突発性難聴の治療期間とは 

2013年06月13日(木) 21時11分
その名の通り、ある日突然聴力を失う病気、突発性難聴。基本は発症後すぐに病院を受診し、治療を開始することです。治療の開始が早ければ早いほど、完治する可能性が高くなるからです。安静にすることと、投薬による治療が一般的で、安静にしている期間は人によって異なりますが1週間から1ヶ月程度。投薬の治療期間は2週間程度が一般的なようです。

(その後の治療期間について)
大体この時点で、突発性難聴から回復する人と、回復しない人とに分かれます。症状の改善が見られない場合は、投薬以外の治療を行います。この治療期間が、大体1ヶ月程度で、長い人でも3ヶ月程度です。ここで回復が見られない場合は、病院での突発性難聴の治療は終了という宣告をされる場合がほとんどです。回復に望みをかける場合は、個人で鍼治療を行う等の手段をとることになりますが、多くの場合は病院での治療期間は3ヶ月程度です。
突発性難聴 治療 期間
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hapimomo
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる