中原昌也お誕生会
2009.06.09 [Tue] 23:55


随分ご無沙汰してしまいました。

ちょっと遅くなったけど、
これは先日6/4、スーパーデラックスにおける中原昌也お誕生会での中原さんです。
背後でドラムスを担当しているのは、ジム・オルークさん。
いきなし電気が落ちたりして、相変わらずのハプニングぶりもやっぱり面白く、
どこか凛々しい中原さんと話せて良かった。

この後、3つ目のバンドにトマトジュースをぶっかけられたので、
私は早々と退散してしまいましたが、
中原さんお手製のCD-Rをゲットできたし、楽しい一夜でした。

こんな日もあるよね。

ちょっと前の話になるけど、
プロモーションのためだけにカンヌ国際映画祭にまで行って、
すれ違いばかりですごくつらい想いなんかしちゃった割に、
今こうしてのんびりぼんやり東京ライフをエンジョイしている自分が信じられなかったりする。
突然、襲って来る、変な気分なんかもあるにはあるけれどね。

・・・なんて、遠回し&曖昧な話にしちゃってます。
また、ちゃんと話せる日まで。
 

花冷え
2009.03.29 [Sun] 20:13


花冷えの土曜の午後一に東京ミッドタウンにて、
菊地成孔&南博の野外ミニライブを鑑賞し、
発売ホヤホヤのCD『花と水』にサインまでしていただいて、
乙女のように頬染めし昼下がりなのでありました。それにしても寒い!

菊地さん曰く、「インチキジャポネスク」な室内楽をお部屋にどうぞ。
ちなみにジャケットの色合いは、私の春物コート&パシュミナとたまたま同じだったりして。

菊地さんに妙なシンパシーを感じるとか、
そのうち映画のことでちょっとしたヤボな連絡をする予定だとか、
…そんな莫迦なアレコレは到底言えるような状況ではありませんでしたことよ。

自分というのは、どうしようもないほど肝心な時に恥ずかしがりやだったりするのです。

日曜の今日は今日でアロマティークにて香の物をアレコレお買い物しました。
中でも、『K』というネーミングの中身が秘密のブレンドオイルを選んだのですが、
何と言うか、甘美かつエロティックな雰囲気とでも喩えられましょうか、
そんな私にとって魅惑的な香りでした。

明日まで、東京ミッドタウンのガレリア2Fのアロマティークにて、
レアでお得なセールを展開しているみたいです。
よかったら覗いてみてくださいな。
不安定になりがちな春の心身をやさしく包んでくれるアロマが待っています。
 

未来の食卓
2009.03.15 [Sun] 16:23


今日、フランス映画祭で、ジャン=ポール・ジョー監督/UPLINK配給作品、
『未来の食卓』を観て来ました。
フランスのバルジャック村の村長が全学校給食をオーガニックにするという、
思い切った挑戦を描いたドキュメンタリー。

私自身、オーガニック&ワイルドの精油を扱い、自然栽培の農家から野菜を調達し、
なるべく努力したいと思いながらも、現代生活の忙しさやシステムに時として押し流されたりもして…
それでもやっぱり心新たに決意できるよう背中を押してくれる作品です。

今の世の中の食生活は本当に恐ろしいのに、皆、見ない振りをしているんだと思う。
最近の不況がますますその傾向を強めそうで心配していました。
経済状況が切迫すると、皆どうしても1円でも安い方へ流れてしまうのです。

この映画を少しでも多くの人が観て、ほんのちょっと自覚するだけでも違うはず。
まずは小さな一歩の積み重ねが世界を変えると信じて…

それにしてもフランスの映画監督ってどうしてあんなにお洒落に見えるのでしょうか。

初夏、シネスイッチ銀座にて公開予定。
 

石たちとの逢瀬
2009.03.05 [Thu] 22:06


ある早春の日の午後、
美しい石たちと逢瀬の時を果たしました。

私の愛で宇宙をやさしく満たせるような錯覚さえ抱かせるような、
そんな石たち。
脆そうで儚そうで、それゆえに強い存在なのだと…
教えてくれたのでした。

もう3月なのですね。
映画の仕上げやらインタビューやら現在過去未来の仕事で慌ただしい日々なのに、
私の中では確実に新しい愛が育っているのだと悟りました。

<最近、観た映画>
『彼女の名はサビーヌ』
『ベンジャミン・バトン』
『鉄西区』
『慰めの報酬』
『チェ 39才別れの手紙』
『あるマラソンランナーの記録』
 

春めく日々
2009.02.15 [Sun] 11:14


まだ2月なのに、随分と春めいてるこの頃ですね。
ベランダのヒヤシンスと福寿草も花開いています。

さっきまどろんでいたら、
お豆腐屋さんのラッパの音が遠くからプープー聞こえて来て、
ああ欲しいな〜と思っているうちに通り過ぎてしまいました。
もっとゆっくりしぶとく何度も来てほしいな〜と強く思いましたよ!
朝寝坊さんやマンションの高層階の人は出遅れちゃうから…
というか、20年近く前、私が原宿近辺に住んでいた頃、
よくお豆腐屋さんが回って来てくれていて、懐かしかったのかもしれない。
あれから再び聞いたわけだから、20年ぶりということかな?

でも、実は、先日なぜかお豆腐屋さんのラッパの音をふと思い出して、
勝手に懐かしんでいたところだったのでした。

こういうことがすごく多い。多すぎる…
サイキックな日々でもあります。
 

インド現代美術
2009.01.31 [Sat] 00:18


今、森美術館で開催されている「チャローインディア」に行って来ました。
インド現代美術ということで・・・

特に印象に残ったのは、
ユニセル事業体という架空の団体での表現活動。
たとえば上流階級の邸宅に嘘の立ち退き命令を発行したりして、
下層階級の直面している苦難を同様に体験させることで、
問題意識を喚起していくという試みとか・・・

・・・過激ですね。
 

撮影の日々
2009.01.28 [Wed] 00:08


昨夜は東高円寺のU.F.O.CLUBで人類SOSのライブ撮影。
人類SOSとは、中田太郎率いる神戸のガレージパンクバンドなのです。
一応、四万十川友美プレゼンツ「新しいフォークの探求と追悼」という企画の中で、
どう考えても人類SOSは異質かつ強烈な存在感を放っていたのでした。

ゲストは友川カズキだったのですが、その迫力に完全にノックアウトされ…

フォークとかパンクとか、凄い音楽にジャンルは関係ないのかもしれない…と、そう思う。