総量規制によるお金を借りる時のデメリット

October 17 [Fri], 2014, 14:40
消費者金融は貸金業法の規制を受けます。

総量規制によって借入額は年収の3分の1までに制限されます。

その為、消費者金融には利用者の収入を正しく把握することが要求されるのです。

このことによる利用者への影響は二つあります。

ひとつは単純に融資が制限されてしまうこと、もうひとつは一定額以上のお金を借りる時に必ず収入証明をしなければいけないことです。

融資の制限は年収の3分の1までなので、無計画にお金を借りているとすぐに上限額まで到達してしまいます。

さらに厄介なのがカードローンでは利用可能限度額がそのまま年収の3分の1までの枠に計算されてしまうことです。

使っていないカードでも複数残っていれば、新規に申請できるキャッシング枠はとても小さくなってしまいます。

収入審査についても50万円を超える額と、かなりの少額から証明書を提出しなくてはならず、審査の段階がひとつ余計に必要になるのも面倒です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鈴木ナナミ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nanami800622/index1_0.rdf