懐メロかぁ… 

March 06 [Tue], 2007, 12:19
昨日も元カレと呑んだ。

なんと!私の誕生日をお祝いしてくれた。

ずっと気を張って接していたけれど、やっぱり全体重を
かけたくなった。

わざと強いツッコミ入れたりしていたけど、わざと興味はないよって
接していたけれど、実際は…


いつか戻るのは彼なのかな。


彼はいまだに(別れてから6年!)引きずっているみたい。

去年でさえも私とヨリを戻す夢を見たとか。

その間にも彼女はいたみたいだけど、でもうまくいってないみたい。

あまり詳しくは聞いていないけど、なんとなく分かる。



友達に話したら、今は寂しいだけだよ とか
Naluには彼は物足りないって言っていた。

そうだね、って思っていたよ?本当に。

でも会うと「ほんとに物足りない?」と思っちゃう。

あの多感な時期を過ごした、今となっては唯一自分をそのまま
出して付き合った2年半。

お互いに学生だったから毎日会っていたね。

ほんっとーに毎日だった。


それを懐かしんだり、その頃に戻りたいとは思わないけれど、
でもちょっとでも心の壁を取り払ったら、今すぐにでも彼の懐に飛び込みたかった。

寂しいからなの?

懐かしいからなの?

意外とそうじゃない気がしてならない。

彼がまだ私を好きでいてくれるから?

あの香りが変わっていなかったから?

わからないよ。


雑念を取り払えた時、彼をどう見えるんだろう。

その時に答えは出るんだろうな。


それまでは程よい距離感でいたい。


彼はいなくなってしまう私に怖さを感じているみたい。

そうか、私が「やっぱりかっくんじゃない」って答えを出して
他に彼氏を作ったとき、2度振ることになるの?

そんなヒドイことはできない。


それならもう少し距離を置くべきなんだろう。

彼はそれさえも怖がっているみたいだけど…


バイバイするときにそんな切ない顔しないで。。。

あの人は… 

March 01 [Thu], 2007, 22:49
大人になったんだろうか。

懐にいっそうのこと全ての体重をかけてしまいたくなった。

それができないであろう現実としたい気持ちと救われた気持ちと
どうしたらいいかわからない気持ちで涙が止まらなかった。


さすが女性。


別れた彼のことは全く思い出さなくなった。


あの夜は激動。

6年の歳月の後、いきなり急接近した。

でもまだ危険な気がする。何か怖いし、まず今の彼の見た目が嫌い。笑


ひげモジャモジャ、髪の毛もうっとしい。


清潔感がなければ、まずNO


それとこれとは別で、でも本当に久しぶりに懐に入っていけそうな
安心感と温かさを感じた。


ありがとう。

今はどうにかしたいとかは全く無くて、ただ、あの夜が私を
温かい気持ちにしてくれたよ。

そう言うことか! 

February 27 [Tue], 2007, 13:48
なぁ〜んだ! そう言うことか。

ショックを受けていたけど,友達に話してみたら解決した。


私も知ってるブログにわざわざ書くのは,私にダメージを
与えたいからなんだって。

オレはお前じゃなくたって,うまくやっていけるよ〜ぐらいな。

そんなそこまで急激に別れた後に次の人と深い関係になれないよって。


それ聞いて,納得。


別に深い関係になったって,なれなくたって,私にとってはどうでもよくて,
ただなんであのブログにそういうこと書くんだろう,ヒドイなぁ…って思ってた。


だから,そんな心情くだらないというか,それなら私と面と向かって
ぶつかり合えば良かったのに,それもしないで,ブログでそんなアピール。

ますます人間の小さい人なんだな…って思った。


と言うか,私にはそういう人はムリ。

それで付き合ってる時,普段から「男として」とか「女ならこうであるべき」とか
言ってたなんて,ただのアマちゃんな気がする。


あぁ… 残念だなぁ・・・

空虚 

February 23 [Fri], 2007, 14:54
すごいなぁ…

すぐに人を乗り換えられる人って。
どんだけ「本気」と言ったって,それで別れたって
すぐに乗り換えられる人の気持ちが知れない。

友達もそうなんだけどさ。

頼り頼って繋いでいくんだろうな。

私には出来ないよ。

でも,すごくツライ。

別れたのは仕方ないよ。
でも,早すぎるよ。。。。

そう言えば! 

