TV台の下で寝ているよ、夏目さん&無印のラタンカゴ

August 23 [Tue], 2016, 18:05
1日おきに夏目さん写真をUPしている今日この頃・・・。
まぁつまり、ブログの文章書くのがめんどくさい日々が続いているってことです(笑)


というわけで、本日も夏目さん画像です。
ウチのリビングには、TVを置くための棚をリノベ工事のときに造り付けてもらいました。
これだけが唯一の造り付けといえば造り付けの家具です。
リノベ前にこの家に内覧に来たときに、前の住人の方が台所に置いて行っていた、多分作業代替わりに使っていたと思われる割合厚めの1枚板があって、捨てるのももったいないねということで、それを再利用して作ってもらったものです。
フロート感が欲しいと私がわがままを言ったため、TVを支えるくらいの耐荷重性を持ちつつ、下に脚などが一切ない壁付けの造りにするためにかなり建築士さんには苦労をお掛けしました。
そのおかげで、完全壁付けの下に支えの脚などが一切ない二段の棚がこうして出来上がりました。
リビングの床の色に合わせて、この棚もウォールナット色に塗装してもらいました。
そのTV台代わりの棚の下に、ちょくちょく夏目さんが潜り込んで寝ていることがありますよ。
閉塞感が猫には心地いいんでしょう。
こんな感じでよくここに長々となって転がってます。





あ、写真を撮っているのに気が付いたようです。




別に夏目さんに一切用事はありませんので、こっち見なくて結構です。




この↑棚に置いているラタンカゴは、無印良品のものです。
ありとあらゆる収納本でオススメ商品として紹介されているものだから、どこの店舗でも軒並み品切れ気味で、特にウチの棚にぴったりのこのサイズはずっと品切れが続いていたため、結局予約発注掛けたものです。
5月に発注して、7月の初めにようやく受け取れた次第ですよ。




2つ買ったので、当初はこのように並べてリビングの雑多なものの収納に使おうと思ってたんですが、洗面所の収納に1個回してしまったので、今は↑のように1つだけになってます。
そのうちまた買い足そうかなと思ってます。
あと、そのラタンボックスの隣のウォールナット色の小引出しはニトリのものです。
同じシリーズでいろいろと収納用品があるんですが、このシリーズはニトリのものにしては珍しくそんなに安っぽい感じがしないので、1つ導入してみました。
棚やリビングのフローリングの色とも合っているので気に入ってます。





「MILLE (ミル)」さんでランチ

August 22 [Mon], 2016, 17:34
先週のこと。
お友達のIさんとランチいたしました。
前回お会いしたときフレンチランチにしようと思っていたのに、予約のタイミングなどが悪くて結局フレンチがいただけなかったので、今回こそは!と意気込んでのリベンジフレンチランチです。


そんなリベンジランチのお店に選んだのは、ずっと前から行きたいなぁと思いつつ、場所が微妙なためになかなか行けずにいたフレンチのお店「MILLE (ミル)」さんです。
広島版のミシュランで星1つをもらわれたお店です。
以前は緑井にお店があり、そのときから気になっていたものの行く機会がなく、移転されたと思ったら今度は白島という、これまたちょっとだけ街中から外れた微妙な立地だったため、機会がなかったんですよね〜。
そんなわけでやっと念願かなっての訪問です。


お店の外観はこんな感じで、古民家を改装したようなお店です。
こちら、以前はフレンチレストランの「ラシャンブル」さんが入ってらした場所で、「ラシャンブル」さんだったとき一度来たことがあったので迷わず辿り着けました。




中はちょっとしたお庭があり、そのお庭と廊下を挟んで席がしつらえられています。
テーブル席が4つと、あとはカウンター席が4席ほどとこじんまりした造りでした。
廊下に下げてあった照明が好みだったので写真撮ってみました。




ランチのコースは3種類ありましたが、予約の時点で3800円のコースをお願いしておきました。
こちらのコースは、前菜2皿、スープ、魚のメイン、肉のメイン、パン、デザート、食後のドリンクというコースで、十分な内容です。


ドリンクは、私はこの日はワイン飲む気満々で頑張ってバスとアストラムを乗り継いで行っていたので、もちろんグラスワインをいただきましたよ。
白でシャルドネ種のワインです。




