあげなきゃいけないんですね。

あなたが忙しいことも、疲れていることも、十分にわかっていたのに
あなたが私のことを想ってくれてることも、わかっていたのに

ごめんなさい…。

女とは、いつも愛情を感じていたい生き物なのです。
愛する以上に、愛されることを願う生き物なのです。

まして、こんな恋愛の形だと
私は尚更不安になってしまうの。
いつだって、待つことしかできなかったから。

男心と女心 

2005年02月27日(日) 15時31分
男心と女心 異性の心理マーケティング

男心ってそうなんだ…。

私はいつも好きな人のこと考えられるけど
相手にそれは無理なんだぁ。

男と女って、身体だけじゃなくて心理的にもだいぶ違うんだね。

「女心をわかってない!」
「男心をわかってない!」

そう言うけれど、こんなに対極した性質なら
わかるはずもないな。。と思うのであります。


そんで、恋愛チェックなる心理テストををやってみました。

な、なんとΣ(*゜艸゜*)!!
恐ろしいほどに当たってる。
まるで見透かされたかのような名回答。
確かに私はこんな人間だって、思わず納得してしまう結果がでました。


恋愛タイプチェック
女性向け
男性向け

続きで私の診断結果を載せておきます。

未送信 

2005年02月27日(日) 14時23分
久しぶりに冬らしい日が続いております。
一昨日あたりから気温がぐーっとさがって外に出るのが億劫。
昨日は最高気温が2度だったから、ほんと寒かった。
今日はまだ陽がでてるから暖かいほうなのかな。

穏やかな日和です。

葉のない木々を白い花が彩りを添えてとてもきれい。
地面に広がる白いじゅうたんが陽の光にあたってキラキラしてる。

白は好き。
何にも染まってない一番純粋な色だから。

ふぅ〜。
あなたのことばかり考えてます。

「元気ですか?」
この一言を送る勇気がでない。
何度も携帯を開いては、メールを送ろうか迷って
送らずに携帯を閉じてしまう。

怖いから。
あなたがどんな反応をするかが怖い。
自分の気持ちがまた「恋心」へと向かうのが怖い。



元気ですか?
くたびれてませんか?

nannのこと、覚えてますか?

諭し 

2005年02月26日(土) 1時30分
“ 愛した彼をとことん信じてごらん。
 心から信じていれば必ず応えてくれるはずだよ
 貴女が好きになった男なんだからね。”

ある方の発言です。(←赤の他人です)
私はこの方が嫌いです。
この方はほんとに楽しそうに不倫をしているから。
引け目も罪悪感も何もない。
恋愛して何が悪いとでも言っているかのような勢いだから。
だから嫌い。

でも
この方の言葉を見て
もっと早くこのコメントに出会いたかったなって思った。

もっと早く
諭して欲しかった…。

私は信じることをやめてしまった。
想い続けることを諦めてしまった。

そして今
こんな有様。。

信じていれば
結果は変えられたのかな?


自分のことしか考えてないんだと思う。
自分が如何に寂しく苦しい時間を過ごしているか
自分ばかりが犠牲になってるかのように勘違いしてる。

大切なことを忘れてるよね。

あなたも苦しんでいるということ。
あなたも辛いということ。

大好きな人なのに
あなたの気持ちを汲み取ってあげられなかった。
あなたの苦しみを癒してあげられなかった。

誰よりも大切な人なのに
あなたより自分を優先してしまった。

だから私はあなたを失ったのだと思う。

ちょっと愚痴ります。 

2005年02月25日(金) 0時07分
最近、苛つくことが多い。

何かに苛つくというより
感覚的に苛ついてる感じ。

誰も悪くないのに
責められる理由なんてないのに
感情のままに暴言を吐いてしまう。

ごめんなさい。。

今の私には誰も近寄らないほうが良いように思うのです。

私の身体がね、私の心に苛ついてるの。

心が元気にならないから、身体も元気にならない。
心が弱ってるから、身体も弱ってる。

だから身体が怒ってるの。

この苛つき、どうにかしたい…。

「イライラにはカルシウムを摂るといい」
そういう話をよく聞くけれど
効果あるのかな。。


恋愛中は
あなたに不安や愚痴を言う権利があった。
お互いを支えとしていたから。

でも今は
あなたに不安や愚痴を言う権利はない。
もう私たちは他人だから。

失恋の苦しみは自分で乗り越えるしかない。

泣いても怒っても、誰も助けてはくれない。
誰にとっても私の失恋は「他人事」だから。

泣き虫 

2005年02月24日(木) 3時33分
泣き虫nannは
今日も泣いた。

悲しくて
寂しくて
助けてほしくて

誰も泣いてるのを知らないから
助けてなんてもらえないのにね。

助けの手を求めても、あなたは助けてくれない。
いつだってそうだった。
あなたは私の手をとってはくれなかった。


涙が涸れるまで泣きなさいと言うけれど
涙は涸れないと思う。

悲しみが続く限りは涙はとまらない。

そして、今の私の心は
悲しみでいっぱい。

だから私の涙は涸れない。


「nannをリアルに幸せにはしてあげられない」

初めからそう言われてた。
それを知った上で好きになった。

だから、あなたを責めるのはお門違いなんだよね。
ごめんね。

あなたもきっと苦しんでるんだろうに
わかってあげられなくてごめんね。

ちゃんと気持ちの整理をつけるから
ちゃんと友達として向き合えるようにがんばるから

だから
私の存在を消さないで…。


泣き虫nannは
今日も願った。

しあわせの涙を流したい。

喜びに声をあげて泣きたい。
出来事
8/13〜29 アテネオリンピック
9/16〜19 京都旅行
10/24 新潟中越地震
10/26〜28 東京オフ会&旅行
12/27 スマトラ地震・津波
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nann_pol06
読者になる
Yapme!一覧
読者になる