最終話〜ありがとぅ〜 

2004年10月18日(月) 14時57分
ある日・・・

翔の部屋に担当医(センセイ)がやって来ました

ガラガラッ

翔『??ぁ、先生...。』
先生『中野君、君、明日で退院だよ』
翔『!!ホントデスカ??ありがとぅございます!!』

翔は先生に深くお礼をした。

翔『っっ!!亜湖、亜湖は、どーなったんですか?』
先生『あぁ、あの子はもぅちょっとかかりそうだ』
翔『そーですか・・・。俺亜湖に言ってきます。』

そー言うと翔は亜湖の居る病室へと向かった

翔『507・・・ここだよな・・・?』

ガラガラガラ

翔『あ、亜湖??』
亜湖『(しょ、翔だ)し・・・ゴホッ』
翔『?亜湖・・・・。大丈夫なのか?
  無理して喋らなくてもいぃから』
亜湖『・・・・』コクッ

亜湖は頷いて返事を返した。

第九話〜涙〜 

2004年10月02日(土) 20時18分
亜湖『(ナンデ思うとぉりに話せないの・・・・?)』

〜翔サイド〜

翔『亜湖の声・・・・そーいえば可愛かったなぁ』
先生『橋中さんにもあまり声のことは言わないように』
翔『?? はい。』
先生『じゃぁ』

ガラガラ  先生が病室から出て行く

翔『まじでついてねぇよなぁ...あはは』

翔はヤケクソに笑ってみた

翔『そー言えばなんか亜湖が笑えば元気になれるって
  言ってたっけ・・・なぁ、亜湖・・・』ポロポロ

翔の頬に透明の涙が流れた・・・

〜亜湖サイド〜

亜湖『ショ・・・・ウ。』

亜湖の頬にも涙が流れた

第八話〜星〜 

2004年09月26日(日) 18時23分
翔『どーしたんだぁぁぁ亜湖ぉぉぉ
  ・・・そーだ!アイツだ
  全部アイツのせいなんだ』

静まりかえった病室に亜湖の血が撒き散っていた。

翔『・・・和馬・・・和馬・・・アイツのせいだ
  和馬・・・・チッ』

30分後

担当医『中野君?大丈夫かね?ぁ、血・・・・拭いておこぅ。』
翔『ッッ!!!!先生ッッ亜湖は・・・・?』
先生『少し問題がある。』

先生は嘘をつかずすべて話してくれた

翔『グスッ、ウヘッ・・・ウゥ・・・・亜湖。
  先生、こーなったのはすべて俺の責任デス。』
先生『・・・・違う。』
翔『そーなんですっっ!!亜湖を・・・
  どーか亜湖を助けてくださいっっ』((※ゴメンナサイ、世界中心デ愛ヲ叫ブヨリww
先生『・・・・』コクッ

先生は静かに頷いてみせた。

第七話〜神様〜 

2004年09月18日(土) 21時30分
翔『ぉ、ぉぃ!!!!!』

和馬は亜湖の顔を力いっぱい殴った

和馬『ヤ、ヤベェ・・・』
翔『和馬・・・お前ッッ!!
  元彼だろ??ふざけんなよ』
和馬『・・・・ウッセェお前には関係ないんだよ』
翔『・・・あるよ』
和馬『・・・・・・・』

ガラガラッ
和馬は逃げていった

翔『あ、亜湖・・・?』
亜湖『ウーウヘッ  ゲホッゲホッ』
翔『!!!』

亜湖は床に大量の血を吐いた

翔『・・・・どーして・・・・?』
亜湖『ゲホッ!!!アー・・・・ショ、シ』
翔『喋るな!!!!もぅ話さなくていいから!!!
  今担当の先生呼ぶからな』
亜湖『・・・・・ショウ・・・・』

ビーーービーーー

看護婦『どぅされました?』
翔『あの!と、友達が・・・
  とりあえず、俺の担当医呼んでください』
看護婦『・・・?ハイ。』

翔『亜湖ォォォ、もぅ大丈夫だからなぁ』

翔は亜湖をかかえたまま泣きくずれた

第六話〜不明〜 

2004年09月10日(金) 21時05分
亜湖『・・・・・・・??』

翔『ウッッ・・・ウーフヘッ・・・グスッ』
亜湖『え・・・あ・・・れ・・・?しょ、翔・・・?』
翔『ウ・・・ゴ・・オフッ ゴ、メン。』
亜湖『翔・・・・・大丈夫ダヨ?』

翔は亜湖の胸の中で・・・
  まるで赤ん坊みたいに泣きじゃくっていた

亜湖『・・・泣いて・・・いいよ?
   いっぱい泣いて。元気になって・・・?』
翔『・・・・グスッ  ありが・・・とぅ
  は、橋中・・・』

翔は亜湖から離れ、赤くなった目を
 こすりながら、真剣な顔をしてこぅ言った・・・

亜湖『・・・ナ、ニ??』
翔『好きやっっ!!』

イキナリの言葉に亜湖も顔を真っ赤にした

亜湖『・・・・・///』
翔『ツ、ツー・・・・付き合って!!?///』
亜湖『へ?・・・・・///』

〜その頃の和馬サイド〜

和馬『ッッんだよ
加梨『かず・・・?』
和馬『・・・ゴメン。加梨。もぅ帰って』
加梨『え?あ、なんか・・・ゴメンね』
和馬『イヤいいよ』
加梨『ぢゃぁ、明日・・・』
和馬『ぉぅ。じゃぁな』

〜2人が分かれる〜

第五話〜遡れ時間〜 

2004年09月05日(日) 20時12分
亜湖『う・・・うん。』
加梨『後病院は○○病院だから』
亜湖『わかった。ありがと』
加梨『ぢゃ・・・』

ガチャ。
亜湖は翔のいる病院へと向かった

〜翔サイド〜

コンコンッッ

翔『??・・・どぅぞ・・・?』
加梨『翔っっ!大丈夫??』
和馬『・・・・・』
翔『ぇ、なんで???』
加梨『今岡先輩に聞いたの!』
翔『お前等帰ったんぢゃなっかたのか?』
加梨『実は・・・まだ学校にいた。
    音楽室で・・・チョットね///』

加梨が顔を真っ赤にして言った
あえてその先は聞かない事にした

翔『そぅか・・・
  帰れよ((ボソッッ』
和馬『は?なに?』
翔『帰れよ・・・帰ってくれ!!』
和馬『はぁ?なんでだよ!せっかくお前の為を
   思って、お見舞いに来てやったのによ』
翔『・・・いぃよ。来なくていぃよ
  お前なんかよー!!』

翔は和馬への不満をぶつけ出した

和馬『んなだと??お前ふざけんじゃねーよ
   だからせっかく来てやったって言ってんだよ』

和馬は翔に買って来た花をぶつけた

翔『ッッ!!(バ・・・バラ?)』
加梨『ちょ、和ッッ!やめてよ
    ヤダー翔腕から血が出て・・・』腕を触ろうとした
翔『!!!』パッッ!!ものスゴイ速さで加梨の手をよけた
和馬『加梨!!もうこんな奴ほっとこーぜ』
加梨『え!!・・・
   ぢゃぁ、私達、もぅ行くね』
翔『あぁ。』
加梨『もぅすぐしたら亜湖来ると思うし』
翔『っっ!!』
加梨『ぢゃ・・・』

ガラガラ・・・・。

翔『はぁ・・・』

ガラガラッッッ   ものすご勢いでドアが開く

翔『!!!!』
亜湖『翔!!大丈夫なん?ハァハァハァ・・・』
翔『ぇ・・・・・あ・・・うん』
亜湖『ぁ・・・血・・・・』亜湖の目がみるみるうちに潤んでくる
亜湖『ウッッ!!グスッ。』
翔『ぇ、え?あれ?どーした?
  なぁ、亜湖!!』
亜湖『ゥーーグスッ、フヘッ、フー
翔『ぇ・・・ナニ??俺何かしたっ?』

コクッ。亜湖は頷く

第四話〜想う気持ち〜 

2004年08月31日(火) 19時46分
翔『はぁダルイわぁ』

〜翔が学校に着く〜
〜先輩が目の前に立っていました〜

翔『ぁ・・・先輩!!スイマセン↓↓』
先輩『何やってたんじゃ。
   野球部なめとんのかっ!!』
翔『スイマセンッッ↓↓
  今すぐ練習にもどります』
先輩『お前は校庭20周してから
   練習出ろ』
翔『ハイッッ!!』

〜部室へ行く〜
〜翔は亜湖には内緒で
     野球部を休んだのではなく
            さぼったのです〜


翔『はぁ...はぁ...後8周...』
先輩『ォィ、翔!!もっと足に力入れて
    走れやぁ!!』
翔『はぁ...ぁ、ハイッッ!!』

〜そして翔は完走し、
       校庭で倒れてしまう〜

翔『うわっ。』   ドサッッ
先輩『ぉ、ぉぃ!!大丈夫か?』
野球部員『先生呼んできます!!』

翔『(あれ?なんか聞こえるなぁ・・・
   ぇ?何言ってんのみんな・・・?)』

〜病院へ運ばれた翔〜

第三話〜同恋(ドウコウ)〜 

2004年08月27日(金) 22時32分
亜湖『あれ?どーしたの?翔・・・』

翔『ぇ?あ。ううん。
  俺今日野球部行かない事にしたっ』
亜湖『?なんで? 翔野球好きなのに!!
   なんでなん?』
翔『ん〜ちょっと疲れてるし』
亜湖『へぇ・・・そーなんだ』
翔『・・・・・』

〜亜湖が部室へ入った時の翔サイド〜

亜湖の友達『お疲れ〜』
亜湖『え?は?どーいう意味』

翔『ぇ?何?どーしたんだろ』

〜今までの話をすべて聞いていた翔。
 何故か翔はクラブを休み、そして??〜

翔『・・・あのさ、クラブないんやろ?
  一緒に帰えらん?』
亜湖『ぇ・・・なんで知っとるん///?』
翔『ぃや、なんていうーかその///
  イヤだったら・・・いいよ?』
亜湖『ぇ!?ィ、ィャな訳ないぢゃん!!』
翔『ありがとっ!じゃぁ一緒に帰ろ。』


第二話〜言えない〜 

2004年08月23日(月) 19時52分
亜湖『ぇ・・・翔??どうしたの!!?ぇ・・・』
翔『あれ?まだおったんや。』
亜湖『あ、うん!!翔は?どーしたん?』
翔『あ〜・・・なんかさっき和馬等見たから
  なぁ・・・』
亜湖『え、何??』
翔『お前等付き合ってたんじゃなかったの?』
亜湖『ぇ...うん。でも...別れたよ』
翔『なんで?』
亜湖『はぁ?なんでって・・・
    喧嘩したから・・・』 
翔『和馬ってよく女泣かせれるよな』
亜湖『ぇ...?』
翔『俺はムリだな。  じゃ、俺クラブ行くな』
亜湖『あ。うん!ぁ、私も行く!!』
翔『え?野球部行くの?』
亜湖『・・・はぁ?んな訳ないよw
   バスケだよ!!知らないの?うちのクラブ』
翔『あーそっかwゴメン知らなかった
  バスケか。カッコイイな』
亜湖『ぇ///ありがと・・・・』

亜湖『(ヤバッ((笑))カッコイイw)』

〜2人が教室を出て行く〜

ゴメンナサイ 

2004年08月21日(土) 19時18分
今PCできない系なんで、第2話は、時間かかりそうです
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ジュン
» 最終話〜ありがとぅ〜 (2004年10月18日)
アイコン画像神月 咲冶
» 最終話〜ありがとぅ〜 (2004年10月18日)
アイコン画像崗 掌眞
» 第九話〜涙〜 (2004年10月03日)
アイコン画像崗 掌眞
» 第八話〜星〜 (2004年09月27日)
アイコン画像神月 咲冶
» 第八話〜星〜 (2004年09月26日)
アイコン画像ジュン
» 第七話〜神様〜 (2004年09月22日)
アイコン画像崗 掌眞
» 第七話〜神様〜 (2004年09月19日)
アイコン画像神月 咲冶
» 第七話〜神様〜 (2004年09月18日)
アイコン画像ジュン
» 第六話〜不明〜 (2004年09月12日)
アイコン画像崗 掌眞
» 第六話〜不明〜 (2004年09月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nakuna
読者になる
Yapme!一覧
読者になる