February 23 [Fri], 2007, 13:26
私,3月の中旬からケニア行くんだ♪

楽しみだなぁ…

ションボリ。 

February 23 [Fri], 2007, 11:30
その元彼とはブログをやってました。

別れる前はお互いに心の正直な気持ちを書いたり,普通に出来事を
書いたり…

それでもほとんど更新なんてしなかったけど。笑
毎日電話していたし,嬉しい気持ちや正直な気持ちはだんだん
お互いに伝えられるようになっていたしね。

そのブログに,別れた今となってから毎日更新するようになった。


内容はMIXIを隠れていた私を「心だけはキレイであってほしかった」
みたいな内容で,まるで被害者。

え?心はキレイかどうかは知らないけど,あなたはそう言えるほど
ちゃんとしていたの!?と聞きたくなる。


隠れてMIXIで女の子とと連絡取ったり,
私に8月の時点で辞めようとしていたのを止められたから,
でもガマンできなくて私にはウソをついて早めに辞めていたし。


なんてそんなこと,私1回許したし,今になってグチグチ言いたくなかった。

でも彼はそういう自分を棚に上げて,あたかもオレは何もしていないかの
ような口振りで私を避難するんだよね。

そしたら,「ちょっと待ってよ〜」って言いたくなるじゃん?
いくらなんでも。


で,そのブログの極めつけは
「新しい大切な人が見付かった」そうだ。


早ぇ!!


っていうより,なぜにそんなことまでブログに書く?

他にブログ引っ越して,そこでやってよ。
なんで私が知ってるブログで見せつけるかのように。


戻りたいという気持ちとかとは全く違う所の感情が
傷付いたよ。


そんな…
仕返しみたいなことを…

なんで後ろ足で砂をかけるようなことをするんだろうか。

なんでブログで書きつづるだけなんだろうか。

なんで会って話をしようとしなかったんだろうか。


彼の中でじゃ完全たる被害者で,
こんなオレに理不尽(彼にとってはね)な理由で別れを
言いやがって。
そんなお前は隠れてMIXIやってたじゃねぇか って感じなんだろうね。

いやいや,MIXIのことは棚に上げるつもりなんて全く無いから!

でも今は別れてるんでしょ? そこを解消してからじゃないの?

そもそもこのケンカをしている時からMIXIやってたんだから,
解消も何も無い。お前がまず謝るべきだ。


そういうことなんだろうな…


いやいや,MIXIなんざぁ〜あんたの理由で止めようってことになったんだよ?
もともとは。

それをもっと主張すれば良かったな。
私は何も心配かけるようなことをやってないから,私は辞めないよ?って。

今となれば,謙虚さも忘れて,約束を破ったヒドイヤツみたいな
言い様だ。


って,もう何を言ってもどうてもいいんだけどね。

でもさ,最低限あのブログで「大切な人ができた」みたいな
そういうの止めて欲しかったな。

人間として。

1度は愛し合った2人として。

なんだかね。2 

February 22 [Thu], 2007, 22:13
なんだかね、悲しいものだよ。

黙ってMIXIで女の子と会う約束したり、
前の会社の待遇が不満で1年で辞めたり、
辞める前に行く気がしなくて私には黙って仕事休んだり(しかも有給無く欠勤扱い)
退職日を私には9月の10日あたりの日にちを言っていたのに
本当は8月中だったり。
今の会社の携帯のパケット代、2万5千円いってたり。
(何見てるんだよ!会社の携帯で。)


それなのにMIXIをやっていた私に失望をしたとかなんとか…


きっと自分が女の子と連絡を取っていたから
私のMIXIがとてつもなく、イヤなんだろうね。

しょぼ〜い日記しか書いてませんけど。



彼は私に何を求めていたんだろうか。

自分の被害ばかりを主張して、どこへ向かいたかったんだろうか。



もっと深い愛情を持ってる人と付き合いたい。

もっと仕事面、生き方や考え方について尊敬できる人と付き合いたい。



一度も身を削ってまで何かをしようとはしてくれなかった彼。
今回だって、1度だって「会って話をしよう」とは言ってこなかった。

メールでのやり取りのみ…

私は会いに行った。会ってもらえて嬉しかった。

会って話せば、ここまでにはならなかったかもしれないね。


ココは掃き溜め。
誰かに何を言われようと気にしない私でいたいから言うね。


大好きだった。
強引にでも、つじつまが合わなくても何でもいいから、
会ってくれって、そして会ったら強く抱きしめて欲しかったよ。

いつも「男として」とか「男だから」って言うんだったら、
そう強引にでも感情的にアピールして欲しかった。

それなのに…


メールのみ。
被害を訴えるのみ。
別れてるのに、執念で見つけ出して
あたかも弱みを見付だしたぜ!的な連絡の取り方。。。



彼は何をしたかったんだろう?

