MステSP 

April 01 [Sat], 2006, 23:56
Mステスペシャルすっかり観るの忘れてた。ほんとに。素で。
ふつーにお風呂入ってたし。まぁいいや。

それよりも、ツアータイトル発表されてテンションあがったね。

“MONSTER'S GARAGE”

いーじゃないですか。
この夏のライヴでも、出て来い私の中のモンスター(笑)

毛穴よさらばよ、さらば 

March 29 [Wed], 2006, 22:04
体の内からと外から、この両方のケアがよかったのか?
調子の良い日は続き、いやいやもっといいものあるはず!と別メーカーのドリンクタイプのコラーゲンを飲んだところ、翌朝にはでかい白ニキビができてしまった。
そのドリンクは普段飲んでいたものの倍のコラーゲンが摂取できるものだったんだけど、
ものには限度っちゅーもんがあるのだな、と苦笑。

化粧品業界のアンチエイジング部門も次々と新商品が発売され、
あれもこれもと試しているうちにお手入れはだんだんエスカレートしていき、
クレンジング→洗顔→ミストタイプの化粧水→化粧水→美容液→クリーム→乳液→またクリーム→またまたクリーム・・・と、何種類塗っとんじゃい、です。
これも限度あるでしょ、塗りゃあいいってもんじゃない。
正直、効果がかぶっているものもある。しかもわりと高価(爆)
今はまだこれだけの物を買える金銭的余裕があるからいいけれど、
この先どうなるかわからない。
とりあえず、ナノケアとアミコラは続けて、
肌の調子を見つつ、基礎化粧品はもっとシンプルにしようかな、と。
オーガニック化粧品で気になるものもあるし。
調子がいいのに化粧品減らしたり変えたりするのは勇気がいるけれどもね。
調子がいいだけで、綺麗とは程遠いんですが(汗)

始まってから終わりまで随分とかかってしまったなぁ、
ほんとはさくっと終わらせるつもりだったんだけど。
つーか、毛穴だけでなくトータルに体のこと考えないと、ほんとマズイ。はー。

うん、まあ、ひとまずおわり。





毛穴よさらば3 

February 27 [Mon], 2006, 22:41
で。
まずは基本の「フェナティ」シリーズに
保湿美容液だの美白美容液だのをプラスして使ってきたわけです。
とくに冬場に実感したのが、夕方になっても乾燥しない、ということ。
ただ、やっぱり年齢のことも考えて、
「大人の肌用」の「エヴァンテ」がいいかもなぁ、と
冬も盛りを過ぎた頃にこちらに乗り換えました。

一度「老化防止」(アンチエイジングって言えよ)を気にしだすと止まらなくなって
この頃にアミノコラーゲン(以下アミコラ)」と
「ナショナル エステジェンヌ イオンスチーマーナノケア(以下ナノケア)」を導入。
アミコラは粉末のコラーゲン。
毎晩ひとさじをホットミルクに溶かして飲んだら、お肌がふんわりした感じに。
これさえあれば、ほかに特に美容系サプリメントはいらないだろうなー、ぐらいな感じ。味はまぁまぁ。
ナノケアは、まぁ簡単に言うと顔用の加湿器ですな。
ナノサイズのイオンが蒸気になって噴き出すので、顔全体に蒸気を浴びるのです。
お肌しっとり・ふっくらになります。
日中乾燥してた、とか洗顔しすぎてお肌つっぱっちゃった、て日におすすめ。
つーか、毎日使うのはもともとダメなんですが。

この「エヴァンテ」と「アミコラ」と「ナノケア」のどれが効いたのかいまひとつ定かではないのだが、
このころからなんとなく顔全体にハリが出てきたような感じが。
でもまだまだ、毛穴はぽこぽこあいたまま。
ただ、「やや楕円形」だった毛穴が、「わりと円」に近い形になってきたのは確か。

つづく。

毛穴よさらば2 

February 26 [Sun], 2006, 23:58
まず試したのはファンケルの基礎シリーズ「フェナティ」。
確か約一週間分のメイク落とし、洗顔パウダー、化粧水、乳液のセット。
コンビニで購入。

メイク落としは洗い流すタイプのオイルクレンジング。
オイルクレンジングはDHCで体験済みなので抵抗なく使用できたけれども、
洗い流した後のスッキリ感が今ひとつない。
「やっぱり油だねー」という感じ。
洗顔パウダーは自前の泡立てネットを使ったこともあり、
ふわふわの泡で気持ちよく洗顔できた。
しとっ、とした洗いあがり。
化粧水がクセモノで、キャップのセットの仕方が今ひとつわかりにくかった。
ちゃんと説明書を読まずに捨ててしまった自分が悪いのだけれど。
開栓のタブ(?)をぐるりと引きちぎったあとは、
そのままキャップをぐっと押して閉じるのだったんだけれど、
きちんと閉じて使用しなかったため、そこから液が漏れる漏れる。
ほとんどまともに使わないうちにこぼれてしまったので、効果もよくわからんかった。
乳液はわりとさらっとした感じ。
べたつかないけど、やや物足りないかな?
化粧水がほかのアイテムより早くなくなってしまったので断言はできないけど、
特にこれといって肌トラブルは起きなかった。
今までは化粧水やファンデーションを新しいものに替えたときは
それに慣れるまでしばらくは肌の調子が悪い日々が続いたのに。
これはしばらく使ってみる価値あるかも?無添加、私にあってる?と思い、
基礎から本格的に揃え始めることにしたのです。

つづく。

毛穴よさらば 

February 26 [Sun], 2006, 1:51
私の頬の毛穴歴は長い。

あれは中学生の頃。顔面全体にニキビの花ざかり。
いやそんな呑気なものではない、ニキビ戦争勃発、くらいの勢いだった。
とくにおでこと両頬。
全体的に赤く腫れ上がり、先端は白くプツっとなっていた。
ニキビに関する知識がほとんどなかった当時の私は、
ただひたすらクレアラシルを塗って、厚くおろした前髪で顔を隠すようにしていた。
今思うと、長い前髪のせいで洗顔もおろそかだったのでは。
しかも、白ニキビはかたっぱしから潰していた。
タブーばっかりやらかしていたせいで、
ニキビは治ってもニキビ跡はばっちり残ってしまった。
でもおかしいんですよ、いちばんひどかったオデコには跡はなく、
頬にはぼこぼこと凹みが・・・。
そう、ナンチャンみたいなぼこぼこが・・・。
これはニキビの跡ではなく、毛穴が広がっているのでは・・・?
そう思い始めたのは20代後半。
ずっとニキビ跡だと思っていたけれどこれは毛穴・・・毛穴ケアをしなくては!
今までどんなファンデーションを塗っても埋まらない、逆に目立ってしまう。
肌をフラットにする下地もいろいろ試したけど、どれもイマイチ。
ちょうどそのころから年上の女性と知り合う機会も増えて、
30代でキレイな肌をしている人に会うと
どんなケアをしているのか、と質問するようになった。
同年代や年下の子がキレイなのは当たり前、だって若いもん。
30歳を過ぎても美肌を保っている人の話をぜひ参考にしたかったのだよ。
何人かに質問して、不思議と共通していたのが
「基礎化粧品はファンケル」ということ。
調べてみると、コンビニでお試しセットが買える。
これは試すべし。

と、まぁ長くなりましたがここ最近お肌の調子がよいので、
何が良かったのか振り返りの意味もこめてつらつら〜っとお肌テーマで書いてみようかと。
まぁ、こんな時間に起きて書いてるんで説得力ないんですが(苦笑)

では、つづく。

『素材をかじりまくる』 

February 21 [Tue], 2006, 18:41
さきほど何気なく楽天をみてましたら、
こんな紹介文が目に飛び込んできました。


「ヨダレで肉汁ほとばしる!齧る食う旨い」


なんだこれー!?と思ったら
イヌのおやつでした。
ふつーに人気のスイーツのことかと思ったよ。
それにしてもなんだかすごいな、ドギーマン
思わずクリックせずにはいられませんでしたよ。

バレンタイン恒例の・・・ 

February 14 [Tue], 2006, 21:36
うちの職場、一応毎年バレンタインには女子スタッフからドクター(全員男性)に
チョコを渡しているのですが。

で、うちの科の部長のドクターがですね、

必ずこの2月14日に、

自分の外来の日でもないのに、

夕方になると、

やってくるんです。

「急ぎの書類とかある?」とか
「非常食置きにきたんだよー」とか言いつつ。
普段は外来に来ないのに。(来ていらんけど)
で、まぁ、先輩が
「あ、先生。本来ならこちらから出向かなければならなかったんですけどぉ。
 コレ、外来のスタッフからです、いつもお世話になってまぁす」
と笑顔でチョコを渡すのです。
「え、なになに?わ、ありがとう、すまないねぇ」
なんて・・・
わざとらしいんじゃ・・・
つーか、普段もコーヒーとかおかしとか、
せびってんじゃないよ、イイ歳して。
あー、さむさむっ

B'zバ〜トン(笑) 

February 13 [Mon], 2006, 0:34
asaさんより「B'zバトン」なるものを受け取りましたので、
頑張って回答しました!

自分でもはずかしくなるほど熱くなってますが(笑)
しかし考えれば考えるほど濃くなってしまうので、
このへん(答え始めて一時間半以上経過)でやめておきます。

我ながらアホというか・・・(恥)



■初めてB’zを知ったのはいつですか?また、ファンになったキッカケは?


