DV 

2011年06月21日(火) 22時34分
記録に残しておこう。

お風呂上りに髪を乾かしていた。
背後に人の気配を感じたので、ビックリして振り払おうとして
大声を上げた。

「何もしねーよ。いい気になるな」と怒鳴られた。
ビックリしたと告げたら
「ビックリしたっていうのはこういうことだ」と
左側腹部(肋骨にかかる)をいきなり蹴られた。

脅しだったのか、距離があったからか
当たりは弱かった。

「一分でムカつく家だよな。どうせ、出て行って欲しいんだろう」と
吐き捨てるように言った。
私は何も答えず、痛むところを押さえた。

今月に入って、怒鳴ることが増えた。
毎日のように、私が浮気してると決め付けた言葉を投げかけてくる。
「触らせるなって言われてるんだ・・・」など・・・

私はひどく疲れていて、自分のことと子どものことで精一杯。
そんな言葉を毎日投げつけられていて、かなりストレスフルな状態。
自分を傷つけたい衝動に駆られたのを何とか抑えている。

アディクション 

2010年06月24日(木) 22時48分
自分の中の病気の部分。
嫌だけど、これも私の一部。
傾いたら、転がり落ちそうなくらい弱い部分。
知っているから、私は避ける。
私は私を生きよう。

気が滅入る 

2010年02月23日(火) 23時35分
朝も夕もため息に始まりため息に終わる。
言葉の端々にはイライラと厭味が感じられて
眉間にしわが寄ってしまう。

今日は「お邪魔します」と帰ってきた。
こうなるともう、ワザとしか思えない。
その後は、頼まれてた買い物の代金をめぐって
一悶着。
精算をしないと後で何言われるかわからないと
値段以上の金額を放り投げられた。

人の神経をどこまで逆撫でするんだろう。
もちろんお金は速効返した。
気持ちよく受け取れる訳が無い。

こんな状態でチビの相談は出来ない。
それどころか、子どもたちは贅沢だ贅沢だと
言われる始末。

わたしもため息尽きたい。

ため息ばっかり 

2010年01月31日(日) 21時24分
うちにいるのがつらい。
仕事している方がまし。
そんな状態がもうどれくらい続いているんだろう。

帰る早々の厭味は毎度。
私がPCをやってるから自分は仕方なくゲームしてると
言っていた。
とにかく、私はPC依存症だそうだ。

もうどうでもいいかなぁという気にさえなる。
コミュニケーション取れないと
なじられ続け、私の言葉はさらにでなくなる。

ご飯がとにかく美味しくないんだよね。
胃の調子も悪いのか、美味しく感じられない。

明日が誕生日だから、ケーキを買ってみた。
引っ越す前の所のケーキ屋さんで、懐かしいのと
やっぱりおいしいからとたまにはいいよねと思って
買って帰った。

静まり返った、夕飯の後に
声を掛けた。
返事は
「頂く理由がないのでいりません。邪魔者には徹底的にやればいいでしょう。」
だった。

自分への情けなさと悔しさでいっぱい。
「感謝ってものが一つもないよね」ときた。
結局、日々の家事労働などは当然の行為として
とらえられて、完璧にこなしていない私は
その行為自体も忘れ去られてるです。

日々の家事労働ほど、面倒なものはない。
本当に嫌だったら、私はやらないだろう。
それでも、曲りなりに続けていることを
認めてもらえないのは、仕方の無いことなのか・・・

買って来たケーキを全て投げつけてしまいたい
衝動にかられたが、やめた。
自分が余計惨めになりそうだったから。

こんな状態で体を重ねられるほど、私は
可愛くはない。

気分が滅入る 

2009年12月29日(火) 23時12分
実家に用があったので、子どもたちと出かけた。
帰りが遅くなるので、実家で食事をしてくるから
夕飯は外で食べてきて欲しいとメールした。

返信は
「邪魔だと思いますので外で食べてきます」と。

意味わかんないんですけど・・・
連絡をしなければしないで
厭味を言われ、当然のことを
連絡すればこの調子。

帰宅時も
「ただいま」ではなく
「お子さんでなくてすみません」
だもん。

気分が滅入ります。

通じない 

2009年10月25日(日) 22時03分
他の人はパートナーに何て呼ばれているんだろう
私はぶち切れ・バカ女・低脳・・・
コミュニケーション能力ゼロ・・・
声を掛けるなと
会話はメールでしろと言われた
話にならないそうだ

子育てについても然り・・・
相談なんて出来ない
その前に私のは相談ではないそうだ

全て強制、命令になるそうだ
子どものためにやめて欲しいことを
言っても、同じ
言葉が通じないんだ

そもそも、子育てはバカ女である私とは
したくないそうだ
私以外の人間は少なくともみな賢いそうだ

子どもの前で育てる気がないなんていう人間に
期待している自分がおかしいのかもしれない
のびのび育てるってなんだよ
子どものこともバカとすぐ呼び、なにかあれば殴る
言うことを聞かなければベランダへ引きずり出す
助け出せば、甘やかしすぎと言われる

