日本のパブリックビューイングっていかがなものか? 

April 24 [Mon], 2006, 17:37
今年6月に開幕するサッカーワールドカップ・ドイツ大会で日本代表の試合を、日本国内の競技場の大型ビジョンで上映する「パブリック・ビューイング」が行われることが決まったらしい。日本のファンは良かったね。

でも実は自分は前回大会(2002年)のパブリック・ビューイングにはガッカリさせられた方なのです。


では、その理由をダラダラと。


先ず第一に有料で、しかも価格が信じられない程に高い事。

オーストラリアでこういうイベントがある場合はスポンサーをつけて、まずは無料。金なんて取ったら誰も来ないだろう。

入場料が3000円...。
ボッたくり?
ただのサッカーの試合の映像中継なのに、ナマでやる
Jリーグのチケットよりも高い(Jリーグは安いチケットで2000円位)。


また、大画面で中継とは言っても画面と距離があるからぶっちゃけ自宅のテレビの方が迫力があるくらいに感じる。
ハッキリ言って見にくい。

やるなら競技場のピッチの上にスタンドに向けるような感じで4画面くらい置いた方が良いと思う。


オマケになるが、パブ観戦 in Japan もかなりガッカリさせられた。

だって「特別料金」とか言って、パブに入るのにも金取るんだもん



まあ、東京は人が多いからタダにしたら人が群がって大変なのは予想できるよ。
フランスの時のコマ劇場前も大変だったもんね(それで大画面がなくなったのかな?)。


今回自分はオーストラリア対日本戦はオーストラリアで、その他の試合は日本での観戦になりそうです。

パブリック・ビューイングに行かれる予定の方、今回は深夜になりますんで気をつけて下さいね...。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nampo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる