旅は道連れ。。。 

February 11 [Thu], 2010, 23:34
ととがのんびりテレビを見ながら「お昼、どうする?お、久しぶりにデイリーズのオムライスとか食いに行くか?」なんて話してたら、ととの携帯が鳴った。

「もしもしー?ああ、今?うちにいるけどー?え?何、どーいうこと?まーじかよ!?...わかった。じゃあ、40分で行くから、データのバックアップ取って、資料集めておいて」

...穏やかじゃないぞ。

電話を切ったととが難しい顔をしながら「ごめん、ロッキー。ちょっとセージのクライアントさんから、クレームが入ったからオレ、会社行って状況見てくるわ」と言いながら、バタバタとかばんに書類やらを詰めている。

「わかった」と言って、なぜか、戦ってる気持ちになりながらキッチンに立つ私。

ととが「じゃあ、行ってくる。状況がわかって一息ついたら電話するから」と外に出ようとした時「行ってらっしゃい。これ、一息ついた時に食べて」とおにぎりが二つ入った包みを持たせると、一瞬驚いた後、ふっと息を吐き出すように笑いながら「ありがとう」と言ってドアを閉めた。

結局。11時前に家を出たととから連絡があったのは20時過ぎ。

ヘロヘロになって帰ってきたととが「トラブルの処理がまだ終わってないんだ。ロッキー、ほんとに申し訳ないんだけど、明日からの福岡、オレ行けないや」と言われて、びっくりした私は危うくオムライスとスープをこぼすところだった。

「そうなのー?じゃあ、今回はキャンセルかあ・・・」と言うと、ととは「えー!オレは行けないけど、ロッキーは行ってきなよ。まっきさんと会うんでしょ?」と言われたけど、それでも渋ってると「だって、まっきさん、4月から新潟に転勤でもうすぐ福岡から離れるから、その前に遊びにおいでって言われたんでしょ?オススメのお店、連れてってくれるって...あ!店の予約とかしてたらオレも人数に入ってたら、まずいな。ちょっと、まっきさんに電話してもらえる?オレ、おわびしないと」

まっきに電話をして、ととが行けなくなった事を話すと驚いた後「そうかあ。初めてロッキーのだんなさんに会えると思ったのに」と残念そうにしていて、私も行こうか迷ってると言うと「だんなさんが心配?あ、止められた?」と言われたので「仕事の事は私は手伝えないけど、そばにいたいっていうのはあるかな。でも、福岡はむしろ、行ってきなって言われたよ」と言うと「じゃあ、来ればいいじゃん。福岡とか来る機会、そうそうないでしょ?うまい店、あるんだよ」と言うので「あ、ととがまっきと話したいって言ってるから、ちょっと代わるね」

私の横で待機していたととに電話を渡すと「こんばんは。はじめまして、ととです。ロッキーからまっきさんのお話はいろいろ聞いてます。すみません。実は今回の旅行、楽しみにしていたんですけど、僕が仕事で行けなくなってしまいまして、お店とか探していただいたのに、申し訳ありません。え?昼くらいですかね?そうなんですか?それは大丈夫だと思いますよ。え、いいんですか?いやあ、そうしていただけるとすごい心強いです。ありがとうございます!では、よろしくお願いします!失礼します」

あら?私に代わらずに電話切っちゃったよ、この人は。

「何、何?どういうこと?」ホッとした顔のととに聞くと「ああ、明日の夜、まっきさんとごはん食べる予定だったでしょ?昼くらいに福岡に着いたら、連絡してって。昼休みに抜けて一緒に昼飯食ってくれるって。で、夕方までは仕事だけど夜もうまい店に連れてってくれて、土曜は1日空いてるから、ツアコンやりますよ、だって!いい人だな、まっきさん!」

...私、抜きで男同士で話が進んでますね。

すっかり緩んだととは「やっと、落ち着いてメシが食える〜。よかった。あ、仕事はまだ片付いてないけど」と言いながら、食べかけのオムライスをばくばく食べ始めたので私は「スープを温め直すね」と、お鍋を火にかけたのでした。

いきなり一人旅ちっくになってますが、えーっと、た、楽しんできます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:namber-lover
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる