004:果(篠原七) 

February 16 [Thu], 2012, 20:35
逃げ果せ! なんてマボロシ叫んでも転げ回るの小さな掌

003:散(篠原七)再投稿 

February 16 [Thu], 2012, 20:26
手を取れば果てなく続く道さえも散歩だよって笑えるのかも

002:隣(篠原七) 

February 04 [Sat], 2012, 20:26
今晩のケーキが焼けて香るころ隣人の呼ぶ声がきこえる

001:今(篠原七) 

February 03 [Fri], 2012, 23:10
酸素とは違うはずでしょ今だって欠伸に吸い込まれたりしなかった

1月22日 

January 22 [Sun], 2012, 23:52
しのはらです。学生の身にはいろいろなものが突き刺さる季節です(((´-`))) つまり考査や課題に追われる冬ですね(((´-`))) 忙殺とはこのことかとげろげろしています…

俳句をやっている友人と、お題を決めて作品をつくって見せ合おうっていう話になりました◎
おそらく視点のちがう彼女と、どんな評をしあえるかなってそわそわしています。どきどき!

* * *

無垢だったきみがおぼえた「あきらめ」がガラスの靴を砕いて割った