Iさんはアルコールがダメなので、赤ブドウジュースを。
このジュース、ちょっといただきましたが、ぶどうの味が濃厚で美味しかったです。




最初にパンが来ました。
パンはちょっと小ぶりのノーマルなバゲットでした。
あっためてあり、バターが添えられています。
バターナイフの意匠が凝ってて素敵でした。
パンは後程お代わりもいただけました。




一皿目の前菜。
三原のタコを使った夏野菜のラタトゥイユとグリーンサラダでした。
ラタトゥイユは上に乗っている温泉卵をくずして絡めながらいただきます。
白のワインに合うサッパリした感じの味付けで、美味しかったです。




二皿目の前菜。
こちらはハモのローストでした。
一番下に枝豆入りの焼きリゾットが敷いてあり、その上にハモ、その上にふんわり掛かっているピンク色の泡は、赤しそとベリーのエキスを泡状にしたものです。
このソース代わりの泡状のものに酸味があり、さっぱりといただける趣向。
この前菜、とても凝っていて美味しかったです。
見た目も美しくて、目に楽しい♪




続いてスープは、ビシソワーズ。
このスープはちょっと味が優しすぎだったかな。
もうほんの少し塩がきいてる方が好み。




この辺りで私はワインを赤にしました。
メルロー種の赤のグラスワインをいただきました。


お魚のメイン。
見た目ではこのお皿がこの日一番インパクトがありました。
瀬戸内産の天然鯛のポワレ。
ソースはにんじんのソースでした。
黒のお皿にソースの黄色が映えてます。
お味の方も、火入れ具合抜群で皮目がパリッと焼けていて中はふわっとしていて、ソースと合わせていただくとホントに美味しかったです。




お肉のメイン。
お肉は、コース料金内のものが1種類の他、+1000円で他に3種類の選択肢がありました。
私はプラス料金して、フランス産の鴨のコンフィにしました。
ソースは粒マスタードのソース。
この鴨は結構塩がきいていてしっかりしたお味で、ワインがすすみました。
ただ、コンフィということで勝手にもっと皮目パリッと&油が感じられるものを想像していたんですが、油っこさという点では割とあっさりだったので、想像とはちょっと違ったかな。
他の選択肢に羊があったので、そっちにすれば良かったかも〜。




こちらはIさんが食べられた牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。
フレンチの定番ですね。
一口おすそ分けいただきましたが、お肉ほろほろになるまでやわらかく煮込まれていて、美味しかったです。




デザートはパフェでした。
この日のパフェはバナナを使ったものだったんですが(向かって左です)、予約時点で私がバナナが苦手なことを伝えておいたので、私の分はいろいろな葡萄にココナッツのソースを掛けたものに変更してくださいました(それが向かって右)。
上に乗っているアイスはどちらも塩バニラ(塩キャラメルだったかも??)のアイスです。
このパフェがまた繊細なお味で美味しかった〜v




最後に食後のドリンクで〆です。
向かって左が私がいただいたアールグレイティー、右がIさんが飲まれたエスプレッソ。




私はメインをプラス料金のものにしたのと、ワインを2杯いただいたので、最終的に7000円ちょっとのお会計になりました。
でも味もいいし、店内の雰囲気も素敵だし、大満足のランチでした。
お連れしたIさんも気に入ってくださったようで、秋or冬になったらまた行きたいですね〜と言ってくださいました。
ぜひ私もまた行きたいです!

ただ、一つちょっと疑問だなぁと思ったのは。
予約の電話のときホントは12時からがよくて最初そのようにお願いしたんですが、12時からは無理で、11:30〜の席なら空いてますと言われました。更に13:30までのお席になります、とも言われました。
満席でその時間帯しか空いてないのかな? フレンチで13:30から2回転目のお客さんを入れるって珍しいなと思いつつもOKしたんですが、当日行ってみるとお席は他にも空いていたし、他のお客さんも一斉にみんな11:30〜お店に入られてました。
つまり、全員のお客さんに11:30〜しか空いてませんって言われてるのかなって感じ。
この日だけたまたまそういうふうにしたかったというだけかもしれませんが・・・。
ランチ営業を11:30〜13:30の間だけに限定して効率よく営業して、早めにランチは切り上げてしまいたい、という意図なのかなぁと勘ぐってしまいたくなります。
まぁ、ランチをこのコスパで維持していくための策ということなら理解できなくもないですが・・・。
それならそれで最初からウチは11:30〜13:30までの営業になってます、と説明してくださった方が気持ちいいんだけどなぁと、ちょっともやっとした話でした。
次回の予約のときどんな感じの対応か、もう一度確認してみたいと思ってます。






ソファーの横でゴロゴロするよ、夏目さん

August 21 [Sun], 2016, 18:26

今日は、昼前からさっきまでずっと外出していてちょっと疲れたので、夏目さん写真で簡単更新で終わろうと思います。




少し前に、2階の寝室に置く用の1人掛けのソファーを買ったという記事を書きましたが。
リビング用のソファーもまだ買ってない状態なので、そのソファーは今はとりあえずリビングに入れて使ってます(リビング用のソファーは、来月東京に行くので、そのときいくつかショールーム巡って検討して来ようかと思ってます)。


そのリビングに置いたソファーの横に観葉植物のモンステラくんを置いているんですが、夏目さんはこのモンステラくんの葉っぱの下に潜り込んで寝ていることも多いです。
この位置だとクーラーの風が直接当たらないのもいいのかもしれませんね。





私がソファーに座ってるとこんな感じで寝ている夏目さんと目が合います。





ついでに、特になんということもないけど、単にリビングのラグで寝ている夏目氏も。











ここ最近のランチあれこれ

August 20 [Sat], 2016, 18:13
ここ最近(といっても、先月のも入ってるけど)外でいただいたランチで、独立記事にするほどでもないものをまとめて羅列します。


まずは。
こちらは、先月末にお友達のIさんとお会いした時のランチ。
この日はホントは十日市のフレンチのお店に行きたいと思ってたんですが、そのお店が閉店していたり、他のお店もタイミングが悪くて予約取れなかったりしたので、結局袋町の広テレ近くの洋食屋さん「KOHARU亭」さんに再訪。

 前回の紹介記事 → http://yaplog.jp/nakka-nakka/archive/1841


今回私は初心に帰って(?)、ハンバーグのランチをいただきました。
980円だったかな。
スプーンですくっていただくくらい、トロトロふわふわ食感なハンバーグ。
軟骨も一緒にミンチにしてあるのか、ときおりコリコリとした食感もあり。
安定の美味しさ。
KOHARU亭さん、今はいろいろとメニューの種類が増えてますが、やっぱり開店当時からの定番ランチメニューだったハンバーグが一番安心して食べられるかなと思いました。





こちらはIさんが注文されたメンチカツランチ。
すごいボリューム。
メンチのタネはハンバーグと全く同じもののようでした。





続いては、袋町小学校の向かいのビルの半地下1Fにあるお蕎麦屋さん「荒井屋」さん。
前から気にはなってましたが、チェーン店ぽい構えなので(そして多分チェーン店で合ってると思う)、せっかくお蕎麦を食べるなら専門店に行くわ、とスルーしておりました。
この日は暑くて、冷たい系のものが食べたかったので、こちらのお店の海鮮丼定食に目が留まり、入店しました。




海鮮丼定食は、お店の方に確認すると酢飯ではなく白米仕様とのことで、安心して注文しました。
私は酢飯が苦手なので、海鮮丼も普通の白米仕様がいいのです。
お味は普通に美味しい、という感じでしたが、ネタも5種類乗っていてなかなか豪華だし、味噌汁・サラダもついてるとこがいいです。
これで900円だったかな。



見れば、お蕎麦以外にもいろいろとメニューはある模様。
天丼とかも今度食べてみたい。
蕎麦とのセットで、プラスアルファでいろいろいただけるのもありがたいです。




もちろんお蕎麦のメニューも充実。
今度はお蕎麦をちゃんと食べてみることにしましょう。
おろしぶっかけとかいいね。




店内も明るくて清潔で入りやすいし、なにより店員さんが感じが良かったのがポイント高かったです。
今後もサクッとランチ食べたい時に使うお店にしようと思いました。




続いては、シャレオの中のアフタヌーンティールームで久しぶりにランチ。
ここのアフタヌーンティールーム、働いてるときはひどいときは週イチくらいで夜ご飯食べて帰ってたけど、仕事辞めたらとんとご無沙汰。
アフタヌーンティールームでご飯系というと、私はいつも大抵小エビのグリーンクリームパスタって決めてるんですが、たまにはシーズンメニュー食べてみようかと、この日は期間限定のグリーンサラダと大葉のジェノベーゼパスタにしてみました。
大葉のジェノベーゼってことだったけど、あんまり大葉は感じなかったかなぁ。
定番の小エビのグリーンクリームパスタの方が私にはやっぱり合ってる。




続いては、ワンコインでボリューミーかつ美味しい中華定食がいただけるので、ときどき行ってる胡町の「膳坊」さんにまたまた行ってきました。
今回は、チンジャオロースーがメインの定食にしました。
これもワンコイン500円。
お肉少な目、野菜割増っぽいチンジャオロースーでしたが、むしろ私にとってはその方がありがたい。
今回ご飯半分で、と言い忘れたのでたっぷり盛りできましたが、完食してしまいました。





続いては、紙屋町にもオープンした、おにぎりのお店「仁多屋」さんにまたまた行ってきました。
今回も週替わりランチをいただきました。
この週のメインはサンマの梅煮でした。
相変わらず、アルバイトっぽい店員さんはちょっとトンチンカンな感じのコが多いですが(隣のお客さんに週替わりランチの内容を説明するのに、私のテーブルに置かれているメニューを置いたまま指し示しながら、あーだこーだと説明したりw こっちはご飯食べてる途中なんですが・・・。そういうときはメニューを隣のテーブルに置き直してから説明してください)、おにぎりは美味しいし、ランチはバランスとれた内容になっているので、そこには目を瞑ることに(笑)
多分、街中ランチでご飯ものが食べたくなった時はまた行くでしょう。





最後はランチじゃないけど。
アルパークに行ったとき、天満屋側のパパスカフェでお茶しました。
洋服屋さんのパパスの奥に喫茶ルームが併設されている格好のお店で、奥のお店が見えないのでどんな雰囲気なんだろうとずっと気になってました。
中はコロニアルを意識した感じの内装で落ち着ける感じ(ただし夏休みのせいでか、子供が奇声上げてたり、店内うろちょろしてたりで、物理的には全然落ち着けませんでしたが(笑) まぁそれは親の問題なので店に罪はない)。
レモンのシフォンケーキとアイスティーをいただきました。
お味は普通に美味しかったけど、なにせお高い。
このセットで1000円を優に超えるお会計。
コスパ的に今一つなので、今後の利用はないかも・・・。





爪が刺さってるよ・パート2だよ、夏目さん

August 19 [Fri], 2016, 15:00
本日は、お友達と美味しい(はず!)ランチを食べに行ってきます。
帰ってきてからPC開ける気力があるかどうかわからないので、夏目氏写真でも予約投稿で置いておきます。



少し前に、リビングでゴロゴロしていて、敷いてあるラグに爪がぐっさり刺さってますがな、夏目さん、という記事をアップしましたが。

 この記事です → http://yaplog.jp/nakka-nakka/archive/1947


そのパート2。
というか、爪が刺さったせいでちょっとした惨事(・・・ってほどでもないし、本人はいたって気にしてませんでしたが)が起きてました。
爪がラグに刺さったまんま寝返りを打ったせいで、こんな残念な感じに・・・(笑)





ラグに爪がしっかり食いこんでいるのがよくわかると思います。




引きで見るとこんな感じ。
爪が抜けなかったせいで、ラグを巻き込んで自分が簀巻きにされちゃってます。
バカww





そしてまた別のとき。
リビングのローテーブル代わりにいまだに使っている(笑)引越しダンボールに、なぜか頭をぎゅむっとぶつけた格好で熟睡する夏目氏。





ご覧のとおり、他にいくらでも広いスペースがあるのに、なんでこの格好で寝なきゃなんないのか、マジで謎。




P R
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ナッカ
» 最近のウチのガーデン (2016年08月23日)
アイコン画像KONOHA
» 最近のウチのガーデン (2016年08月23日)
アイコン画像ナッカ
» 買ったもの紹介−洗面所の棚−A (2016年08月20日)
アイコン画像晴れ
» 買ったもの紹介−洗面所の棚−A (2016年08月20日)
アイコン画像ナッカ
» 最近のウチのガーデン (2016年08月19日)



ビーズアクセサリー ブログランキングへ