姉が車のカーステでかけていた「IN THE LIFE」を聴いたのが最初だと思う。
陽気に姉が「シンパイナイ・モンダイナイ♪」などと歌っていたのを思い出す。
「これB’z。今流行ってんの〜」と。
流行りモノにまったく興味のなかった当時の自分は「ふ〜ん」と聞き流し、
その約半年後、Mステにて「BLOWIN'」を歌う稲葉氏を見て一目ぼれ。
当時、クラス内にはかなりのB’zファンがいたのだけれど、
今でも(未だに)こんなにファンなのは自分だけだろうと自信を持って言える(笑)


■B'z Partyに入会してますか?


はい。
自分の持ってる会報で一番古いのが
1994年6月発行分(Vol 022)だったので、入会は同年春ごろかな。
職場の同僚がFCに入っており、彼女に入会用紙をもらって入会しました。


■あえて言うならTAK派?稲葉派?その理由は?


稲葉派です。
ただ、「熱狂的な」稲葉派ではないです。
ほんとに、なんで自分でもこんなにはまっちゃってんだろ、って思う。
んー、やっぱり歌詞かなぁ。
どこにでも転がってるような言葉のはずなのに、
彼が紡いで吐き出すと、びっくりするほど特別になる。
特別なことなんか言ってないのにね。
たまにへんちくりんになってる時もあるのだけれど、そこがまたヨイのです。
あとはまぁ、普通に顔が好みです。


■LIVE歴を聞かせて下さい。


初参加ライヴは1994年3月15日京都会館。
それから毎年一回、必ず参加してます。
ネットを始めてからは年イチ、どころじゃないですが(笑)

思い出深いのは1998年のSURVIVEツアー。
PREVIEWが初めて開催されたときです。
姉から「友達の彼氏が米原のチケ取ったけど一枚余ったって、行く?」
と誘われたときの驚きと言ったらアンタ・・・!
会報でそんなこと発表されてない、嘘でしょう?ぴーずとかの間違いじゃあ?
と半信半疑ながらも、「行く」と。
ほんとうに、行けてラッキーでした。




歌笑みたよ 

February 09 [Thu], 2006, 22:52
調子があがってきたので、今日二度目の書き込み。

「結晶」を歌うというので歌笑という番組を観ました。
具合悪いながらも頑張って観ました。
いろんな意味でつらかったけど(以下略)

なんか実話に基づくコントやってました。
B'zさんファンなら知っている稲&松の普段ネタ(?)
稲葉さんはノドを大切にしてる、
松本さんはスケジュールをきっちりこなす、という・・・。
ま、あんなもんでしょ。
再現コントっつーのは大げさにやって笑いをとりにいくものなんだから、
いちいち目くじら立てないよーに(笑)

そうそう、ゆいいつおもろかったのが
「しょーもないシャレを言う松本氏」
だったわけですが、コント上ではあんまし重要じゃなかったらしい(笑)
ま、私はコントをみて笑ってる二人に注目してたわけなんですが。


「結晶」

CDで聴くよりよかったかもー。
でもやっぱり地味ーなかんじ。
二人の衣装がなんかいい感じに大人っぽかった。
稲葉さんのニット、袖が長めで手首あたりにたまってるかんじがヨイ。

以上。

たちなおってきた 

February 09 [Thu], 2006, 22:36
ようやく全快の兆しが見えてきたような。

日中はほとんど咳もでなくなったし、
ノドの痛みも治まった。
丸々2週間たつし、
まぁ治るべくして治ったんでしょうな。

実は、明日・明後日と温泉旅行に行く計画をたててたのだけど、
今週に入っても良くならないし、今回は見合わせたのですよ。
有給とってたんだけどね・・・。
まぁ、いいですわ。

せっかくの平日の休みだし、
久々に京都にでも行くかー!ってほどの元気はまだない。
明日は銀行とか郵便局とか、
そういう平日の昼間にしか行けないところに行きますよ、地味に・・・
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像asa
» B'zバ〜トン(笑) (2006年02月16日)
アイコン画像nanatsu
» 歌笑みたよ (2006年02月12日)
アイコン画像トト
» 歌笑みたよ (2006年02月11日)
アイコン画像nanatsu
» フラゲ (2006年01月29日)
アイコン画像トト
» フラゲ (2006年01月28日)
アイコン画像nanatsu
» 元同僚のベイビーちゃん (2006年01月21日)
アイコン画像nanatsu
» グリカ&会報 (2006年01月21日)
アイコン画像asa
» グリカ&会報 (2006年01月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nanatsu-178
読者になる
Yapme!一覧
読者になる