私はどうすればいい・・・
自分の情けなさとふがいなさで実に腹立たしい
一人で生きる覚悟のない自分の弱さが招いた
結果と判っていても涙が出てくる

いつまでたっても、元彼のことで責められる
自分の人生、凸凹だらけだけどいやだと思ったことは
あまりない
でも、こうしていつまでも言われ続けなければ
ならないなら一人になりたいと思う

こうして、ここに綴ってる事も彼に言わせれば
作話なんだそうだ
作話をいろんな所でして悲劇のヒロインに
なっているそうだ

悲劇のヒロインになっている暇なんてない
障碍を持ってる子ども抱えて
これからのことどうすればいいのか
毎日不安だらけなのに、日々精一杯なのに
そんなことはどうでもいいんだろう

今日もまた、明け方近くまで
ゲームの音が響くんだろう・・・

前に進もう 

2009年09月16日(水) 11時36分
保育園から、保育観察に必要な申請用紙をもらった。
悩んでいても仕方ない。
必要なことを早いうちに行なうことは
やっぱり大事だろう。

保育士さんも色々考えてくれている。
だからこそ、適した方向へ行くのがいいのかもしれない。

発達相談センターにも電話した。
面談は予定がいっぱいらしく
1ヶ月も先。
でも、勤務希望今なら間に合うだろう。

ここのところ、ぐずぐずモードが続いている。
仕事の調節が必要かも・・・

なんだかなぁ 

2009年09月13日(日) 22時28分
子どもと楽しい気分で帰宅の途中
見知らぬ番号からの着信。
留守電には市の保育課から。

先日の発達障害の件。
保育観察に関する説明と
その後の支援について。

私は発達支援が必要な場合
このままの保育園でその支援が受けられると
勝手に思い込んでいた。

認可保育園ではあるが
私立の保育園に在籍している子ども。
それでだって、第7希望のところ。
途中入所で、運よく入所できただけでラッキーなんだもの。

なのに、発達支援を受けるのであれば
公立への転園だとか。
しかも、スムーズに転園ではなく
希望を出し、空きがあればという
難題。

近所の公立は2年越しと言う難所。
年中に在籍している子どもを
わざわざ転園させることについても
考えてしまう。

加配される保育士はきっと慣れているだろう。
でも、4月、8月と転園続きの子どもにさらに転園と言う
心理的負担を考えると、(まして発達障害ならば
新しい環境に慣れるまでに時間がかかると言うのに)
疑問符だらけになってしまう。

このままでいいとは思っていないけど
この先もやっぱり難問だらけなんだと
思うとつい、気持ちが沈んでしまう。

こんなことで、落ち込んでる暇はないんだけど
何かすっきりしない。

保育園からの連絡帳には
上手にお遊戯に参加しましたと
記入されている。
どうしていいか、迷い中。

今日は・・・ 

2009年09月06日(日) 23時46分
首を2回絞められ、蹴りを2発入れられ
背中を叩かれた。

まあ、こんなもんでしょう。
暴力でしか、人を支配できないんだから。
捨て台詞は決まって「よっぽどよかったんだろうね」

いつまで経っても、昔の男のこと引き合いに出す
あ〜、本当にくだらねぇ

子どもにも当り散らしてたっけ
殴る蹴るしてたね
しつけでなく、調教だと言いのけたよ

本当にバカだね
だから、最悪って言うんだよ
子どもよりガキっぽくって
自分だけはいつも正しい

暴力受ければ受けるほど
冷めていくのきっと
わかんないだろうね

そうそう、高い所が好きな
危険予知能力の低い子どもを
ベランダに締め出したら
どうなるかわかんないものだろうか

余計なことするなって言われたけど
私の子どもだ
お前にとっては、生物学的に繋がっていても
自分の子どもと思わないだろうから
どうでもいいらしい

本当に最悪だよ

参観 

2009年09月02日(水) 23時47分
思い立って、休みの今日
保育参観を申し出た

快く引き受けてもらえ、とにかく
子どもに見つからないように
こっそり場面観察・・・

みんなと同じ行動がとれない我が子
笑い事では済まされない
前の園でも気になる姿はあったが
保母さんに指摘を受けたことはなかった

いつも受ける指摘は
暴言と暴力・・・
だから、心理的な側面が強いのだと
錯覚していた

でも、今日見た光景を踏まえて
今までのことを振り返ると
症状にぴったりなんだもん
嫌になっちゃう・・・

お遊戯の輪の中に入れず
跳び箱とマットで黙々と遊んでる
情けないではなく、悲しい・・・
今はいいけど、この先は・・・
悲観的になってしまう部分はどうしてもある
涙こそこぼれなかったが、泣きたい気持ちに何度もなった

正常と異常
どこからどこまでがそうなのか不明瞭な点もある
でも、年齢に比してやっぱりおかしい

保母さんに、診断をつけたほうが
今後の為になると伝えた
「お母さんはえらいですね」と言われたけど
えらくなんてちっともない

私が生んだ子だから
私が育てる・・・ただ、それだけのこと

神様はとことん私に順風満帆の道を歩かせて
くれないらしい
だったら、その道を歩くしかない

私は大丈夫
自分に言い聞かせる
私には覚悟が出来た
後は方向せいだ

始めの一歩を踏み出そう