なんだかね。 

February 22 [Thu], 2007, 22:11
もう絶対この人だと思っていた。

この人と私は結婚するって。

私は友達や会社ではどうしても姉御?っぽくなってしまう。
その内なる弱さや純粋さ(自分で言っちゃったよ。笑)などを
わかってくれた人だったから。

でもその心も持ち合わせているというだけで、
そこらへんの女の子と何も変わらない。

嘘だってつくし、なまける時もある。

イライラすれば当たってしまう時だってあるよ。


この度、散々な思いをした勤務先を辞めることになった。

この散々な思いについては、文字にすると苛立つので
心の奥にしまっておくね。


ずっと情緒不安定で、生理も遅れた。

でも渦中にいると、自分が情緒不安定なのかどうか、わからないんだよね。

今振り返れば、かなり病んでいたことに気付く。


そんなある日、彼の言動、行動がおかしいので、
問い詰めた。

そこから始まったケンカ。

ケンカの内容なんて今となってはどうでもいい。


そんなことより、その対処の仕方で彼に失望した。

自分は疑われて迷惑だとか、東京に来たのは私との未来を
考えていたからだというのに、別れようと言いやがって…ぐらいな。

そう、彼とはネットで知り合ったから遠距離だったんだ。

でも転職をキッカケに上京してきた。


私は残念だった。

男としてとよく言う彼。

それなら「俺はお前のために東京に来た」なんて格好悪いこと
言って欲しくなかった。

1度も上京してなんて言ってない。いずれか私が大阪に移住する予定だったしね。

もちろん私はいなければ東京で就職なんて考えはしなかっただろう。

でも大阪でなかなか見つからないなか、東京も視野に入れ始め
やがて仕事を見つけて、しかもそこの社長に期待されてた…

だから来たぐらいな、自立した考えを持ってほしかった。


それを「こんな俺に別れようなんて言いやがって…」的な発言。


別れようと言ったのは勢いでもなんでもなかった。
ただ小さな嘘をまた小さな嘘で隠そうとする彼を見ていて
やっていく自信が無いから別れようと言っただけ。


それなのに発端を見つめようとせずただ被害者意識のみ。


それでも私は自分の主張を100抑えて泣きながら謝りに行った。

これから先の長い人生と思ったら、ここで自分が主張を抑えて仲直りしたって
大したことじゃないと思っていたから。


友達でも恋人、家族でもケンカして相手が100謝ってきたら
なんだか素直になれて「いやいや…ごめんね、私だって色々と悪いところあるから…」
みたいな感じでお互いに謝ったりするものでしょ?

それなのに彼が言った言葉。

「今は冷静に考えられない。NALUはNALUで新しい道を進んでくれていい。
もし俺が冷静になれてNALUに会いに行ったとき、NALUが新しい人を
見付けていたのなら、それはそれで仕方ないと思ってる。
戻るとか約束できない」


でもわたしも100折れて謝ろうと決心していたから、待っていた。


毎日体を気遣うメールとか、とにかくジャブ的な(笑)メールを入れてみた。


そしたらそういうのは止めてくれって。
ツライって。俺は別れようといわれた言葉に怯えてるって。

1週間経ってもそういう彼。


私には分からない。

根源を忘れて、その言葉だけに囚われ、
「被害をこれだけこうむってる!」という主張だけをする彼を理解できなかった。


だから「もういいです」と言った。

はっきり言って、そんな彼とこれから先何かあったとき、頼りないし、
先を見ようとせず、被害だけを訴えられても困るから。


これは私だって心がけてること。

許すという愛情を。

1度許したら、こちらにも許しただけの責任があるから、
「この前もこうだった」みたいに引っ張り出さないし、忘れようと努力する。


彼はココが私とは違って、被害を永遠と訴えるタイプだったのは
確かだった。



それで今回もそんなことを言ってるから、「もういい」と思ったの。

私とは愛情のポイントが違う。



そしたら別れてるっつーのに、キミが心を閉ざした結果だっつーのに、
MIXIで私を見つけて(見つけるのだってかなりの執念)
「どういうことだ!」ってメールしてきた。

確かに私と彼はMIXIをやらない約束をした。

これだって話すと長い話だが、彼は隠れてMIXIを始めて
知らない同じ趣味の女の子と遊ぼうとしていたのがキッカケ。


ま、彼は私がそこまで知っていたとは今だって気付いてないだろうけど。


それでお互いにネットで知り合った関係なんだから、MIXIをやるのは
不安の要素になるし、やめようと決めた。


でも私は短大の友達とやっぱり繋がっていたくて、コッソリやっていたの。

ま、約束は約束だし、秘密で男の子と連絡とっていたわけでも何でもないんだけど
約束を破ったという意味では、謝る立場なのかとは思ってる。



でも今の2人は別れてる。

そんな彼にとやかく言われることは無いし、もし彼がそのことを
言いたいのなら、まずは別れを解消してから、それが順番ではないのかと言った。

そしたら順番は間違っていない、俺は先に謝るつもりはない。

お前は自分の非を棚に上げるつもりなのかと言ってきた。



私は本当に棚に上げるつもりなんてなかったけど、
今は別れてるんだから、そんな彼にMIXIについて何か言うつもりは無かった。

そしたら
「逃げるような最低な人なんだね、それなら俺は違う人と未来を見つけます」
と言ってきた。


それがうちらの終わり。


始めました! 

February 22 [Thu], 2007, 21:03
私にとってブログは心の掃き溜め。

前も恐ろしいほど凹んだときに始めて、たくさんの知らない人に
出会い、救ってもらい、そして恋に落ちた。

その彼氏とつい最近、1年弱の付き合いを終えた。

さて、始めるか。

掃き溜めのブログを…
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nalunokokodake
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる