東京旅行1日目ディナー「TRATTORIA Firenze SANTAMARIA」&その他の旅行メシ

September 30 [Fri], 2016, 19:33
東京旅行・・・。
あっという間にもう2週間も前のことになってしまいましたよ・・・。
なんだろう・・・、この話題の遅れっぷり・・・。
まぁでもめげずに書きますよ。
東京旅行1日目のディナーのネタです。


この旅行、2日目にはあんまりゆっくりご飯食べてる余裕がなかったので、1日目のランチとディナーに無理くりフレンチとイタリアンをぶっこんだってことは先日のランチ記事のときに書きましたが。
そんなわけで夜はイタリアンのお店に行きましたよ。
伺ったのはこれまた青山の外苑前駅から徒歩5分くらいのところにあるお店「TRATTORIA Firenze SANTAMARIA(トラットリア フィレンツェ・サンタマリア)」さんです。
こちらのお店は、一緒にご飯食べた東京のお友達がこの辺りに詳しいコだったので、そのコにチョイスしてもらったお店です。


外観はこんな感じ。
ビル?マンション?の2Fに入っているお店でしたが、なかなか雰囲気ある外観でした。
(このときなぜかスマホのカメラが正方形撮影モードになったまんまになってて、そのため写真がいつもと違って全部正方形になってますがお許しください)





このお店からはもう一人のお友達も合流してくれたので、昼間にランチ一緒に食べたお友達と私とその子で3人でのディナーです。
お料理は、ランチでフレンチのコースをいただいてしまった二人があんまりたくさんは食べれないかも、と危惧したので、アラカルトで何皿か取って、みんなでシェアしていただくことにしました。


お料理と飲み物の注文を済ませると、まずはフォカッチャが出てきました。
玉ねぎの乗ったふんわりフォカッチャでした。
これを食べてると更に後の料理が苦しくなるとわかっていながら、ついついもぐもぐ食べてしまった(笑)
私はドリンクはグラスの白ワインをいただきました。
翌日ちょっとハードだったから、この夜はお酒はこの1杯だけ。あとはブラッドオレンジジュースを飲んでました。




さてお料理。
まずは前菜的なものということで、タコとじゃがいものマリネ。
カラスミもたっぷり添えられていて、ちょっとゴージャスなマリネ。
白ワインにはぴったりのお味でした。




こってりしたものもということで、トリッパを頼んだら、想像していたのと違う感じのものが出てきて一瞬「?」となりましたが。
私はトリッパというと、トマト煮込みにしたものしか見たことなかったんですが、こちらでは更にひと手間かけて、トマト煮込みにした内臓をグラタン仕立てにしてあったのです。
これがめちゃ旨でしたv
グラタン仕立てにするのも全然ありだわ〜。




メインもってことで、頼んだのはこちら。
って、サラダやん!って思うでしょう。
が、実はこれカツレツなのです。
こんもり山盛り野菜の下に、薄いミラノ風カツレツが隠れているのです。
この辺りでもうお腹いっぱいな気配(笑)




でも、イタリアン来てパスタ食べないわけには!!ってことで。
いただいたのはウニのクリームパスタ。
この絵面だけでも「美味そう♪」ってのは伝わると思いますが、ホントマジでこれ美味かった!
私そんなにウニ興味ないんですが、その私ですら、うめーって思ったので。
パスタが、自家製麺なのかなぁ?
手作り感のあるちぢれ麺で、モチモチ食感で、私のすごく好みのタイプの麺でした。
願わくばもうちょっとお腹のスペースに余裕のある状態で食べたかった!




腹いっぱいだって言いつつ。
デザートまで行っちゃったよ。
デザートは完全別腹人間でホント良かった(笑)
私がいただいたのはティラミス。
初めてのイタリアンのお店でティラミスがあったら必ず食べる、と自分に課しているので(なぜ??ww)、他にホントは食べたいものがあったけど、それでもあえてのティラミスです。




こちらは友達が食べた、大人のプリン。
プリンの上に、バニラビーンズたっぷりのアイスもたっぷり。




もう一人の友達が食べた、チョコレートのテリーヌ。
ティラミスがなかったら絶対こっち食べてた。
一口もらいましたが、すっごく濃厚で幸せな甘さでした。
私のようにヘンなノルマ課してる人でないなら、こちらのお店でデザートいただくならこれが正解って思います。




以上で、一人7000円くらいのお会計。
お腹あんまり空いてないって言いながらも、良く食べて良く飲んだわ!
どのお料理も美味しくてボリューミーで、素敵なイタリアンでした。
広島にあったら絶対リピするのになぁ〜。






さて。
1日目のランチ&ディナー以外はたいしたもの食べていないので、残りの旅行メシもサクッとあげときます。


まず1日目の朝食は広島空港の出発ロビーに入っているカフェでいただきました。
しばらく広島空港行ってなかったら、ロビーのカフェがなんかちょいとオシャレなお店に様変わりしていてびっくりしました。
前は普通にUCCのカフェが入ってたと思うんですが。
そして出てくるモーニング?もなんかシャレオツなこんな感じのになってました。
私が選んだのはクロックムッシュのモーニング。
料理説明には確か、このハムだかチーズだかはイタリアのものだとか書いてあったような。
うーん、シャレオツ。




それだけにシャレオツ込み価格ということなのか、800円くらい?となかなかいいお値段でしたが。
まぁでもとても美味しいクロックムッシュだったし、付け合せの丸揚げジャガイモも美味かったので、文句はない。
ショップカードを見ると、首都圏の出店が中心のチェーン店のようなのに、なぜ急に片田舎の広島空港に入る気になったのか、謎だわ。






続いては、2日目のランチ。
この日は一人行動だし、いろいろバタバタしてたので、気軽なところで済ませようと思ってました。
とはいえ、せっかくだから東京でしか食べられないもの食べたいなと思って、「久しぶりに、エメ・ヴィベールさんの大好きなパリ・ブレストでも食べるかぁ♪」と思って、わざわざ移動してまでコレド室町に入っている「カフェ エメ・ヴィベール」さんに伺ったんですが・・・。
いつのまにか業態が変わってパティスリーがなくなってるし、カフェの方でもパリ・ブレストはなくて、なんのためにここまで来たのか!?って感じでした(カフェの方ではパリ・ブレストはいつもではないけど、置いてあるときもあるのかもしれません。でも私が行ったときはなかった・・・)。
とはいえ、もう席に座ってしまったのでランチをいただくことに。
お魚がメインのちょっとしたフレンチコースをいただきました。

まずはスープ。
冷たいヴィシソワーズ。
ヴィシソワーズのお手本みたいな基本かつ古典的なヴィシソワーズでした。




メインのお魚のポワレとプチパン。
お魚は皮目パリッと焼けてて美味しかったです。




ランチコースはあと食後のドリンクがついて終了ですが、もともとパリ・ブレストが目当てで来たので、なにか甘いもの食べないと収まらないってことで。
追加で栗のタルトをいただきました。
普通に美味しかったけど、やっぱここは私にとってはパリ・ブレストを食べに来るための店だなぁと思いました。




お支払いも、ケーキを別で追加すると結局3000円くらいのお会計になって、コスパも今一つ。
広島でこの内容でこの金額だったら、閉店まっしぐらだわよ。
ここが東京で、コレドに入ってるからやってけてるんだろうなぁと思いました。
多分もう、確実にパリ・ブレストが食べれるって事前にわかってないときは訪問はないかも。


お店とは全然関係ないですが。
私がここ↑で一人ランチしてたら、隣の隣の席にえらい不釣り合いな男女が向かい合って、楽しそうにうふふアハハとお話をしていました。
女子は今どきっぽいなかなかの美人なんだけど、男はもっさりしたオタクっぽいコで、しゃべり方や話題ももさい。
それを私は「なんか釣り合っとらんカップルだなぁ」と思って観察してたんですが。
・・・・案の定、アム○ェイの勧誘だったわwww
信者女子が、モサイ男をアム○ェイの本部??に連れて行こうとあの手この手で話しかけてるだけだった。
二人でなんか冊子みたいなもの覗き込んであれやこれや話してたのも、アム○ェイのパンフレットだったよ。
まぁ、そうだよね。世の中、そういうふうに出来てるよね、となんとなく一人うんうんうなずいた出来事でした(笑)




東京旅行ネタはこれにて終了です。





スマホのタッチペンで遊ぶよ、夏目さん

September 29 [Thu], 2016, 19:32
しばらくブログをお休みしたりしていたために、夏目さんの画像もだいぶ長いことUPしていないような気がします。
夏目さん自体は、相変わらずのクソ野郎っぷりですが、普通に元気にやってます。
というわけで、本日は久しぶりに夏目さん画像でも。


私のスマホのタッチペンで遊ぶ夏目氏です。
ちょっとタッチペンを床に転がしておいたら、あっという間にクソ野郎の餌食ですよ。
ずっと寝転がったまま遊んでたので(怠惰なことこの上ない!)、同じような写真ばかりですが、一応ちょっとずつ違うので、パラパラマンガ風にお楽しみください(笑)













このタッチペン↑ですが、私は100均のを使っております。
別に最初は100均ので固定するつもりはなくて、タッチペンと言うものの使い心地が自分に合うかどうか試してみてからキチンとしたお高いのを買おうと思って、とりあえず100均のを買ってみたんですが。
使ってみると別に100均ので特に使い勝手に問題はなく私は大変快適に使えてるので、もうこのままずっと100均のを使い続けようと思ってます。
なにより!
使ってみてわかったんですが、このタッチペンと言うものを私はめっちゃ紛失する!(笑)
実は、まだ使い始めてから1か月ちょっとくらいしか経ってないと思いますが、もうすでに今使ってるのが3代目。
最初のものは↑で夏目氏が遊んでるヤツなんですが、これはキャンドゥで買ったもの。
これは東京旅行に行ったときにどうやら途中で失くした模様。
それで、広島帰ってきてからまたキャンドゥで同じのを買い直したんですが、この2代目に至っては3日後に多分ランチ食べた店に忘れてきてしまった。
そんで本日ダイソーで3代目をまた買ったところです。
キャンドゥのものよりダイソーのものの方が、引っかかりが適度にあって使いやすい気がする。
それはいいんですが、まぁとにかくこんなにしょっちゅう紛失するものに金は掛けられない!
ということで、ますますずっと100均のでいいやという気持ちが強まりましたよ。



タッチペンがらみでもう一ネタ。
10日くらい前の話なんですが。
またまた私がいつものように行きつけのサ店である(笑)「珈琲館」の本通り店で、寛ぎながらスマホをタッチペンでいじっていたところ。
急に隣に座っていた若い女子のお客さんから「あの・・・、ちょっと聞いていいですが?」と話しかけられました。
その子が私に聞きたかったのは、タッチペンの使い勝手についてでした。
なんでも今はタッチペンは使ってないんだけど、今度スマホとは別にタブレットも持とうとしていて、そうなったらタッチペンを使ってみようかと思っているとのことで・・・。
「さっきから拝見してると、タッチペンでずっと操作してらっしゃるので、タッチペンって使いやすいのかな?と聞いてみたくなって」とのこと。
私は、タッチペン使い始めたの自分も最近だけど、細かいところも操作できるし、私は指よりタッチペンの方が便利ですってことや、私が使ってるのは100均のですけど、それで全然使い勝手いいので、まずは100均の買って使ってみられるといいですよということなど、お伝えしたんですが。
なんか、話の内容はさておき、喫茶店やカフェで隣のお客さんから話しかけられる、しかも年寄りとかおばさんとかじゃなくて、20代と思われる若い女子から話しかけられるなんてなかなかないことだから、そのことに結構びっくりしてしまいました。
結局その彼女とはタッチペンのこと以外にもなんとなく少しお話しましたが、なんつーか、いまどきの若者っぽくない懐こい人だった。
途中、「こういう距離感で話しかけてくる感じ、もしかしてキャッチとかセールスとか宗教の人なのかしら?」と疑ったりもしたけど、別にそういう話も全くなく、普通に話しかけたかっただけみたい。
特にオチもなにもないなんてことない話なんですが、なんか不思議な出来事だったな。
近くの会社で働いててランチに来たって言ってたので、もしかしたらまた会うかもね。




懐こく話しかけられたってのでもう一ネタ思い出した!(連想ゲームか!?今日のブログw)
昨日呉の委託型ハンドメイドイベントにアクセサリーを納品しに行ってきたんですが、その途中に立ち寄った呉市内のコンビニでのこと。
私が自分の作ったネックレスをしていたら、レジの女の子からいきなり「そのネックレス可愛いですね!見てもいいですか!?」と結構な勢いで話しかけられました。
「ど、どうぞ・・・」と私が見せると、「もしかしてこれ手作りですか?」と聞かれたので、「はい、私が作ったものです」と答えると、「え!?お店とかで販売してるんですか?」と更に聞かれたので、「いえ、イベントなんかで販売してます」と答え、ちょうど明日から始まる呉のイベントに商品納品するために呉に来たところであることや、そのイベントの詳細などをお伝えしました。
そしたらレジの彼女は「明日お休みなので、そのイベント行ってみたいです」と言ってくれて、まぁホントに行ってくれたかどうかはわかりませんが、とにかく急に、しかも結構な勢いで話しかけられたことにびっくりしました(笑)
自分が作ったアクセサリーを着けて出歩いてると、そのアクセサリーについて聞かれることって今までもなくはなかったですが、それでもそう頻繁にあることじゃないし、しかも全く縁もゆかりもない人から特に前置きなどもなくやぶからぼうにアクセについて質問されたのは多分初めてのことだったので。



それにしても。
私日ごろ相当「話しかけるなオーラ」を出しながら生活してるつもりだったけど(笑)、最近それが緩んできてるのかなぁ??
今回みたいにキャッチや宗教でない若い可愛い女子に話しかけられるのは嬉しいからいいんだけど、タクシーの運ちゃんとかに話しかけられるのは遠慮したいので、再び「話しかけるなオーラ」を鍛え直さねば!と思わされる出来事でしたよ。






「プチァプチ」納品してきました&在庫からの納品物

September 28 [Wed], 2016, 17:57
本日は朝から大忙しでしたよ。


まず午前中は、いつもウチのアクセサリーをご贔屓にしてくださっているトールペイントのお教室へ、先生&生徒さんからのオーダー品をお届けに行ってきました。
そのついでに、最近の新作などあったら見せてとご要望をいただいていたので、今手元にある在庫品をお持ちして、ちょうど教室に習いに来ておられた生徒さんに見ていただきました。
そのうえで、在庫品からもたくさんのお買い上げをいただきました。
更に、またまたオーダーもいろいろいただきましたので、次のイベントが終わり次第、鋭意製作に取り掛かろうと思います。
ホントに、こちらのお教室では先生にも生徒さんにもご贔屓にしていただいて、ありがたい限りです。



そして午後からは、呉の委託型ハンドメイドイベント「プチ ァ プチ」に納品に行ってきました。
今回のディスプレイはこんな感じ。
今回は、あんまり時間がなくて納品点数が少な目ですが、ネックレスとピアスにアイテムを絞って、秋冬らしい色合いのものを納品させていただきました。







「プチ ァ プチ」への納品物のうち、新作は昨日のブログ記事でご紹介させていただきましたが、残りの在庫品からの納品物をここでご紹介しておきます。
在庫品からの納品は以下のようなものたちです。















「プチ ァ プチ」の開催は、明日・明後日の2日間。
呉の本通り、スーパー「ナイスムラカミ」の裏の「フラワーサロンヨコヤマ」さんにて、両日10:00〜18:00の開催です。
宜しくお願いいたします。



そして。
呉に納品に行ったついでに、久しぶりに「エーデルワイス」さんでお茶をしてきましたよ。
前回の呉納品のときには、「エーデルワイス」さんが臨時休業されていて入れなかったのです。
なので多分半年ぶりの訪問。
大好きなレモンタルトがあと残り1個だったので、ギリギリセーフでその最後の1個をいただけました。
ホントはレモンタルトをお持ち帰りもしたかったんですが・・・。残念です。
でも半年ぶりにいただくレモンタルトはやっぱり超マイウーvvv
ここんとこ予定やらやらなきゃいけないことやらがいろいろ詰まっててバタバタだったんですが、その疲れがちょっと癒されました♪




さて。
次のイベント参加は10/9(日)に広島駅南口地下広場で開催されるイベントです。
コツコツと作り溜めてきたつもりだったんですが、今回トールペイントのお教室さんで思いがけずたくさんのお買い上げをいただいて、また少し品薄になってしまったので、残り10日間一生懸命作りに作って、たくさんのアクセサリーを揃えて行けるように頑張りたいと思います。




ネックレス11点

September 27 [Tue], 2016, 12:47
9/29、9/30に呉で開催される委託型ハンドメイドイベント「プチァプチ」用に製作した新作のアクセサリーのご紹介です。
今回あんまり準備に時間が取れなかったので、新作は本日ご紹介するネックレス11点のみとなります。



































































新作は以上で、その他在庫からネックレスとピアス合わせて30数点納品する予定です。
在庫品からの納品物は、明日会場への搬入が終わってから、ディスプレイの様子と共にまた紹介させていただきますので。






東京旅行1日目ランチ−「L'orgueil(オルグイユ)」さん−

September 26 [Mon], 2016, 19:07
本日からまたブログ再開します。
と言っても、なんかまだまだバタバタしっぱなしではあるんですが・・・。
とりあえず、期限有のオーダーは全部作り終わったし、今週呉で開催される委託型イベント「プチァプチ」さんへの納品物の準備も半分以上は終わったので、ちょっと一息つけるかなと言ったところです。


さて。
もう1週間以上前のことになってしまいましたが、先々週の週末に東京に1泊2日で旅行してきたとき食べたご飯のお店の紹介です。
東京に行ったときは、絶対1〜2回は愛してやまないフレンチやイタリアンをいただくことにしているんですが、今回は2日目がゆっくりご飯を食べていられる状況じゃないスケジュールだったので、1日目のランチ&ディナーに無理やりフレンチとイタリアン両方ブッコみました。
というわけで1日目のランチは、東京のお友達と落ち合って二人でフレンチのお店に行きましたよ。
ここ1年全然東京行ってなかったし、今回の旅行も思い立って急に行くことに決めたので、特に「ここに行きたい!」というお店の候補はありませんでした。
なので、毎度お世話になっておりますが、食べログの情報のみを頼りにあとは勘だけでお店選定です。
そうして選定したのが、青山の外苑前駅から徒歩10分ぐらいのところにある「L'orgueil(オルグイユ)」さんです。


こちらのお店、マンション?の2Fの一室にひっそりとあるお店で、看板もなにも出ていないというわかりにくさ。
食べログ情報でわかりにくいと書いてあったので、電話予約のときに目印を聞くと、1Fにエステサロンが入っているのでそれを目印に来てくださいとのことでした。
これ聞いてなかったら、ふわーっと通り過ぎちゃうくらいホントにわかりにくいお店でした。
しかも、2Fに上がって「ここかなぁ?」と思われるドアの前まで来ても、看板どころかお店やってる雰囲気すら一切感じられない、単なるマンションの一室のドア!みたいな感じだったので、「もし違ってたらごめんなさ〜い」ってな感じで勇気を出して押し開けましたよ。


すると、中はこんな感じのテーブル席が3つしかない、超こじんまりしたお店でした。
写真撮ってませんが、この席の向かい側の少し離れたところにオープンスタイルのキッチンがあり、お客さんからはなんとなーく調理の様子が伺えるかな、といった造りでした。
(※HPに「写真撮影はご遠慮いただいています」という一文がありますが、食べログ情報だと「写真撮っていいですか?」と伺ったらOKだったとあったので、私たちも撮影の許可をきちんといただいた上で撮影しています)




こちらのお店はランチもディナーもシェフにお任せのコース1種類のみというスタイル。
もちろんアレルギーや苦手なものは予約の際に聞いていただけます。
ランチのコースのお値段は6800円(税抜)だったかな。



お食事の前にまずはドリンク決めです。
こちらのお店は、シェフがシャンパーニュ地方で修業された方とのことで、お料理もシャンパーニュとの相性を第一に考えられたものになっています。
なので、グラスワインはシャンパーニュ地方の発泡ワインシャンパンが中心です。
でも中には発泡ではないシャンパーニュ地方のワインもラインナップされています。
このように、その日ラインナップされているワインを全部持ってきてくださり、テーブルで1つ1つ丁寧に説明してくださいます。




私は発泡してる飲み物は全般的に好きじゃないので、普段はほとんどシャンパンを始めとした泡系ワインはいただかないんですが、ここでは郷に入っては・・・ということで、最初の1杯はロゼのシャンパンをいただくことにしましたよ。





そしてお食事の始まり。
・・・んが!
この日は、一緒に行ってくれた東京のお友達との1年ぶりの再会に浮かれていて、友達とのおしゃべりに夢中だったこともあり、料理説明を記憶する気で聞けてなかったのでほとんど内容を覚えてません!
というわけで、すっごくうっすい説明文になると思いますが、料理については写真で感じてください(笑)


まずはアミューズ。
直径5〜6cmくらいのお煎餅のような、そば粉のタルト・フランベ。
上にアワビの身が乗ってて、肝のソースが掛かっていたと思います。
手で直接掴んでお口に運びます。
シャンパーニュに合うし、コースの始まりとしてはいい感じの一品でした。
普段アワビやアワビの肝にはあんまり興味ないどころか、どっちかというと苦手な方の私ですが、これは全然えぐみみたいなのがなくて美味しくいただきました。





パンは、細めのバゲット。もちろんあたためてあります。
外はバリッとしていて、中はふっくら食感。
小さ目サイズで、パッと見フツーな感じのバゲットでしたが、美味し!
お代わりも景気よく持ってきてくれます。
友達は3〜4個食べてましたが、私は夜ご飯に備えて我慢してなんとか2個に押さえました。
ちなみにパンが乗っているお皿は、紙製でそれにうるし塗りを施したものでした。




続いて前菜その1
カツオを軽く燻製したもの?にビーツを合わせてあって、ソースはブルーチーズだったかなぁ。
カツオのたたきのフレンチ解釈って感じの前菜でした。
とっても美味しかったけど、少し火を通してあるのかカツオがほんのり温かいんですよね。
なんとなく見た目から、カツオのたたきやカルパッチョのイメージで口に入れると温かいのが少し違和感あったかも。
でも美味しかったは美味しかったです。





前菜その2
賀茂ナスに焼きアナゴを合わせた一皿。
半生加減に炙ったアナゴの下に、グリルした賀茂ナスが隠れています。更に手前には生の賀茂ナスの角切りも添えられていて、違う食感のナスが楽しめます。
上に乗っているのは生ハム(?)的なものにほんのり火を通したものと銀杏。
私はこの日このお皿が一番好きでした。
アナゴの日の通し具合が絶妙!
しかもアナゴが肉厚でふっくらしてる。
最初見たときハモかと思ったほど。
ソースはビネガーを利かせた酸味のあるソースで、ちょっと面白いアクセント。
うーん、美味かったなぁv





お魚のメイン。
なんのお魚か忘れました。
大分から来たお魚ということしか覚えてない・・・。
なんだか結構弾力のあるしっかりした歯ごたえのお魚だったかと。




この辺りで、次のワインに。
次は発泡してないシャンパーニュ地方の赤をいただきました。




お肉のメイン。
これまた忘れたけど、どこかのブランド豚(京都だったかな〜?)のグリエ。
豚肉なんてありふれた食材ですが、このお肉すごく美味しかった。
めっちゃジューシーで、脂も美味い!って感じで。
席から調理の様子が少し見えたんですが、塊肉をグリルして、周りを落として、中心部分だけを提供してるっぽかったです。すごく贅沢。
だからこそのこの美味しさなのかなぁって思いました。
ワインにも合ってました。




最後はデザート。
フォンダン・フロマージュ。
つまりフォンダン・ショコラのチーズ版。
それだけでも美味しそーvって感じなのに、更に中には酸っぱいレモンクリームが詰まってました。
私も友達もレモン味が大好きなので、嬉しいサプライズ。
友達と「美味しいねぇ、美味ししいねぇ」と言い合いながらいただきました。





このあと、写真撮ってませんが珈琲or紅茶がこちらの小菓子と共に提供されて、コース終了です。





以上で、お酒や消費税も合わせると一人10800円のお会計。
質的にも量的にも大満足のコースでした。
どのお皿も「ん?」ってことがほとんどなくて、全部美味しかったです。
今年の2月にオープンしたばかりの比較的新しいお店のためか、フロアのサービス担当の方が少しぎこちない感じでしたが、一生懸命やってくださってる感じは伝わったので、居心地も良かったです。
友達も気に入ってくれたし、1年ぶりの友達との邂逅にとてもいい時間を提供していただけました。


ショップカードがないので、お店のサイトにリンクしておきます。

 オルグイユさんのHP → http://orgueil.net/



P R
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



ビーズアクセサリー ブログランキングへ