内部統制の転職

September 10 [Sat], 2011, 14:55

給与は転職先選びの重要なチェック項目の一つですが、金額が高い企業ばかりに目を向けてるだけでは、その仕事を判断することはできません。外資系企業の内部鑑査は年収も高く、公認会計士やCFCEなどの資格をお持ちの方は大変や利害のある仕事だと思います。


国家資格を要する職種の年収が意外に低かったり、一般的に給与が安いイメージの事務系職種でも割と高いものがあります。初任給が高い企業には、その後昇級にくいなどのデメリットがあることがあります。入社前に労働条件と金額のバランスが取れているかを確認しておく必要があります。


また、職種と給与をセットで考えてしまうのも転職初心者にありがちなミスです。職種別の給与といっても、企業規模、資格の有無や勤務実績など、条件によって人それぞれです。人事コンサルタントは、求人票の初任給が低いからといって、やりたい仕事を諦めてしまうのは請求過ぎるかもしれないと指摘します。自分の中でやりがいと給与の優先順位を明確に持つことが、失敗しない転職のコツでしょうか。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すぷりんぐ
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
Yapme!一覧
読者になる