第二話 『再会』 

2005年12月10日(土) 21時22分
しがない鍵盤弾きの辛子はその日も鍵盤の練習に明け暮れていた。そして同時に、途方にも暮れていた。なぜ、なぜなんだ林檎女史。なぜそんなにも黒鍵を好まれるのだ。辛子は黒鍵が苦手だった。明後日の方向を見つめながら、その目は死んだ魚のような色をしていた。

鍵盤と太鼓だけのお遊戯はいつしかお遊戯ではなくなり、太鼓を担う人物からは新たに数曲を覚えるようにとのお達しがあり、覚える気はあるのだけど練習嫌いの辛子はその複雑な乙女心に戸惑っていた。戸惑うばかりかあからさまにテンパッていた。覚えなくてはならない楽曲は譜面を一瞥しただけに留まり、辛子は覚えなくてもいい全く関係のない得意な曲ばかりを弾いていた。まずは自信をつけるところから始めるのだ!と、自らに言い訳をしながら。そしてその自己満足の演奏を終え、アタシは天才アタシは天才アタシは天才ぶつぶつぶつぶつ・・と念仏のように唱えながらもう一度覚えなくてはならない楽曲の譜面を手に取ってみた。するとどうだろう。「なんだか簡単に弾けそうな気がしてきましたのー(ペルシャ風)!」と辛子はまたいい気になっていた。お手軽な自己暗示も時には有効か、と思ったのも束の間、「こんなん初見で弾けるかいっ!!」と今度は怒りを露にしていた。自己暗示にかかかったりそれがすぐ解けて怒りに変換されたり、辛子は典型的な暇人ではあるがそういった点に於いては常に、忙しい。

辛子はイライラしていた。己のできないっぷりを目の当たりにし、愕然ともしていた。今日は「だってできないんだもんっ!」という貴様は幼児か?的なヤケを起こしてみたって何の問題もないけれど、今日できなかったものが後日にはしれっとできるなどということは起こり得る筈もなく、「はー、この先一体どうすんべーヘイヘイ」と傍目にはとても焦りなど感じているようには見えないが、しかし辛子は確実に焦っていたのであった。

第一話 『初めてはデビルマン』 

2005年12月08日(木) 19時47分
うだつの上がらない鍵盤弾きの辛子はある日、やっぱりうだつの上がらない鍵盤をその日は初めて太鼓の刻むリズムに合わせて奏でていた。旋律は畏れ多くもかの林檎女史の調べ。鍵盤と太鼓だけのその遊戯は、それでもなかなかに面白いものであった。辛子は思った。



アタシのヘメヘメ(イケてない、という意)鍵盤も、太鼓と合わせりゃあら不思議!とっても素敵!



辛子はいい気になっていた。「あらヤダもしかしてアタシったら天才?」とまで思っていたかもしれない。いい気の針がMAXに達した頃、それまで太鼓を担っていた人物が、「そろそろギターの練習もしたい」と言い出し何故か、辛子にスティックを手渡した。呆気にとられる辛子。何しろ彼女はこれまでに太鼓を叩いてみた試しなどなかったからだ。スティックを渡されたもののどうすることもできず、棒状のものが手中に在ると何でも鼻に突っ込んでみたくなる性質を持つ辛子は、「この太さなら・・入る、かな?」という邪まな思いを馳せながらスティックを眺めていた。そんな辛子を横目で見ていた人物はスティックの貞操の危機を察したのか、ギターの準備を中断し、「簡単な8ビートを教えてあげる」と辛子からスティックを取り上げた。スティック、危機一髪である。そこで4小節ほどのほんとに簡単な叩き方を辛子は教わった。教わったといっても手取り足取り指導されたワケではなく、手本を一度だけ見せて「じゃあやってみ」という恐ろしく適当なものだった。しかしドラムセットは何やら大掛かりだが、3つのポイントしか使用しないそれを、辛子はあっさり真似することに成功した。辛子はまた、いい気になりかけていた。ギターは何故か「デビルマン」を奏で始め、辛子はそれに合わせてただ淡々と教わった通りのリズムを刻み続けた。そこでどうやって終わらせていいか分からない、という問題にぶち当たる。終われない8ビート、終われないデビルマン、終われない無間地獄。何度も何度もデビルマンは繰り返され、思いっきり中途半端なところで辛子たちは力尽きたのであった。




これが、辛子と太鼓との出会いである。しかし翌日に鬼のような筋肉痛に襲われたこともあり、「もう二度と太鼓なんて叩かないゾ!」と、茜色のお空に誓ったのであった。まさかこの数ヶ月の後に、自分が太鼓熱におかされることも知らずに。







第一話 『初めてはデビルマン』 完
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像辛子
» 第一話 『初めてはデビルマン』 (2005年12月10日)
アイコン画像ハル
» 第一話 『初めてはデビルマン』 (2005年12月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nanairotaiko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる