絵。 

February 18 [Sat], 2006, 1:39
わたしは画風が定まってない。
いつもいろんな画風で書いている。
そういうときに、画風が定まっていて、
それでいてお仕事もしているイラストレーターのサイトを見ると、
はっとする。
ザクッと来る。
自分に失望する。

きっとわたしは、
自分の作り上げた画風が、
受け入れられないんじゃないかと、こわがって、
いつまでたっても画風を定めないんだと、そのたび気づく。

でも、
時がたてば、
わすれる。

その繰り返し。

でも、
この卒業という区切りの時期、
わたしはけじめをつけないといけない気がする。

これからは、
わたしはもっと、
いろんなモノを見て、ふれなければいけない気がする。
そしてそのなかで、
自分が心から本当に好きだと思えるものを厳選できるか、出会えるか。
自分の価値観を鍛えられるか。
それが大切な課題だ。

私にはその時間がなさ過ぎた。
違うことにかける時間が多すぎた。

でも、その「違うことにかけた時間」も、
決して私には無駄じゃない。
「経験」という、他の人には味わったことのない財産になったのだから。

何かやることは、決して無駄じゃない。
何もしないことほど、無駄なことはない。

これから私は、本当に自分と向き合っていかなきゃいけないときがきたと思う。

プライドと偏見 

February 11 [Sat], 2006, 22:31
最後が完全キッスで終わらなくて良かった。(したけど触れる寸前でカット)
甘甘なのは勘弁ですから… そういうのは二人だけの記憶にするほうがきれいだと個人的に思う。
結ばれた二人のその後は想像するほうが楽しい。はっきり映像に残るとなんだかな…。
いくつも未来があるように感じてわくわくする。

自分が疲れているとき、何も考えたくないときに、さらりと観るにはぴったりだと思った。
私は女友達と二人でいったのだが、
年配(60以上?)のご夫婦が意外に多くてびっくりした。
いつ誰と見ても良い映画だと思う。

キーラ・ナイトレイがとてもきれいだった!本当に1歳違いなのか…美…!
あと、ダーシー役の男性のお目目にすいこまれ…素敵!
恋してる表情に、どきがムネムネしちゃってごめんなさい。
コリンズが99岡村に見えてところどころふきだした。身長差…


公式サイトで私のプライドと偏見具合を診断したところ
プライドも偏見も低い と出た。
まあいいさ…つねに自信ないしね…ふふ

http://www.pride-h.jp/
(コピペで公式サイトへ)
P R
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nanimo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる